LEVI'S 501"66"MODEL

20170809f1.jpg

20170809f2.jpg


本日は「LEVI'Sの501"66"前期」をご紹介いたします。


皆さんご存知の通り、リーバイスといえばアメリカ合衆国を拠点とするアパレルメーカーであり、ジーンズブランド。
1853年、カリフォルニア州サンフランシスコ創業。そんな歴史あるリーバイスから501"66"前期が入荷しましたので、ご紹介させて頂きます。


20170809f3.jpg

20170809f4.jpg

20170809f5.jpg


ボタンフライを示す501という品番。今回ご紹介させて頂くこちらはビンテージならではの綺麗にたて落ちした雰囲気と夏のシーズンにマッチした薄いブルーデニムが堪らない。本来、ここまで全体的に色薄く、しかも状態が良いことを考えると、当時の所有者によっていかに大事に履かれていたかが分かるそんな一本。


もちろんビンテージといえば希少価値の高い年代物ですので、色の濃淡で取り引きされる金額は全く違ってきますが、こういった所謂“雰囲気重視”もビンテージならではの醍醐味。


20170809f6.jpg


リーバイ・ストラウスの刻印が入るトップボタン。


20170612y8.jpg


トップボタン裏は6。


20170809f7.jpg

20170809f8.jpg


紙パッチはかろうじて残っていますが、それもまたビンテージならではの雰囲気。画像では分かりにくいですが、W31 L32表記と記載されています。


20170809f10.jpg


赤タブはスモール"e"


20170809f9.jpg


バックポケット裏はシングルステッチといったディティール。


今のシーズンにマッチした非常に綺麗な雰囲気ある一本。色の濃いものよりも、薄い雰囲気重視な方にはオススメの一本。
ビンテージデニムは年代や色の濃さ、サイズ&コンディションで値段は決まりますが、値段的にもこの"66"前期はオススメしやすい一本ですので、探されてた方やビンテージデニムに挑戦したい方など一度お試し下さいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Recommend For WOMENS

本日は前回に引き続き、おススメアイテムのご紹介です。
秋物の立ち上がりが始まる中、まだまだ暑い日が続きます。秋にも使い回せるこだわりの5選をご紹介いたします。




Ⅰ.VIVETTA
10_20170807175433e59.jpg 9_20170807175432ce8.jpg


今、注目のVIVETTAが早くも入荷。フリルで縁取られた丸みのあるシルエットが可愛らしい。秋は羽織やポンチョなんかと合わせて、赤いネイルの襟を覗かせるのが◎


14_2017080717545939b.jpg

13_20170807175458901.jpg




Ⅱ.MOSCHINO
7_20170807175428c19.jpg 8_2017080717543017c.jpg


MOSCHINOからもインパクト大のユーモアあふれる逸品。まつ毛も1本1本の毛並みがあり、ディテールにこだわりの詰まった何とも愛着の湧いてしまうシャツ。こちらもテーラードジャケットなどメンズライクなスタイルに可愛らしさをプラスして。


12_2017080717545661e.jpg




Ⅲ.HELMUT LANG
6_20170807175427104.jpg 5_201708071754088b3.jpg


重ね着スタイルが楽しみなロングベスト。コットン地なので、夏はスリーブレスで、秋冬もタートルニットなどと相性が良さそう◎
ベルトはコートのようにバックで結ぶこともできるので、シルエットのアレンジも自由自在。


15[

15_201708071755015e1.jpg 




Ⅳ.DRIS VAN NOTEN
2_201708071754110a3.jpg 1_201708071754108ee.jpg


ビッグシルエットのフリルデザインTシャツ。後染めによってできるフリルに残る色ムラが立体感を演出。落ち着きのあるカーキ色とざっくりとしたシルエットは残暑も快適に過ごせそう。


11_20170807175455366.jpg




Ⅴ.VINTAGE
4_2017080717541496b.jpg 3_20170807175413cd4.jpg


タッセルが所々にポイントであしらわれたVINTAGEならではの重厚感あるワンピース。袖には刺繍と小さなビジューが付いており、クオリティの高い一着。前は完全に開けることもでき、ガウンとしても使用できます。


17_20170807175521c08.jpg

16_20170807175520be8.jpg




秋にかけての商品もたくさん取り揃えております。
どうぞご来店くださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Men's Designer's Bottoms

本日は、秋まで重宝するおススメのボトムスをご紹介いたします。
ドメスティックブランドからニューヨーク、ミラノのコレクションブランドまで幅広く取り揃えました。
どうぞご覧ください。




20170805t6.jpg 20170805t5.jpg


Ⅰ. JUNYA WATANABE
フレンチワークを彷彿とさせるストライプパンツを、ステッチや配色、シルエットに変化を付けて仕上げた一本。パッチポケットや裾口の折り返し等のディティールもデザインポイントに。サイドには針刺し風のアジャスターが付いており、ハイウエストでタックインスタイルを楽しむのもおススメです。キレイ目にもカジュアルにも合わせられ、スタイリングの幅が広がる一着です。


20170805y15.jpg

20170805y7.jpg




20170805t9.jpg 20170805t10.jpg


Ⅱ. MARNI
光沢感が美しいキュプラ100%のテーパードパンツ。高級裏地として有名なキュプラですが、光沢と強度を上げるため織り目を改良した上で、あえて表地として使用しています。ポリエステルよりも肌触り良く静電気などが発生しにくい上に、涼しく着られるのは夏場にも嬉しい。涼しい素材ですが、こちらは「WINTER EDITION」からの一着となっており、トレンドとなりつつある「シーズンレス」を体現できるモードなアイテムです。あえて秋冬のコーディネートに取り入れてみては。


20170805y8.jpg

20170805y10.jpg

20170805y11.jpg




20170805t7.jpg 20170805t8.jpg


Ⅲ. ROBERT GELLER
「ロバート・ゲラー」はニューヨークのコレクションブランドですが、デザイナーはドイツ人。アイテムにもニューヨークらしい洗練された空気と、ドイツらしい精密で堅牢なモノづくりへの精神が反映されています。こちらはクロップト丈のタックパンツですが、パターンワークにこだわりが光ります。腰周りはゆとりを十分に取りながらも裾に向かってややシェイプするワイドテーパードシルエット。無骨な中に品を感じます。シンプルなデザインながら、丈感や素材のバランスだけで人と差の付く優れたパンツです。ブーツとの相性も◎。


20170805y13.jpg

20170805y12.jpg




20170805t2.jpg 20170805t1.jpg


Ⅳ. EMPORIO ARMANI
「エンポリオ・アルマーニ」より、ストライプリネンパンツ。マリンパンツ風の前開きがさり気ないデザインポイントに。股上も深すぎずキレイ目に履いて頂けるワイドシルエット。夏場は裾をロールアップ&スニーカーを合わせてアクティブに、秋口にはプレーンシャツ&革靴を合わせてシックにお使いいただくのもおススメです。


20170805y1.jpg

20170805y3.jpg




20170805t4.jpg 20170805t3.jpg


Ⅴ. VINCE
ダメージ&ユーズド加工が美しい、「ヴィンス」には珍しいワイドシルエットのデニム。全体的なウォッシュのかけ方やヒゲの出し方、ポケット口や裾のダメージ具合など絶妙に上品さを残したバランスは流石。丈感も八分丈くらいで合わせる靴を選びません。トレンドである「ストリートテイスト」を見事にキレイ目スタイルに落とし込んだ見本のような一本です。


20170805y4.jpg

20170805y5.jpg

20170805y6.jpg




ご紹介した以外にも多数取り揃えております。
ご来店お待ちしております。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

Robert Clergerie 3color wing-tip shoes

20170802s1.jpg

20170802s2.jpg

20170802s3.jpg


本日は、「Robert Clergerieの3カラーウィングチップシューズ」を詳しくご紹介いたします。


モノトーンをベースとした非常にロベールクレジュリーらしいパリシックなシューズ。夏場はワンピースやミニスカートに素足、秋冬にはウールボトムスなどとも相性の良いオールシーズン対応の靴なので、ワードローブに加えると便利なことは間違いない一足です。それではご覧ください。




20170802s4.jpg

20170802s5.jpg


幅広で指先を動かし易くしながらも、甲を低くペタンとさせたフランスらしい木型。非常にオーソドックスなウィングチップでありながら、黒と白のバイカラーで仕上げたチップ部分はファッション性もかなり高くお洒落な仕上がり。コバのせり出したイギリス型のメンズライクな形はロベールクレジュリーとしては珍しいタイプです。


20170802s6.jpg

20170802s7.jpg 20170802s8.jpg


ロベールクレジュリーといえば、世界最高峰の履き心地の良さが有名。
こちらのウィングチップシューズもソールに一工夫が。シャンク(芯)を抜いたレザーソールで屈伸性を高め、防水性能を高めた樹脂ソールを内蔵。履き心地と実用性にかなり配慮しているのが、靴専門デザイナーズシューズゆえのコダワリで◎。
カカト部分にはメンズ本格派シューズを思わせる釘が打ち込まれた仕様。最新のファッション性とフランスの伝統が融合したスタイルがこのブランドの真骨頂。


20170802s9.jpg

20170802s10.jpg


細部にも靴専門ブランドらしいコダワリが満載。
白×黒×シルバーの3カラーで仕上げたアッパーは白と黒部分はマットに仕上げたカーフスキン、シルバー部分は特殊樹脂でコーディングしたカーフレザーと色だけでなく素材も使い分けている点が素晴らしい。
インナーの革も素足で革靴を履く文化のあるフランスイタリア地域らしく、最高級の豚革を使用。摩擦に強く、汗の影響も受けにくい歴史ある素材使いもこの靴の魅力です。夏場にサンダル代わりに素足で履けて、秋冬には本格派革靴として履ける工夫が素晴らしい。


20170802s13.jpg




フランスの伝統と最先端パリシックスタイルを体現したファッション性も実用性も素晴らしい一足。
ワードローブの一角に加えて見てはいかがでしょうか。


20170802s11.jpg
20170802s12.jpg




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

SPECIAL DAYS!!! いよいよ明日より開催致します!!!

当ブログにて先日お伝えさせていただいたスペシャルイベントがいよいよ明日から3日間スタート致します。

お時間のある方はぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。


tau.jpg


MAP.png


レンタルギャラリー「siroiro」を使用したスペシャルプライスにて商品を提供するイベントです。

開催日は7月29日(土)~31日(月)の3日間。

TAU店舗とはまた違った商品構成と期間限定の特別価格をお楽しみいただける内容となっております。


それでは明日からの3日間、皆様のご来店をお待ち致しております。




★詳しい会場に関する情報はギャラリー「siroiro」のホームページをご覧ください。


siroirotop.png
▲ホームページへはこちらをクリック

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター