『PUMAから、変わり種のスニーカーをご紹介』 -part1-

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。





最近の靴ブログはお堅い靴の歴史的な話が多かったので、この辺で気軽な靴の話をしようかと思い、スニーカーを気軽にご紹介(笑)したいと思います。


気軽にとはいえ、どちらも中々珍しい靴ですので、またしてもマニアックな内容になったらごめんなさい。(笑)



それではご紹介です。




20150217s1.jpg


『マックイーン×プーマのハンドペインティング風ボーダー柄?スニーカー』です。




このスニーカー、中々のコダワリ満載靴で、はっきりいってスニーカーとよんでいいのか?というほど、通常のスポーツスニーカーとはかけ離れた靴です。






では詳しくその「マニアックな細部」を見て行きましょうか。



20150217s2.jpg

20150217s3.jpg


まずパッと見て一番印象的なのが、このアッパーのレザーでしょう。

まるで筆で絵の具を塗ったようなハンドペインティング風のプリントが施されています。
リアルに筆跡のようなムラ感をだしつつ、青と赤のボーダー?ラインを規則的に入れた柄はかなり独特で、テキスタイルにこだわって来たこのブランドらしいコダワリ方です。




過去にこのブログで、プーマとデザイナーズブランドとのコラボスニーカーを各ブランドごとに比較して書いたことがありましたが、その時にも書いたようにマックイーンとのコラボレーションについては素材は本家本元のマックイーンが靴に使うようなかなり特殊な加工をくわえたハイコストの素材が使われており、他のブランドより一回り値段も高い傾向があります。

他のブランドはプーマ社のスニーカーのデザインを請け負ったような感じなのに対して、マックイーンはコレクションラインのアイディアにプーマソールをつけてスニーカー仕様にしている!って感じですね。


20150217s4.jpg


マックイーンとプーマのコラボのもうひとつの特徴はプーマの象徴といえるスニーカー側面のラインが無いことが多いこと。
他のブランドはプーマラインを入れて遠目から見てもハッキリとプーマと分かるように作っている事がほとんどですが、マックイーンはあえてプーマロゴを見えないように作ってることが多いのです。

あくまでも個人的な意見ですが、あまりにもそのブランドと分かるデザインはましてや超メジャーブランドものとなるとコーディネート時に『あ〜そのブランド履いてるんやね〜』となって靴にばかり目がいってしまいがちになるので、ロゴマークなどはあまり目立たない方が好きなので、マックイーンのプーマは良いですね。



20150217s5.jpg


フロントアッパーのハンドペインティング風レザーも凄いですが、側面のシボ風(実際はシボではなく毛穴を強調したかのようにエンボス加工?型押し?したレザーです。いったいどういう作り方してるか分からないかなり珍しいレザーですね。)レザーを使い、カカトにはカーフスキンを使うという多素材使いの贅沢仕様。流石はマックイーンって感じですね。



20150217s8.jpg


素材のみならず、よくよく見ると形も結構変わっております。

内羽根式?ながらも、外羽根式のように羽根と羽根の間に1.5cmほど間をとってオーバーラップなどの紐の括り方を可能にして、甲部分のフィット調整は外羽根と同じように出来るデザインです。(紐の結び方によってもフィット感は変わります。紐の結び方の種類も多種あるので、それぞれの呼び名や特徴を知りたい方は岸本にご質問ください)

ドレス風でありながらも、アウトドアなフィット感と機能を備えたデザインです。


羽根接合部のパイピングも洋服に使うような紐パイピングで、貴族感出してますね。


非常にデザイナーズブランドらしいディテールです。



20150217s6.jpg

そしてデザイン性を押すタイプの靴かと思いきや、履き心地への配慮も。

カカト部分の内張りレザーにパンチングで穴開けてます。

こうすることで、カカトが滑ることを防止する効果があるんですが、本来はかかと部分のみ内張りレザーを切り取って、裏革(バックスキンでザラザラした質感のレザー)を表面にすることでカカトの滑りを抑えるのですが、わざわざパンチングしてその効果を出してくるのも中々ないので、こういうとこにも個性と遊びを入れてくるあたりがデザイナーズらしいですね。





20150217s11.jpg

写真では分かりづらいのですが、白ソールとアッパーレザーの間に青の樹脂のパイピングが施されています。恐らく、ソール接着時にできる隙間を後から埋めて水の侵入を防ぐための処理ですが、これがまたデザイニングがしっかりとされていて機能美と呼べるコダワリ部分です。




20150217s7.jpg

そして色へのコダワリがここにも。紐の先の留め具が赤色に。

こういう手抜きなしの感じはいいですよね~。


20150217s10.jpg 20150217s9.jpg

通気穴をしっかりと作っていたり、ソールはしっかりとプーマの技術の入ったスニーカーソールだったりと、スニーカーとしての機能も高いのがなお良し!!!!


まさにハイブランドの造るスポーツ系スニーカー!!!



エレガントで遊び心あって、そしてラクに履ける!!!


これはもういい靴ですよね。











今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ご清聴ありがとうございました。








お問い合わせはお気軽にどうぞ





お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター