1960年代 US.NAVY CPO SHIRT

20170215tat1.jpg

20170215tat2.jpg


本日は「US.NAVYのCPOシャツ」をご紹介いたします。


アメリカ海軍の下士官チーフ ペティ オフィサー(CPO)に支給されていたウールシャツがCPOシャツ。
古くは40年代から存在しますが、今回ご紹介させて頂くこちらは1968年物。


20170215yok9.jpg

20170215yok8.jpg

20170215yok7.jpg


CONTRACT NO.はDSA-100-68-C-0030。素材は100%WOOL。社名はMARTIN MFG.CO,INC.。
タグが綺麗に残っているのは高ポイント。タグがあるかないかで評価はもちろん変わってきます。


20170215yok1.jpg

20170215yok3.jpg

20170215yok2.jpg


両ポケタイプの圧縮ウールですので、軽量で保温性が高いのが特徴です。
ベーシックなデザインが流行に左右されず、末永く愛用できるミリタリーアイテム。
もちろんビンテージシャツの証であるマチ付き。


20170215yok5.jpg

20170215yok6.jpg

20170215yok4.jpg


状態に関しては特に目立った汚れや虫食い等は無く、非常に良好です。
ボタンも全てオリジナルで揃っているのも嬉しい。


20170215tat3.jpg

20170215tat4.jpg




是非、店頭にてお試し下さい。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Mens Spring Shirts


20170213top1.jpg

20170213top2.jpg

20170213top3.jpg

20170213top4.jpg


本日は、USEDのレギュラーアイテムの中から存在感あるアイテムを4選ご紹介いたします。


デザイナーズアイテムに負けず劣らずコダワリの詰まった一点物。
ベーシックなスタイリングに飽きてしまったという方、コーディネートのスパイスにいかがでしょうか。




Ⅰ.
20170213tate13.jpg

20170213tate7.jpg 20170213tate8.jpg


パンキッシュなリメイクシャツ。
安全ピンで付けられたプリント入りのTシャツ地もユニークで存在感大。
ブリーチ加工、ステンシルの吹き付けプリント等、手の込んだ一品です。
ベースとなるボディが70'sのストライプシャツなので綺麗目のシルエット。
テーラードジャケットと合わせてシックなスタイルにサラリと取り入れてみるのもオススメ。


20170213yok6.jpg

20710213yok5.jpg




Ⅱ.
20170213tate12.jpg

20170213tate5.jpg 20170213tate6.jpg


こちらもリメイクアイテム。
全面にオールドデニムを裂いたものが幾重にもたたきつけられています。
全て同じ素材のデニムで加工するのではなく、ケミカルやブラックなどの様々な種類のデニムを使っているのがポイント。
メゾンブランドがやってきそうな計算されたバランス。
女性にもオーバーサイズでお勧めしたい一着。


20170213yok3.jpg

20170213yok4.jpg




Ⅲ.
20170213tate9.jpg

20170213tate3.jpg 20170213tate4.jpg


ニット切り替えが特徴的なプルオーバーシャツ。
袖口と裾にはリブが付いており、そのカジュアルなシルエットとシャツ衿とのバランス感は唯一無二。
さり気なくワンランク上のスタイリングを作ってくれる優等生です。


20170213yok2.jpg

20170213yok1.jpg




Ⅳ.
20170213tate10.jpg

20170213tate1.jpg 20170213tate2.jpg


シルク100%の総柄プリントシャツ。
ダークトーンを基調として時折入るビビットなイエローとレッドがモダンな印象。
絵柄も特徴的ですが、ベースとなっている素材に入ったペイズリー調の織り柄が粋。
遠くから見ても近くで見てもオシャレな一着。


20170213yok7.jpg

20170213yok8.jpg




デザイナーズと比較しても遜色ない個性的なアイテム達。
サイズ感も一点一点異なりますので、気になる物は是非店頭にてお試しくださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Salvatore Ferragamo vol.01 kiltie tongue double wing-tip

20170213s1.jpg

20170213s2.jpg

20170213s3.jpg


本日より約3~4回に渡って、メンズ靴ブログでは「Salvatore Ferragamo特集」といたしまして、同ブランド靴を詳しくご紹介いたします。


フェラガモといえば、周知のとおりイタリアを代表する靴ブランドであり、歴史、人気ともにイタリアでもトップクラスの高級ブランド。長い歴史の中で培われた技術と経験は他のブランドでは成しえないコダワリの詰まった一足を造り続けています。今回よりそんなイタリアを代表するブランドの靴を数回に分けてご紹介いたします。


第一回は「キルトタン付きダブルウイングチップ」をご紹介いたします。それではご覧ください。




20170213s6.jpg

20170213s7.jpg


フェラガモとしては珍しいガラスレザーを使用したモデル。どちらかと言えば、ドクターマーチンなどイギリスストリートブランドが良く使う吊りこみ時に引っ張られた部分が薄くなって自然と濃淡のでるレザーです。この革を使用している時点でかなりストリート色が濃い遊び靴の様相に仕上がっています。


20170213s9.jpg 20170213s10.jpg

20170213s8.jpg


キルトタンと呼ばれる甲部分の飾りは着脱が可能になっており、取り外すと二重になっているウィングチップが姿を現すという遊び心あるアイディアです。通常ではキルトタンを外すとベーシックなウィングチップになることがほとんどなのですが、この靴はキルトタンを付けていても、いなくても、個性派な一足です。
見た目だけでなく、最新のウレタン樹脂素材のアウトソールを搭載しており、クッション性能もかなり高いのが素晴らしい。履き心地への配慮が長い歴史の中で研鑽されているのがこのブランドの持ち味。靴専門デザイナーらしい妥協なき追及です。


20170213s4.jpg

20170213s5.jpg


トゥ部分がかなり反り上がった幅広な木型を採用。100年近い歴史の中で、世界屈指の木型職人たちが、洋々な顧客の声を吸い上げて、改良に改良を加えた履いていてストレスのない極上バランスの木型がフェラガモ最大のウリ。クッション性のないアウトソール搭載のモデルでも木型のバランスの良さのみで歩行時に疲れない靴が多いのがこのブランドの凄さです。一朝一夕では成しえないブランドの誇りが垣間見えます。その熟練と歴史の詰まった木型にプラスして、最新の性能を持ったアウトソールを搭載しているこのモデルは間違いなく、快適を約束してくれるでしょう。


20170213s12.jpg

20170213s13.jpg 20170213s14.jpg


靴全体に施されたピンキング飾り(ギザギザ飾り)がなんとも贅沢。コバ部分のピンキング技術はもはや芸術の域です。
ピンキングだけでなくほとんどのステッチを二本縫いで仕上げている点も何気に凄まじい。
デザイナーズの靴では考えられないような頑強なステッチング。インソールにも一切の手抜きナシ。高級レザーを2枚重ねにしっかりと縫い合わせたコダワリが凄い。恐らく、滑り止めのためにインソールの縫い込みも大小2種類の使い分けをしている点など、マニアック過ぎて脱帽です。靴内部にはしっかりと最高品位の豚革を使用し、履き口付近にはパイピング仕様を用いたフェラガモにとっては当たり前のコダワリもしっかりと入っています。これぞ靴職人の技と誇りの詰まった一足。




フェラガモのシューズは基本的に「履いていて快適でノンストレス」なものが多いのが特徴です。まさに履かなければ分からない一足。まだ、フェラガモの靴を履いたことのない方はぜひこの機会にご試着ください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Womens Coordinate

auo9_20170212152150dc4.jpg

auo8_20170212152149b78.jpg


sweat : ISABEL MALANT
onepiece : TbyALEXANDER WANG
pants : RAG&BORN
sandal : ALEXANDER WANG


本日はレディースコーディネートのご紹介です。


auo12_2017021215221377b.jpg

auo13_20170212152214e2a.jpg

auo14_20170212152215b49.jpg


ここ数年人気が続いているスポーティなスタイル。カジュアルな装いも、1点1点こだわりのアイテムを組み合わせると1ランク上のスタイルに仕上がります。モノトーンのコーディネートは上から下にかけて色味を落としがちですが、足元に白を選ぶとスッキリとした印象に。もちろんスニーカーもいいけれど、ヒールを選ぶとグッと引き締まった大人の余裕のあるスタイルに。




auo2_20170212152127a45.jpgauo3_20170212152128379.jpg


SWEAT
フランス語で縫われた『KARATE』。ユーモアたっぷりのそのセンスと、着て納得のシルエットのギャップが堪らない。裏起毛の柔らかな着心地とアレンジが楽しい半袖なのも◎




auo7_201702121521472cf.jpgauo6_201702121521469a1.jpg


ONEPIECE
Vネックが程よい色気のあるニットワンピース。もちろん1枚でも使え、細身なのでインナー使いにも向いている。




auo5_2017021215213138a.jpgauo4_201702121521303e1.jpg


PANTS
テロテロとした光沢感と落ち感が存在感のあるパンツ。シルキーな履き心地は春夏に重宝しそうなアイテム。




auo1_201702121521251a7.jpg


SANDAL
以前ブログでもご紹介したサンダル。
デザインだけでなくコーディネートのし易さや安定感、脚も美しく見せてくれるので、どこを取っても言うことなし。




是非、コーディネートの参考に。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Robert Clergerie plane-toe short boots

20170211s1.jpg

20170211s2.jpg

20170211s3.jpg


本日は、「Robert Clergerieのプレーントゥショートブーツ」をご紹介いたします。


とにかく歩き易く、疲れの出にくいヒールシューズが多いのがこのブランドの人気の理由。
今回ご紹介するショートブーツも見た目はクラシックシューズのヒール無しの形に見える靴ですが、3cmだけヒールをつけて、足を綺麗に見せつつも疲れずに歩けるという絶妙バランスを取っています。それではご覧ください。


20170211s6.jpg

20170211s7.jpg


このブランドらしいソフトな素材使い。極上のカーフスキンはとにかく柔らかく履き心地最高で、上品な光沢感はコーディネートをワンランク上に引き上げてくれます。丸みのある足にも優しい木型はリラックスしつつも美しさも兼ねた絶妙バランスに仕上がっています。


20170211s8.jpg

20170211s10.jpg 20170211s9.jpg


独特なコバ?を持ったかなりマニアックな縫い込み方。このブランドは常に新しい手法にチャレンジしていて見ていて飽きない新デザインが楽しいです。
歩行に負担にならないヒール高は3~7cmと医学的見地では言われていますが、その最小単位となる3cmヒールで足を綺麗に見せつつも、履き疲れを抑えている点がフランス靴らしい。
シールもはがしていないソールの削れもない素晴らしいコンディションも◎。


20170211s4.jpg

20170211s5.jpg


ジョッパーブーツからアンクルベルトを取り除いたような独創的なデザイン。シンプルながらも存在感のある靴造りはこのブランドの真骨頂。飽きずに履けるのが嬉しい一足。甲高の幅広めの木型は日本人の足型にも合い易い。
フランス靴の「女性の足を華奢に見せる」を体現したような可愛らしい一足。


20170211s11.jpg

20170211s12.jpg 20170211s13.jpg


見えない部分にもコダワリが。可愛らしい薄いピンクカラーのインナーレザーは最高品位で肌触りも最高。甲部分のインナーレザーの縫い方に技アリ。しっかりと甲の形にフィットして湾曲するようにセンター縫いを施している点が凄い。外観はベルトのないシンプルデザインでありながら、内側の隠れた部分にゴムを装備することによってしっかりと足首周りもフィットさせて歩行時のブレを防いでいます。内部構造に歩行に対する配慮が満載している本格派ブーツ。
ヴァンプ部とクオーター部を接続する部分の縫いもジョッパーブーツを模してしっかりと入れていたり、履き口の後部に補強のレザーをしっかりと縫い込んでいたりと、職人的コダワリも素晴らしい一足。




ショートブーツは真夏以外は履ける非常に息の長いアイテム。フランスらしい愛らしいデザインは部屋に飾って見ていたいほど美しいです。当店でも履き心地とお洒落さを兼ね備えたブランドとして大人気。今回すばらしい状態とグットプライス&グットサイズで見つかりましたので、まだこのブランドを履いたことのない方は、ぜひ一度お試しください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


プロフィール

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター