『レディースの極上靴をご紹介』



ども、土曜日は靴のお話。岸本です。


今夜は久々にレディース靴を詳しくご紹介しようと思います。


年末年始に入荷した靴の中から、岸本のお気に入りを2足ほどご紹介いたしますので、ご清聴よろしくお願い致します。

2足とも高級ブランドで、いずれも岸本も大好きな靴を作っている素晴らしいブランドなので、かなりのオススメであることは間違いありません!!!







ではでは、早速まいります。




まず、一足目はこちら。



20150110s1.jpg


『ニナ・リッチのシルク×ミンクバレリーナシューズ』です。


このブランド、日本では化粧品などのほうが認知度が高いのですが、パリではバリバリのコレクションブランドで服や靴なども人気の高いブランドです。イタリア人がパリで創業したというなかなか特殊なブランドで、それゆえか、フランスの定番的なシンプルなデザインをベースとしながらもプラスαで色気を足したようなデザインバランスは他にはない知的さとエレガントさを持っていて、岸本は大好きなんです。

あくまでもパリジェンヌの知的さをベースとしているのが主張しすぎてなくてとにかくお洒落だと思うのです。


今回ご紹介のバレーシューズは正にここんちらしさ120%の靴と言えるでしょう。





20150110s1b.jpg

まず、このブランドらしい点はこの靴がフランス靴の定番であるバレーシューズをベースとしていること、パリの町を歩いているとかなりの確率でバレーシューズを履いている人を見かけるのですが、みなさんもパリのスナップなどで見たことも多いのではないでしょうか?まさにパリジェンヌの定番靴といえる形です。

しかもそれをシルク素材で作って、あくまでも知的に、かつエレガントに仕上げている点がここんちらしさですね。




20150110s1c.jpg

まさにバレーシューズの定番といえる木型と形をとりつつも、しっかりと町履きに対応したアンクルストラップをつけて脱げにくくしています。ニナリッチの特徴として履き心地を追求した快適な作りがあるのですが、このへんの工夫や実使用への配慮も岸本がこのブランドを大好きな理由のひとつです。




20150110s1d.jpg

この靴の最大の特徴はこのミンクの使い方。脱げにくくするためのストラップにかなり贅沢に希少なブラックミンクを使用しています。

このあたりがベーシックな他のフランスブランドと一線を画すこのブランドのエレガンスです。素晴らしい!!





20150110s1e.jpg

エレガントなだけではなく脱ぎ履きのしやすさを考えた工夫がここにも。ベルトストラップではなく、ゴム素材で簡単に脱ぎ履きできます。あくまでも快適で軽快!!これがニナ・リッチの靴です!!




20150110s1f.jpg

そして、カジュアルになってしまいがちなバレーシューズの後ろ姿とは思えないエレガントさ。ミンクとシルクの素材の組み合わせでペタンコ靴でもここまで雰囲気がでます。ハイヒールが苦手なのにパーティーに履いていく靴を探している…。そんな方にも超オススメです!!

バレーシューズをベースとしているので、もちろんカジュアルなコーディネートにも合います。使える幅の広さもおすすめのポイントです!!




20150110s1g.jpg

最後まで手を抜いていない作りに脱帽。インソールのかかと部分にしっかりとクッション素材を内蔵しております。バレーシューズの欠点であるクッション性の低さをここでカバーしている訳です。

こういう見えない部分へのこだわり、履き心地への工夫がある靴こそが、本当の良い靴であると岸本は思います。


本当に素晴らしい!!!お洒落でエスプリが効いてて、履き心地もいい!!ニナ・リッチ最高です!!!











それでは、もう一足のご紹介。




20150110s2.jpg


『フェラガモのフェルト×ガラスレザーパンプス』です。



このブランドは今更ご紹介する必要もない靴の巨匠ブランドですが、ここの靴が岸本が好きな理由はやはり履き心地の良さと実使用を考えた工夫です。しかもこのブランドが凄いのは、最新素材を使う訳でもなく、長い歴史で培った木型のバランスとヒールバランスによって歩き安くつくっている点です。ここの靴は古い作り方のレザーソールの靴でも本当に歩いていて疲れにくい。最新のソール素材を使ったプラダなどとはまた違った洗練された職人芸による履き心地には本当に驚愕です。


そんな巨匠ブランドからおもしろい素材を使った靴がみつかりました。




20150110s2b.jpg

この靴の最大の特徴はやはりこのフェルト使いでしょう。フェルト特有の暖かさと、柔らかい雰囲気を使って非常にクラシカルな形で作っています。見た目だけではなくフェルト素材は柔らかく足に馴染むのが早く、そして暖かいので冬には最適。ムートンなどのようなボリュームがつきすぎずに暖かさを得られます。そしてある程度の雨なら問題なく履ける!!これもいいですね。





20150110s2c.jpg

木型や全体フォルムも非常にクラシカル。まるで50年代にタイムスリップしたかのようなカラーと形はビンテージ好きにもたまらないのではないでしょうか。さすがは歴史あるイタリアブランドって感じですね。





20150110s2d.jpg

そして、側面にはガラスレザーを使用して、雨に強い作りにしています。このへんの実使用を考え抜いたデザインがこのブランドの根幹になっているので、岸本はいつも関心してしまう訳です。

流線的で美しいデザインも流石です。このブランドの安定感はやっぱり半端ないですね。






20150110s2e.jpg

冒頭でもお話しした全体バランスの良さ。ヒールのデザインも真後ろから見たら細く足を綺麗にみせつつ、実は縦長にしており、体重をヒール全体で支えて、前滑りを押さえています。この辺のデザインノウハウは靴の長い歴史をもち、しかも実験的に常に挑戦を繰り返してきたフェラガモ独自のものです。





20150110s2f.jpg

後ろ姿の美しさはセレブ靴の条件。ロゴの入れる位置がパーティーなどの社交の場で全面から見られることを意識していることを物語っています。後ろ姿にこだわった靴はまず間違いなく良い!!!これが岸本の持論です。


なんにせよ、クラシックでありながら遊び心もあり、そして歴史ある履き心地の良さと三拍子揃った靴であることは間違いないですね。


フェラガモは日本では中高年の靴というイメージがついてしまっていますが、イタリア本国ではまったくそんなことはない間違いなくトップシューズを作っているブランドなので、ぜひ若い方に試してほしいブランドの一つでもあるので、いちどご試着だけでもしてみてください!!


きっとブランドのイメージが変わると思いますので。









さてさて、2足ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?


いずれも、3拍子そろった素晴らしい靴ですので、サイズ合う方にはかなりのオススメですので、ぜひ店頭にてお試しください。







それでは今夜はここまで。

岸本がお送り致しました。
ご清聴ありがとうございました。







お問い合わせはお気軽にどうぞ





お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460





コメントの投稿

非公開コメント

ニナ•リッチの靴は何センチですか?まだありますか?あとお値段も教えてほしいです!

Re: バッハさんへのご返事です

バッハ様

お問い合わせ頂きありがとうございます。

ニナリッチは サイズが36.5(23.5cmくらい)、プライスが22140円(税込)となっております。

一度ご検討くださいませ。

宜しくお願い致します。



TAU
岸本



> ニナ•リッチの靴は何センチですか?まだありますか?あとお値段も教えてほしいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あけましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
バッハさんの足型には合うと思いますよ!
甲も低めの木型のフランス靴ですので。

ぜひご試着してみて下さいね!


岸本



> 岸本さんへ
>
> 明けましておめでとうございます!
> 私の足入るかなぁ…
> また行きまーす!!
>
> 金子
プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター