New Arrival Accessories

本日は最新入荷したアクセサリー類のご紹介です。

コーディネートが薄く軽くなりがちな夏コーディネートに奥行きを与えてくれるアクセサリーはとても重要。様々なアクセサリーをご用意いたしましたので、ご覧ください。




20180601a1.jpg

I. VINTAGE "nordic necklace"





20180601a2.jpg
II. UNKNOWN "single earring"





20180601a3.jpg
III. SILVER 925 "design ring"






20180601a4.jpg

IV. UNKNOWN "various material necklace"






20180601a5.jpg

V. BAND OF OUTSIDERS "bow tie"





20180601a6.jpg

VI. UNKNOWN "animal brooch"




他にも沢山のアクセサリーを取り揃えております。
アクセサリー以外にも夏物アイテムが豊富に揃っておりますので、ぜひご覧くださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ



Women's Designers Items

本日は、新入荷したレディースの商品より、厳選したデザイナーズアイテムを10点ご紹介。デイリーユースに重宝しそうなものからエッジの効いたデザインのアイテムまで幅広くご用意いたしました。どうぞご覧ください。



20180522t5.jpg 20180522t6.jpg


I. VIVETTA
ファッションフリーク御用達のミラノコレクションブランド「VIVETTA」。細やかなパターンワークに裏打ちされたラッフルワークと、高品質の刺繍を得意とするブランドです。ここ数年日本でも一気に知名度が上がった感がありますが、ユーズドでは中々見つけることの難しい一品。ウエストが隠れるくらいのショート丈はボトムスのシルエットも選ばず、品の良い丸みのあるパフスリーブで主張し過ぎないので、綺麗目にもカジュアルにも合わせ易い。シャツ生地で扱いやすいのも嬉しいところ。


20180522y11.jpg

20180522y10.jpg

20180522y9.jpg




20180522t1.jpg 20180522t2.jpg
20180522t9.jpg 20180522t10.jpg


II. KOOS VAN DEN AKKER
「クース・ヴァン・デ・アッカ-」は、オランダ人デザイナーが手掛ける老舗ブランド。ディオールのメゾンでの経験を活かした立体的なカッティングと、独自の感性による素材合わせやパッチワークが持ち味となっており、コアなファンの多い孤高のブランド。こちらは恐らく70年代後半から80年代頃のヴィンテージ。一見、古着屋に行くとしばしば見かけるような、カントリー調のワンピースにも見えますが、よくよく見ると繊細な柄合わせや素材選びの斬新さが見て取れる流石の一着です。柔らかい雰囲気の中にもしっかりとエッジが効いており、衿腰をわざと高めに設定したり、ドルマンスリーブ風の立体的な袖を付けたりと見どころ満載。是非実物を手に取ってみて頂きたい貴重な一品です。


20180522y2.jpg

20180522y3.jpg

20180522y4.jpg

20180522y1.jpg

20180522y5.jpg




20180522t3.jpg 20180522t4.jpg


III. MARNI
「マルニ」のタンクトップレイヤード風メッシュトップス。マルニらしい丸みのあるシルエットがキュート。ボートネックとタンクトップのレイヤードデザインに加えて、ドロップさせたパフスリーブを設定する発想が素晴らしく、この計算されたリラックステイストは「カッコつけずにお洒落したい」という時代の風潮をしっかり掴んでいると言えます。メッシュ素材×パフスリーブで程よくガーリーに、程よくアクティブな印象を与えてくれる、気取らないテイストが今っぽく、夏の主役にヘビロテ間違いなしの一着です。


20180522y14.jpg

20180522y13.jpg

20180522y12.jpg




20180522t7.jpg 20180522t8.jpg


IV. ALL SAINTS
ロンドン発「オール・セインツ」より、レディースのコレクションピースが入荷。透け感のあるシルクシフォンをふんだんに使用した立体裁断による仕立て。単なるギャザリングやタック、フリルワークだけでなく、生地をネジったりカーブに縫い込んだり、様々な技法を駆使してアシンメトリーで流麗なシルエットを創出。重く見えがちな黒のドレーピングドレスに動きを加えることで、絶妙な軽快さを演出。モード&クールでありながらしっかり女性らしいテイストにまとめた名作です。


20180522y7.jpg

20180522y6.jpg

20180522y8.jpg




21080518t2.jpg 21080518t1.jpg


V. 3.1 Phillip Lim
「3.1 フィリップ・リム」より、エプロン風ダンガリートップス。直線と曲線を上手く使った、無駄のないクールさと甘さを併せ持つ独自のデザインバランスは流石の一言。ベースとなる素材はインディゴ染めを施したリネン糸を使った上質なダンガリー。夏場も涼しくご試着頂けます。デザインビスチェとしてレイヤードすることも出来、幅広いスタイリングにお使い頂けます。薄手のブラウスなどとレイヤードするのもオススメ。


20180518y19.jpg

20180518y18.jpg

20180518y20.jpg




21080518t13.jpg 21080518t14.jpg


VI. Dries Van Noten
ドリスらしい素材へのこだわりが光るシースルーコットンドレス。身幅やウエスト位置などで、リラックスした印象を持たせつつも、だらしなくならないメリハリの効いたデザイン性はこのブランドの得意とするところ。職人による手刺繍が贅沢にあしらわれたシアサッカー素材はこれ以上ないくらいの細番手で織られたものを使用。薄く、繊細で、ロマンティックですらあります。今季注目の「スリーブレス」仕様という点も見逃せず、非の打ちどころのない一着。


20180518y2.jpg

20180518y3.jpg

20180518y1.jpg




21080518t9.jpg 21080518t10.jpg


VII. DEREK LAM
「デレク・ラム」より、ダブルクロス仕様テーパードラインパンツ。このブランドらしいエッジと遊び心が程よく効いたデザインです。ダブルクロスによるさり気ない柄の出し方や、切り替え線の配置、ステッチデザイン、どの箇所を見ても緻密な計算を感じる唯一無二のバランス。凝りに凝ったデザインでありながら、デイリーに使い易いローライズのテーパードシルエットに落とし込んでくれているのは流石です。


20180518y6.jpg

20180518y7.jpg

20180518y8.jpg




21080518t3.jpg 21080518t4.jpg


VIII. Alice and Olivia
「アリス アンド オリヴィア」より、シルク×レザーという珍しい異素材同士の組み合わせ。目の覚めるようなレッドとレザーのブラックは個性的かつモダンな印象。強い女性像を思わせるシルエットを、シルクという柔らかい素材使いと女性らしい襟ぐりのカッティングで仕立てた玄人好みの逸品。デニムとの相性も抜群なので、サラリとストリートスタイルに落とし込むのも面白い。


20180518y17.jpg

20180518y16.jpg

20180518y15.jpg




21080518t7.jpg 21080518t8.jpg


IX. Acne Jeans
「アクネ・ジーンズ」より、ショートスリーブリネンシャツ。ヴィンテージのボーイスカウトシャツやミリタリーシャツのようなメンズライクなディティールが渋い。また特筆すべきは袖のパターンワーク。逆U字型の切り替え線を入れることでソフトパフスリーブのようなシルエットを創出。リネン特有のハリ・コシが無いと為し得ないシルエットに仕上がっています。ボリュームのある袖に対してウエストシェイプをしっかり入れることで、メンズライクでありながらしっかりと女性らしさを感じることの出来る、計算された一着に。ノーカラー仕様で合わせ易く、夏のヘビロテ間違いなしです。


20180518y9.jpg

20180518y11.jpg

20180518y10.jpg




21080518t11.jpg 21080518t12.jpg


X. Opening Ceremony
「オープニングセレモニー」らしいキュートなシルエットのブラックスカート。ハリのあるプリーツフリルがアシンメトリーに配置され、モードな印象を与えてくれます。ニューヨークらしい膝上丈はかなり合わせ易く、ルーズ~タイトまで様々なテイストのトップスに合わせて頂けます。潔いブラックカラーの膝上丈でしっかりと主張の効いたスカートは意外と少ないので、探されていた方は是非一度お試し下さい。


20180518y5.jpg

20180518y4.jpg




いかがでしたか。本日ご紹介した以外にも、店頭、ストック共に現在商品充実しております。ご来店お待ちしております。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

New Arrival Summer Items

20180518n1.jpg

20180518n2.jpg

20180518n3.jpg

20180518n4.jpg

20180518n5.jpg

20180518n6.jpg

20180518n7.jpg

20180518n9.jpg

20180518n8.jpg




夏物の新入荷アイテムを揃えて店内一新してお待ち致しております。
ぜひ、この週末に店頭にてお楽しみください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

Hard Taste Shoes

20180515s1.jpg


本日は、「ロックを感じるハードテイストシューズ」を2足まとめてご紹介致します。


ストリートを強く意識したファッション傾向の昨今。デイリーユースでハードに履ける靴はワードローブにぜひ加えたい一足と言えるでしょう。今回ご紹介する2足はハードに毎日履けて、しかもお洒落さも兼ね備えた2足です。それではご覧ください。





20180515s2.jpg

I. BUTTERO studs waxy leather sneakers
トコトン素材使いに拘りぬくこのブランドらしいワックスレザーを用いた耐久性、雰囲気ともに抜群のレザースニーカー。肉厚な一枚もののレザーを柔らかくしつつ、ワックスコーティングにより耐水性もあげた素晴らしい加工により、雨にも完全対応。文字通り「デイリーユース」できる一足です。手作業によるスタッズ加工はもはや芸術的ですらあります。




20180515s3.jpg

20180515s4.jpg 20180515s5.jpg

芸術的かつ綺麗に整ったトゥ部分のスタッズが素晴らしい。編み込みを施したレザーシューレースと相まってハードテイストでありつつもどこか温かみと柔らかさを感じるデザインは流石。


20180515s6.jpg
20180515s7.jpg
20180515s8.jpg

非常にオーソドックスなアメリカンタイプのローテクスニーカー木型を採用。どこか懐かしさを感じつつもしっかりと昨今のストリートスタイルに落とし込んでくる辺りは流石は人気のイタリアシューズメーカー。


20180515s9.jpg 20180515s10.jpg
20180515s11.jpg 20180515s12.jpg

毛穴を活かした上質レザーにワックスを引いた雰囲気満点の素材使いがブッテロ流。肉厚な一枚革で仕上げたアイディアは、スポーツスニーカーにもレザーシューズにもない唯一無二の存在感を漂わせています。スタッズだけでなく随所に使われたハンドステッチやしっかりとブランドロゴが刻印されたレザーインソールが温かみある空気を演出。


20180515s13.jpg

ローテクスニーカーの定番といえるアウトソールを搭載。ビンテージテイストに仕上げたアウトソールがアッパーの重厚な雰囲気とベストマッチ。まさに温故知新な一足です。




20180515s14.jpg

II. GRIP FIRST steel toe pony shoes
ロンドンストリートテイスト満載のロック色の強い一足。スチールキャップのハード本格ワークブーツ仕様ながらも、ヴァンプ部をポニー素材に変えるデザインで軽快かつ格好良く仕上げています。ボリュームある木型と厚底なソールのコンビネーションは正にロンドンパンクの代表と呼べる仕様。メイドインイングランドでデッドストックで発見された点も高評価。




20180515s15.jpg
20180515s16.jpg 20180515s17.jpg

なんといってもこのボリュームあるスチールトゥとヴァンプ部分のポニーとのコラボが大迫力で格好良い。コバのせり出した男っぽいデザインこそがロンドンストリートの王道。ストレートチップ部分をしっかりと3本縫いした本格ワーク仕様なのも素晴らしい。


20180515s18.jpg
20180515s19.jpg
20180515s20.jpg

トゥ部分にかなりの空間をあけて足指の稼働を妨げないワークブーツの王道木型。そこに深い溝を刻んだ厚底ワークソールを搭載した「ロンドンブーツスタイル」がとにかくハードで格好良い。


20180515s21.jpg

20180515s22.jpg 20180515s23.jpg

本来はストレートチップ部分や羽根部分に使われることも多いポニー切り替えをヴァンプ部に使用することで使用しているときに摩擦で毛が抜けることを抑える気配りができているのが素敵。デッドストックで発見されたためポニー部分の毛足の美しさはもちろんのこと、今から自分の足に馴染んでいく楽しみもある一足。靴製造の聖地「ノーザンプトン」で製造された純正英国製で非常に堅牢な造りがウリ。アウトソールをネジ止めしたハードな仕様はそれ自体からロックを感じます。


20180515s24.jpg

グリップ力抜群で迫力の厚みをもったデイリーユース可能な耐久力抜群のアウトソール。濡れた路面も問題ナシな仕様が降雨量の多いイギリスシューズらしさ。未使用で末永く履けるコンディションも◎。




2足ともストリート色の強い今シーズンのファッションシーンで、主役になれる一足です。ぜひ店頭にてお試し下さい。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

Pick Up Vintage & Old Items

本日は、夏場の主役としても活躍が期待される「デザイン性の高いヴィンテージアイテム」を一挙ご紹介。コーディネートの要となり得る存在感抜群のアイテムばかりです。是非お目通しくださいませ。




20180511t03.jpg 20180511t004.jpg


I. 60's UNITOG duck hunter embroidery shirt
好バランスのバック刺繍が目を惹くショートスリーブシャツ。ハンティング系のモチーフがここまで大きく刺繍された物はこの年代でも珍しく、希少。またほぼ未着用と思われる状態での入荷となっており、デザイナーズのボトムを合わせても古着っぽくならないのが嬉しい。サイズはメンズとしてはやや小さめとなっており、女性の方にもおススメです。


20180425y17_20180511150003031.jpg

20180425y16_20180511150002fe2.jpg

20180425y15_20180511145950023.jpg




20180511t01.jpg 20180511t02.jpg


II. 70's LEVI'S 517 bigE repair denim
ムラっぽい色落ちと大きめのリペアパッチが雰囲気満点の、ヴィンテージリーバイス517。製造期間わずか1年程の初期517は超稀少。画像にはございませんが、大き目の品番印字がはっきりと読み取れる紙パッチもしっかり残存しています。初期517ならではのストレートに近い緩やかなブーツカットシルエットとなっており、合わせ易いのも嬉しいところ。リペアはハンドステッチにより施され、あまり見かけることのないクラフト感のある仕上がり。なお古い年代のリーバイスリペアデニムに関しましては、他にも数本ご用意がございますので、ご興味ある方はお気軽にお申し付けくださいませ。


20180425y20_201805111500088fd.jpg

20180425y21_20180511150022140.jpg

20180425y22_201805111500248cc.jpg

20180425y23_20180511150025e4b.jpg




20180511t13.jpg 20180511t14.jpg


III. vintage flag checked T-shirt
70~80年代頃と思われる染み込みプリントのフラッグチェックTシャツ。首元のリブに至るまで全面に施されたチェック柄は存在感大。レッド×ブラックというストリート映えする配色は一枚でもコーディネートが決まる便利な一品。洗い縮みにより裾にかけてねじれるように歪んだ柄行は、ヴィンテージファンなら堪らなく惹かれるポイント。男女ともにおススメです。


20180425y18_201805111500055ed.jpg

20180425y19_201805111500077a6.jpg




20180511t11.jpg 20180511t12.jpg


IV. 40's LOWE&CAMPBELL college printed T-shirt
古い年代のカレッジTシャツはデザインがシンプルで使い易い。パープルカラーの染み込みプリントでここまで状態良好なものは滅多にお目にかかれません。古着好きの方には馴染み深い「ロウ&キャンベル」のコットンボディは質も高く、飽きの来ない、長く着られる逸品。キャップスリーブに近いこの年代特有の袖の形は女性が着ても可愛いです。


20180425y4_20180511145915b3f.jpg

20180425y5_20180511145917ef7.jpg

20180425y6_20180511145927238.jpg




20180511t05.jpg 20180511t06.jpg


V. 60's KING LOUIE s/s rayon bowlling shirt
ボーリングシャツと言えば「キング・ルイ」と言っても過言ではありませんが、この配色は珍しい。ライトブルー×イエローというクリアカラー同士の組み合わせはかなり今シーズンらしく、ベージュやグレーといった中間色のボトムスを合わせてリラックススタイルにコーディネートするとより今季らしい。デザイナーズスタイルにサラリと取り入れてみては。


20180425y13_20180511145947721.jpg

20180425y12_201805111459457b5.jpg

20180425y14_2018051114594831f.jpg




20180511t15.jpg 20180511t16.jpg


VI. 50's A BARCLAY PLAYSHIRT CO. knit rib printed pile T-shirt
珍しい50年代のコットンパイルトップス。当時の技法でしか表現できない、独特の優しさを感じるプリントがなんともお洒落。リブ付きのパイルTシャツは昨今めっきり見かけることの少なくなったコアなジャンルですが、袖リブの付いたタイプはさらに珍しく希少。女性なら、タックインスタイルの代わりにこちらのショート丈を合わせてシンプル&綺麗目に合わせるのもオススメ。リブも太めで丸みのあるシルエットがキュート。


20180425y1_201805111459114b1.jpg

20180425y3_20180511145914cff.jpg

20180425y2_20180511145912672.jpg




20180511t10.jpg 20180511t09.jpg


VII. 80's HANES "ghost busters" T-shirt
言わずと知れた80年代映画「ゴーストバスターズ」のキャラクターがフロントにプリントされたTシャツ。存在感のあるキャッチーなプリントは一枚で着てもインナーとしても活躍間違いナシ。オールドならではのひび割れたプリントがたまりません。また80年代のヘインズボディは着心地バツグン。夏の主役にいかがでしょうか。


20180425y7_20180511145928d5a.jpg
20180425y8_20180511145930278.jpg




20180511t07.jpg 20180511t08.jpg


VIII. 70's CHAMPION football T-shirt
「チャンピオン」プロダクツタグ。70年代のヴィンテージフットボールTシャツです。当時着用されていたからこそ出せるムラのあるオフホワイトですが、状態は破れも無くかなり良好。嫌味の無い光沢感が絶妙に主張してくれるシンプルなナンバリングTシャツは男女ともに重宝します。またSサイズで状態の良い物は存外見つけにくく、探されていた方はこの機会に是非ともお試しください。


20180425y9_20180511145931d41.jpg

20180425y10_20180511145933945.jpg

20180425y11_201805111459446b0.jpg




いかがでしたか。今回ご紹介しきれなかったヴィンテージアイテムも多数店頭にございますので、気になる方は是非ともお立ち寄りくださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター