『フランスらしいイタリア靴』。

ども、金曜日は靴のお話。岸本です。


さて今夜も前回に引き続き、一足を詳しく解説していくスタイルで行こうかと思います。



それではh前置きは無しで早速いってみましょう!




今夜ご紹介する靴はこちら。



20150417s1.jpg


『MARNIのアニリンレザーバレリーナシューズ』です。


岸本は昔からこのマルニというブランドが大好きなんです。海外での新品バイヤーの経験から岸本が好きな靴は圧倒的に「フランス靴」が多いのです。なぜならばまずは『履き心地が心地よいこと』。履きやすい靴というとスニーカーを思い浮かべる方も多いと思うのですが、岸本にとってはスニーカーは『気軽な靴』であり、『楽な靴』なんです。岸本にとって『履き心地が良い』とは『気分が良い』と言い換えても良いかも知れないですね。スニーカーよりもより心地よいというか包まれる履き心地というか、とにかくそういった靴がフランスには多いんです。買い付け時にフランス人の人に聞いて知ったのですが、フランス人はとにかく肌も繊細で、服も靴も内側の素材がどんなかをかなり重要視しているようです。履いていて気分が悪い履き心地の靴は必然的に人気がでないらしいのです。さらに岸本がフランス靴が好きなのは『シンプルなのに造形美があって洗練された形のものが多い』 『どことなく知的で優しさが感じられる』ことです。おそらくフランス独特の素材と形への繊細なコダワリがお客さん側にあって、そういった良く見ないと分からない通好みな靴が一般的にも人気があるみたいです。


さて過剰なフランス大好きアピールでしたが、『えっ!!でもマルニってイタリアやんな?』 という方、正解です!!今日一番いいたいのはこのマルニっていうブランドはイタリアブランドではありますが、あまりイタリアらしい靴をつくってないんです。むしろフレンチの古い年代の靴、フランスの歴史を感じるデザインの靴が本当に多いのです。デザイナー自身が50年代のフランスファッションが大好きと過去に聞いたことがあるのですが正にですね。

なので、ここんちの靴は他のイタリアブランドにくらべてかなり履き心地がラクで歩き易いものが多いんです。やはり歩き易くて可愛いければそれが一番!!!ですよね。

色使いもフレンチを意識したものが多く、とても深みのある色をいつも出してくるので、僕は総合的に大好きなんです。



本日ご紹介の靴も先日に書いたランバンの時に紹介したフランスの歴史ある 「バレーシューズタイプ」 です。


これまた素晴らしい靴なので詳しくディテールを説明していきますね。




20150417s4.jpg

本当に美しい発色のレザー…。これぞマルニの真骨頂!!!パープルという色は正直日本では人気がありませんが、ヨーロッパでは本当によく店頭でも街角でも見かける色で、ブラック、ネイビー、ブラウン、ベージュ、ホワイト、グレーなどのベーシックカラ―との相性もとても良い非常に扱いやすい色なんです。しかも日本では身に着けている人が少ない色なので、この色をチョイスするだけでお洒落に見えます。(なぜこんなに日本で紫色が人気ないのかが個人的にはいつまでたっても答えがでないほど謎です。)

トゥ部分が反り返っているのが分かるでしょうか?歩行時にゆりかご運動がし易くなっており、非常に歩き易い設計です。




20150417s2.jpg

上から見た図。 か、かわいい…。写真見てるだけでもこんなにシンプルなのに飽きない…。非常に美しい造形でため息が出ますね。





20150417s6.jpg

マルニの履き心地の良さの理由の一つであるライナーレザーのクオリティーの高さ。かなり小さい時期の子豚をコーティングしてさらにスベスベに仕上げたレザー。このなんとも言えないキャメルカラーがマルニの色と呼べますね。パープルとのコントラストも本当に美しい!!!




20150417s8.jpg

レザーソールだと結構ヘリの早いバレーシューズの欠点を克服したヒール。



20150417s5.jpg

カッコいいマルニロゴ入りのレザーパーツ。実はこれは滑り止めの役割を果たすパーツなんです。これによって前後ずれが起こりにくくなっており、より履きやすい靴になるワケです。見えない部分へのコダワリ。やはりこれが良い靴の条件!!!



20150417s3.jpg

実際に足入れできれば良かったんですが、本日は岸本のみ出勤だったので、無理でした…。

ギャザーになったレザーは実際に履くと足首にピタっとフィットするゴム入り部分です。甲部分に紐もベルトもないバレーシューズスリッポンはこの仕様が一番脱げにくくてラクです。くるぶしに当たる部分もしっかりとパイピング処理と高級カーフの柔らかさで、全くストレスなし!!!!ナチュラルに履けるけど、しっかりと上品でお洒落…。最高。





20150417s7.jpg

前部分のレザーに溝をつけて滑り防止。 こういった気配りができていて高級なのは許せます!!!


20150417s9.jpg

そして見えないハズの靴裏にウサギさんが…。 モノ作りを愛してないとこうはならないよね…。 そしてキュート。





20150417s10.jpg

最後になりましたが、こちらのレザーは「アニリン染め」を施した特殊レザー。ゆえに深みのある発色がでているんです。アニリンレザーとはレザーの銀面(表面)の模様の繊細さがそのまま出る染め方で、傷のないかなり良い状態の一部のレザーしか使用でいないまさに高級レザーです。 鮮明な発色と透明感ある深みが出るのが特徴です。アニリン染料という特殊な染料を用いて行われる技法です。岸本はカバンや靴でこの素材のものをたくさん使ってきましたが、独特なムラ感が経年変化とともに現れてまたそれがなんとも言えないんですよ。履いてるだけで上品になった気分になります。アニリン染料で染めるとかなりソフトな肌触りになるのでとても気分がいいんですよね。

履いていて気持ちがいいというのはなにも体感だけではなく、やはりファッション的な気持ちの高揚も大いに大事!!それが両立できているから、この靴も最高なんです!!!







とにかくシンプル。なのにお洒落。これぞフレンチカジュアルシューズ!!!と呼べる一足をマルニが造ってくれました。

お値段もお求めやすくなっておりますので、気になる方はぜひ。










さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ご清聴ありがとうございました!!






お問い合わせはお気軽にどうぞ





お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター