FC2ブログ

Silk & Linen Fabric Items for WOMEN

本日は、現在店頭にございますレディース商品の中から、「シルク・リネン素材」を使用したアイテムを10点ピックアップ。猛暑を乗り切るための涼しい高級素材。アクティブにお出掛けする機会も多い夏こそ快適なお洒落を目指したいところ。是非ご一読くださいませ。




20180723t12.jpg 20180723t11.jpg


I. 3.1 Phillip Lim
「3.1フィリップ・リム」よりノースリーブシルクトップス。カーキをベースにモノトーンの植物柄を合わせた、有りそうでなかった組み合わせ。アロハシャツに見られるような派手派手しいパターンではなく、あくまで大人っぽく、シックに着られるフラワーパターンはむしろ絵画的ですらあり、モードなアイテムと合わせて個性的かつ都会的なサマースタイルに取り入れたい一品。身幅も付かず離れずのストンとしたシルエットで使い易く、そのままでも十分美しいですが、ボトムスによってはウエストマークしてもキマりそう。


20180724y9.jpg

20180724y10.jpg

20180724y8.jpg




20180723t15.jpg 20180723t16.jpg


II. ISABEL MARANT
「イザベル・マラン」のファーストラインより、総柄シルクシャツ。品のあるオリエンタルテイストをフレンチスタイルに落とし込んだ一着。ブラック×バイオレットの2トーンでシックにまとめたカラーリングによってデザイン性と汎用性の高いバランスに仕上がっています。ベースの身頃を除いた、衿・ヨーク・前立て・袖にブラックベースの柄行を配置することで全体として引き締まった印象。ボタンの配置やダブルポケット仕様などディティールまで抜け目のない逸品です。


20180724y16.jpg

20180724y18.jpg

20180724y17.jpg




20180723t4.jpg 20180723t3.jpg


III. PRADA
「プラダ」よりシルク100%のカラースラックスをご紹介。ヴィンテージ風のネップ素材をシルク100%で表現している点が渋い。平織のネップ素材を起用することで、摩耗に弱いというシルクの弱点を補う効果を狙ったものと思われます。吸湿・放湿性に優れたシルク素材を使って、スタイリッシュで細身のシルエットを無理な負荷をかけずに作るアイデアを生み出したプラダの発想力の高さは流石の一言。またファッション的にもスタイリングの要となりうる一本となっており、夏だけと言わず秋まで引っ張って履きたい存在感のあるアイテムです。


20180724y14.jpg

20180724y15.jpg




20180723t19.jpg 20180723t20.jpg


IV. LIZ CLAIBORNE
70年代から続く老舗ブランド「リズ・クレイボーン」より、リネンワンピース。80年代頃のオールドものとなっております。常に着る人の立場を意識した洗練されたコレクションはアメリカ本国でも高い評価を得続けています。特に80~90年代には「メンズのラルフ・ローレン、レディースのリズ・クレイボーン」と言われ、大衆からの支持の厚いブランドとして君臨。創設者の亡くなった現在も不動の人気を誇るブランドです。こちらはハリ・コシのあるしっかりとしたリネンを起用した膝下丈のノースリーブワンピース。ウエストマークもあって洗練された印象のシルエットながら、フロントにズラリと配置されたシェルボタンやタックディティール等さり気なく主張の効いた絶妙な一着です。


20180724y23.jpg

20180724y22.jpg

20180724y24.jpg




20180723t17.jpg 20180723t18.jpg


V. HELMUT LANG
「ヘルムート・ラング」よりシルクトップス。レイヤード風のヘムデザインが何とも涼し気。ホワイトカラー一色ながら、どこかモードを感じさせる丈感、素材感にまとまっているのは流石の一言。立体感のあるオリジナル素材と、裾に配置されたシルクヨウリュウの組み合わせが個性的な夏スタイルを演出。薄手ながらハリのある織り生地を活かした袖山の膨らみも上品。ロング丈のスカートなどを合わせて落ち感を強調したスタイルにまとめるのもおススメです。


20180724y20.jpg

20180724y21.jpg

20180724y19.jpg




20180723t5.jpg 20180723t6.jpg


VI. ISABEL MARANT ÉTOILE
「イサベル・マラン」のデイリーウエアライン「エトワール」より、リネンテーパードパンツが入荷。履き易さに定評のあるこちらのモデルはフレンチカジュアルの志向を落とし込んだこのブランドならではのシルエットバランスを誇り、Tシャツやノースリーブ、ワンピース等コーディネートに幅を持たせてくれる優等生。深すぎず浅すぎない股上と、着用すると裾口でたまる抜け感のあるスリムテーパードシルエットが絶妙。フレンチブランドらしいグレイッシュなカラーリングも今っぽく、今季おススメ一本です。


20180724y7.jpg

20180724y6.jpg




20180723t13.jpg 20180723t14.jpg


VII. MARNI
シルク100%、「マルニ」のエプロンワンピース。キュートなホワイトドットと薄手のシルクドレープの組み合わせが涼し気な一着。首元の開き方や、背中でゆるく結んだリボン等のデザインバランスもさることながら、斜めに入れられた切り替え線によって作られる丸みのあるシルエットも素晴らしい。ゆるくリラックスした雰囲気に見せつつも決してカジュアルには寄せすぎないというマルニ独自の感性が光ります。Tシャツをレイヤードするだけでもスタイリングがグッと楽しくなる逸品です。


20180724y11.jpg

20180724y13.jpg

20180724y12.jpg




20180723t9.jpg 20180723t10.jpg


VIII. D&G
レトロなチェックパターンが柔らかい印象のこちらは「D&G」。ドルチェアンドガッバーナのデイリーウエアラインからの一着です。リネン100%の一枚仕立てとなっており、夏場も涼しくご着用頂けます。また特筆すべきはディティールのクオリティ。見返しや縫い代を表面に出すインサイドアウトの手法が取られており、さらには生地端をパイピング処理とカットオフステッチ仕様の二種類に振り分けることでデザインに深みが増しています。ディティールでさり気なくアヴァンギャルドな一面を表現しつつもノーカラーで合わせ易く、品のあるカジュアルスタイルにおススメの一着です。


20180724y3.jpg

20180724y1.jpg

20180724y2.jpg




20180723t7.jpg 20180723t8.jpg


IX.VINCE
リネンをベースにレーヨン、エラスタインを起用し、夏仕様に動き易く仕上げた「ヴィンス」のテーパードパンツ。縦の切り替え線を基調としたスタイリッシュな一本です。深いネイビーカラーでオトナっぽく着られ、合わせるトップスを選ばないのも嬉しい。ミリタリー調の大きなポケット口や同生地のベルト仕様など、タックインスタイルでも楽しめる要素満載。


20180724y5.jpg

20180724y4.jpg




20180723t2.jpg 20180723t1.jpg


X. 60's VINTAGE
こちらは60年代頃のヴィンテージ。オープンカラーシルクシャツが入荷。こちらは実はメンズのアイテムですが、年代特有のネップシルクの落ち感は女性の方がオーバーサイズで着ると嫌味なく、夏場の羽織として重宝すること間違いなしの一品です。現行のアイテムでは表現できない色褪せた色彩は意外にコーディネートし易く、素材感で人と差の付くアイテム。少し衿を抜いてリラックス感を演出するのもおススメ。


20180724y25.jpg

20180724y27.jpg




いかがでしたか。現在当店には夏のお洒落を楽しくしてくれるアイテムが沢山揃っております。気になる物はお気軽にお問い合わせください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ





BAND OF OUTSIDERS "Canvas Saddle Shoes"



20180720s1.jpg


本日は新入荷したアイテムの中から「BAND OF OUTSIDERSのキャンバスサドルシューズ」をご紹介致します。グットコンディションの本格派革靴が3カラーまとめて見つかりましたので、ぜひご覧ください。




20180720s2.jpg


20180720s3.jpg


非常にオーソドックスなラウンドトゥの木型で、指先の自由度の高い歩行に適したタイプ。甲の高さ、足幅も標準で日本人の足型にも相性の良い飽きの来ない木型です。




20180720s4.jpg

20180720s4abb.jpg 20180720s4ac.jpg

正式名称は「サドルオックスフォード(Saddle Oxford)」ですが、日本では略称の方が圧倒的に用いられているサドルシューズ。甲に文字通りサドル、つまり「馬の鞍」状に独立した革を上から下までグルッと載せてそこに鳩目を付けた状態の紐靴を指します。内羽根とも外羽根とも呼べない独自のディテールを持ったデザインは玄人好みの一足と言えるでしょう。今回は2トーンコンビ使いの「アメリカ式サドル」と、ワントーンでシックな「イギリス式サドル」の2タイプがまとめて発見されましたので、好みでお選びいただけます。靴後部の「市革」もしっかりと鞍状に仕上げた本格仕様。




20180720s5a.jpg 20180720s5ab.jpg
20180720s5c.jpg 20180720s5d.jpg

20180720s6.jpg

ワントーンのイギリス式サドルタイプはアッパーが非常にシンプルであまりサドル部分を強調しないのが特徴。ただ、今回のサドルはシックになり過ぎないように、イギリス式は左右のアウトソール裏の色がボルドーとブルーになっています。アパレルブランドらしい遊び心が楽しい一足。逆に2トーンで派手な見栄えのアメリカ式のソールはナチュラルレザーで左右統一してバランスをとっており、デザイナーのかなり凝ったコダワリを感じます。靴の左右に「RIGHT」「LEFT」の文字をわざわざ入れる洒落っ気も面白い。




20180720s7.jpg

深みのあるカラーのキャンバス素材は使い込んで経年変化したときも雰囲気の出る素材。耐久性、耐水性にも優れているので、デイリーユースできる一足です。




20180720s8.jpg

製法はマッケイ式ですが、コバ部分にイミテーションのウェルトを装着して手縫いステッチを入れて、重厚感を出しています。ホワイトステッチにより、夏スタイルの軽快さを演出しているのもアパレルブランドならでは。ステッチの揃い具合も完璧で職人の技術の高さがうかがえます。




20180720s9.jpg

履き口付近にはしっかりとレザーパイピングが施されており、素足で履いた場合でも踝付近が痛まない仕様。こういった気配りができているのが本格革靴の素晴らしさ。アメリカブランドの一足ですが、イタリア的な要素が感じられるディティールです。




20180720s10.jpg

タイプごとに紐のカラーも変えて靴の歴史にも忠実なのが◎。ゴルフなどに使用されてきた「アメリカ式」にはカジュアルな印象の白いシューレース、クラシックな「イギリス式」はアッパーと同系色を使用してシックに仕上げています。




20180720s11.jpg

インソールにはソフトな豚革使用でカカトにクッション材も入っており、履き心地も抜群。暑い夏に気持ちよく履ける一足です。




メンズシューズとしては中々見つからないカラーのサドルシューズ。ワードローブに加えてコーディネートの幅が広がる事間違えナシの一足です。カラーによって見え方も違うので、各カラー履き比べてみてください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

New Arrivals Items

本日は、明日投入の新商品を先取りでご紹介致します。メンズ・レディース合わせて10点ございます。是非ご覧くださいませ。




20180712t21.jpg 20180712t22.jpg


I. MARNI
複雑かつ美しいバックのディティールワークが目を惹く「マルニ」のロングワンピース。コットンレーヨンベースの落ち感のあるツイル素材が独特のヌケ感を演出するノースリーブドレスです。エレガンスな細身のマキシ丈ですが、マルニらしい絶妙なゆとりの採り方と素材使い、首の開き方、等で調整し、エフォートレスなテイストにまとまっているのは流石。何より背面のギャザリングは立体裁断による複雑なものとなっており、並みの職人では表現できないハイクオリティ。一着でスタイルが決まる贅沢な逸品です。


20180712y3.jpg

20180712y4.jpg

20180712y5.jpg

20180712y6.jpg




20180712t17.jpg 20180712t18.jpg


II. 3.1 Phillip Lim
植物柄の刺繍×レースという甘くなりがちな素材合わせを、「3.1フィリップ・リム」独自の感性でモードに落とし込んだノースリーブトップス。ボディの光沢感のある生地は高級感あるシックなテイストを感じさせ、ショルダー部分に使用されたハニカム構造のメッシュ素材はスポーティな一面を思わせるという、フィリップならではのミックス感が光る、デザインバランスの優れた一品です。


20180712y8.jpg

20180712y7.jpg




20180712t5.jpg 20180712t6.jpg


III. Calvin Klein
切り替えによって作られたアシンメトリーなグラフィックが面白い、「カルヴァン・クライン」のコットンシャツ。光沢を持たせた素材感や、このブランドとしてはやや広めの身幅・袖幅などが今っぽいシルエット。またカラーブロックのデザインも今季らしく、グリーン・ライトブルー・ダークパープルというトレンドカラーを詰め込んだようなカラーリングとなっており、今すぐ着たい一着です。


20180712y23.jpg

20180712y22.jpg




20180712t7.jpg 20180712t8.jpg


IV. ALL SAINTS
こちらもグラフィックデザインが特徴的な一着。何枚かの異なるイメージの写真をカット&コラージュ。モノトーンでまとめることでモードな仕上がりに。ポルトガル製の信頼度の高い縫製と、柔らかいコットンカットソーが快適な着心地を約束。またやや長めに設定された丈感も「オールセインツ」らしく、ショーツや変形パンツなどとの相性も良いので、夏場のモードスタイルにも重宝します。


20180712y21.jpg

20180712y20.jpg




20180712t16.jpg 20180712t15.jpg


V. DIANE FREIS
こちらは80年代頃のヴィンテージプルオーバーブラウス。「ダイアン・フレイス」というと、この年代の総柄ドレスやワンピースのスタイルがお好きな女性であれば知らない方はいないといっても過言ではない、コレクティブルなブランドです。ボタニカルなパターンをエレガンスなシルエットに乗せて表現する独自のバランス感覚は、80年代の総柄を得意とするブランドの中でも群を抜いた完成度を誇ります。ポリエステルを基調とした、アメリカらしい扱いやすい素材使いも人気のポイント。


20180712y11.jpg

20180712y10.jpg




20180712t20.jpg 20180712t19.jpg


VI. VINCE
「ヴィンス」らしい洗練されたリラックスシルエットのレースワンピースが入荷。フラワーモチーフを用いた甘いテイストのレースではなく、フリンジ状になった箇所や直線的なデザインを観ると分かるように、フォークロアテイストのクールな印象のレース生地を使用。レース部はコットン100%、専用のインナーカットソーはレーヨン100%と、言うまでもなく涼しい一着。夏らしいホワイトカラー一色で、なおかつデザイン性も高く、普段使いし易いハイクオリティーなワンピース。気になる方はお早めに。


20180712y1.jpg

20180712y2.jpg




20180712t10.jpg 20180712t9.jpg


VII. 3.1 Phillip Lim
コシのあるシルクレーヨンが心地いい、「3.1フィリップ・リム」のテーパードパンツ。特筆すべきはウエスト周りのディティール。そのまま垂らして履いてもよし、センターフロントに配置されたベルトループを使ってラフに結び目を作って履いても良し。3面体の構造で細身ながら動き易い、立体的なシルエットにもデザイナーの配慮を感じます。画像とはやや誤差があるように感じますが、淡いピンクベージュのカラーリングも今っぽく、モノトーンのトップスでスタイリッシュに決めるも良し、イエローやブルーなどの色物で夏らしく合わせても良し、ファッションが楽しくなる一本です。


20180712y18.jpg

20180712y17.jpg

20180712y19.jpg




20180712t14.jpg 20180712t13.jpg


VIII. LANVIN
「ランヴァン」より、シルク100%」の高級カットソーが入荷。シンプルで洗練されていながら、ディティールと生地感に拘り抜かれた名作です。前面は格子状のステッチングのはいった光沢素材。背面は可動域を配慮したカットソー地となっております。丈長の細身シルエットながら、ヌケ感のあるドレープネックのデザインが印象的。お持ちのボトムスと合わせるだけでスタイルが一歩モードに近づく優秀な一着。デニムなどで着崩すのもオススメ。


20180712y12.jpg

20180712y13.jpg




20180712t11.jpg 20180712t12.jpg


IX. ANGES B
「アニエス・べー」のアイテムとしては珍しい、スカルモチーフのグラフィックが入ったプリーツスカート。スカルモチーフが入っていながら、全体として柔らかい色使いなのが印象的。スカルも主張し過ぎることなく、パンクロックテイストを優しく表現した一着。また良く見ると光沢感のある所とマットな部分があり、プリーツに沿って太めのストライプ柄がさり気なく表現されているのも見逃せない。


20180712y15.jpg

20180712y16.jpg




20180712t1.jpg 20180712t2.jpg


X. HELMUT LANG
「ヘルムート・ラング」らしいモードでスタイリッシュなイージーパンツ。グラフィックもモノトーンでクールな印象ですが、細すぎず太すぎないシルエットで気取らないテイストにまとめてくれています。総シルクのセミワイドシルエット×太めのサイドラインで迫力があります。シンプルなTシャツスタイルに、ハイウエストでタックインしても面白い。バックポケットのしつけも未だ取り去られておらず、状態もかなり良好なのも嬉しい。


20180712y28.jpg

20180712y27.jpg




いかがでしたか。随時新商品追加中です。お探しの物ございましたら、お気軽にスタッフまでお声がけください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ



Pick Up Recommend Items

本日は、最新の入荷アイテムの中から、スタッフ一押しの9点をピックアップ。メンズ、レディース共にご紹介致します。是非ともご一読ください。




20180705t14.jpg 20180705t13.jpg


I. MARNI
「マルニ」より、エプロンレイヤード風のデザインが目を惹く、シャツワンピース。ストライプシャツにエプロンをレイヤードしたかのような切り替えは見た目にも楽しいですが、実は縫製難易度の高い難しいディティールでもあります。切り替え線だけでなく、ボディラインを意識しながらも付かず離れずの絶妙な分量感も素晴らしい。普段使いし易い素材感とデザインですが、カジュアルウエアとは一線を画す好バランスのデザインワンピースです。


20180705y25.jpg

20180705y24.jpg

20180705y26.jpg




20180705t17.jpg 20180705t18.jpg


II. ACNE STUDIOS
「アクネ」より、ダブル二-仕様のデニムパンツ。デニムから発祥したブランドならではのハイクオリティ。ハリ・コシ共に申し分なく、デニムならではの経年変化も期待できる一本。黄味がかったオレンジカラーが個性的。色落ちした時にどう変化するのかも楽しみ。セミワイドシルエットのクロップト丈というのも珍しく、程よくストリート感をプラスしてくれるこのシルエットはコーディネートに幅を持たせてくれます。またセルビッジ付きという点も◎。裾口をひと折りして履くのもオススメ。


20180705y14.jpg

20180705y12.jpg

20180705y13.jpg




20180705t5.jpg 20180705t6.jpg


III. MIU MIU
「ミュウミュウ」より、イタリアンコットンのジャカードポロ。70年代風の細かい織り柄が何とも上品です。柔らかい2トーンの配色も今っぽく、良く見るとストライプ柄になっている前立てや、わざと細長い形状に仕立てたポケット等、男心をくすぐるディティールがたまりません。全体としてシックで大人な雰囲気の中に垣間見えるキュートさが若々しく、このブランドの真骨頂とも言える一着です。着心地のいいイタリアンコットンなのでTシャツ感覚で御着用いただけ、夏のヘビロテ間違いなしの一着。ストレートシルエットのみならず、軽い素材のワイドパンツ等も高相性。


20180705y9.jpg

20180705y7.jpg

20180705y8.jpg




20180705t4.jpg 20180705t3.jpg


IV. ALL SAINTS
「オール・セインツ」のサマーコットンテーラードジャケット。遠目から観るとドット柄にも見えるフラワーパターンが愛らしい。ドット柄をコーディネートの邪魔をしない大きさに調整してくれているのは流石。メンズウエアとしてはあまり見かける事の無いフラワードットをクラシックテイストに落とし込むのがオールセインツ流。イギリス人デザイナーらしい繊細で真面目なテーラーリングの為せる業です。薄手のコットン素材で真夏も涼しく、あえてショーツスタイルに合わせるのもお勧めです。


20180705y1.jpg

20180705y3.jpg

20180705y2.jpg




20180705t2.jpg 20180705t1.jpg


V. STELLA McCARTNEY
「ステラ・マッカートニー」のノースリーブトップス。やはり目を惹くのは曲線を活かしたカッティング。特にメッシュ素材が当てがわれたアームホールデザインは美しく、ただの「スポーティモード」では終わらせたくないというデザイナーの意志を感じます。細かくダーツでつまんでヒップを覆うようにペプラムを配置し、構築的でありながらどこかヌケのある完成度の高いシルエット。また存外コーディネートし易い丈感となっており、スカートもパンツも相性抜群です。今季トレンドの「スリーブレス・アイテム」ですが、コーディネートに取り入れている方は日本ではまだまだ少ないように感じます。お手持ちのボトムスにサラリと合わせてみては。


20180705y5.jpg

20180705y4.jpg

20180705y6.jpg




20180705t12.jpg 20180705t11.jpg


VI. 3.1 Phillip Lim
「3.1 フィリップ・リム」より、シルクイージーパンツ。腰周りはゆとりを持たせて膝下を絞った、このブランドらしいリラックス&モードなシルエット。シルク100%の素材感を活かした2タック仕様となっており、歩くたびに動くドレープは見た目にも涼しい。ロートーンのグリーンというカラーリングも今季らしく、グレーやベージュなどと合わせても◎。暑い夏をお洒落に過ごしたい方にマストな一本。


20180705y19.jpg

20180705y18.jpg




20180705t8.jpg 20180705t7.jpg


VII. DIOR
「ディオール」のモノトーンチェックシャツ。カジュアルな印象を持たれがちなチェックシャツですが、シックなシルエットと高級な素材で見事にクリーン&モードな印象に。モノトーンでありながら柄行自体はアメカジ由来のチェック柄となっており、有りそうでなかったバランス感覚は流石の一言。一枚で着ても良し、羽織にしても良し、フォーマルスーツのインナーにするも良し。ハイクオリティーかつ汎用性の高い逸品です。


20180705y10.jpg

20180705y11.jpg




20180705t10.jpg 20180705t9.jpg


VIII. SONIA RYKIEL
フレンチ・モード界の重鎮「ソニア・リキエル」より、ドレープの美しいノースリーブトップスが入荷。素材はクレープ状のダブルジョウゼットとなっており、たっぷりとした落ち感が特徴的。ジョウゼットとしてはやや肉厚ですが見た目より軽く、夏場も涼しく着られる素材感。ドロップショルダー&ノースリーブの仕様となっており、ゆとりの採り方が絶妙。スポーティな印象に偏りがちなノースリーブトップスというジャンルですが、淡い色彩と生地感、ディティールのバランスで見事にモードへと昇華してくれています。秋のレイヤードスタイルも楽しみな一着。


20180705y15.jpg

20180705y17.jpg

20180705y16.jpg




20180705t16.jpg 20180705t15.jpg


IX. VINTAGE
1980年代前後のハンドメイドと思われるひと品。極細のプリーツを、熱加工により一部だけ逆向きに倒すことで波模様を表現。特筆すべきは腰周りの吸い付くようなパターンワーク。細かいパーツをはめ込んだ立体的な造りはハンドメイドならでは。シンプルなシルエットの中にも身体の線をしっかり強調したメリハリのある美しさを感じます。現行のデザイナーズに良く見られるプリーツ幅よりも細かく、上品かつ個性的です。


20180705y22.jpg

20180705y21.jpg

20180705y20.jpg




いかがでしたか。ご紹介した商品のほかにも高品質のアイテムを追加中です。是非一度ご来店くださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ



New Arrival Sneakers

本日は、新入荷した「デザイナーズスニーカー」を10足まとめてご紹介致します。
今シーズンのマストアイテムと呼べるスニーカー。ストリートで大活躍の一足を見つけてください。





20180629s1.jpg
I.DIOR "wing-tip calf leather sneakers"

20180629s1b.jpg20180629s1c.jpg
20180629s1d.jpg




20180629s2.jpg
II.JIMMY CHOO "nylon × suède leather sneakers"

20180629s2b.jpg20180629s2c.jpg
20180629s2d.jpg




20180629s3.jpg
III.RICK OWENS × adidas "double jersey + urethane sole sneakers"

20180629s3b.jpg20180629s3c.jpg
20180629s3d.jpg




20180629s4.jpg
IV.KENZO "random pattern canvas sneakers"

20180629s4b.jpg20180629s4c.jpg
20180629s4d.jpg




20180629s5.jpg
V.J.W.Anderson × Converse "canvas vulcanized sneakers"

20180629s5b.jpg20180629s5c.jpg
20180629s5d.jpg




20180629s6.jpg
VI.MM6 "double jersey + urethane sole slip-on"

20180629s6b.jpg20180629s6c.jpg
20180629s6d.jpg




20180629s7.jpg
VII.COACH "3-col calf leather sneakers"

20180629s7b.jpg20180629s7c.jpg
20180629s7d.jpg




20180629s8.jpg
VIII.rag & bone "rough leather tassel slip-on"

20180629s8b.jpg20180629s8c.jpg
20180629s8d.jpg




20180629s9.jpg
IX.PIERRE HARDY "calf leather rubber belt sneakers"

20180629s9b.jpg20180629s9c.jpg
20180629s9d.jpg




20180629s10.jpg
X.VIKTOR & ROLF "mesh nylon hi-cut sneakers"
20180629s10b.jpg20180629s10c.jpg
20180629s10d.jpg




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ



プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター