『絶妙カラーな靴たち』

ども、やって参りました、土曜日は靴のお話。岸本です。






さて、本日はメンズ靴のご紹介ですが、中々お目見えしない珍しい靴のご紹介をしたいと思います。

とはいっても形は比較的ベーシック。なのに珍しい…。


そんな靴たちのご紹介です。

簡単にいえば「メンズ靴でこの色は無いわ〜」な靴を3足ほど書こうかなと。






それでは今夜も靴ブロブスタートです!



まず一足目はこちら。



20141207s5.jpg

「ポールエヴァンスのブラインドステッチストレートチップ」です。

恥ずかしながら、このブランドのことは良く知りませんでした。最初に見た時に

「おお〜ええ色やな〜!カーフの植物染めやん。ヨーロッパの靴やろうね。うん?どこのブランド?知らんな〜」


となってまして、その後調べたところ、ニューヨークブランドながら、イタリアンレザーを使用したブランドである事が判明したんです。

ただこの靴、後に話しますが、イタリア靴のようでやはりニューヨークと言われれば納得やなと言う点が多数あるんですよ。



ではその辺も含めて詳しく解説です。


20141207s5b.jpg


なんといっても、まずこの靴の最大の特徴はこのカラーですね。本当に写真ではこの特殊なワインレッド系ブラウンカラーが出ていないので、ぜひ店頭で実物を手にとって見て欲しい!と叫びたいくらいの絶妙カラーなんです!何と言っても今回のブログタイトルで一発目にこれを紹介したほどですから!(笑)



20141207s5d.jpg 20141207s5c.jpg

木型はやや甲高幅広のイギリス系に近い木型です。ニューヨークという土地柄はその名のとおり歴史的にイギリスの流れをもっていることが多く、靴も例にもれず、木型や製法などがイギリスよりのものが多いんです。雪や雨が多かったり、寒さが厳しかったりと気候条件が似てるのもあると思われます。この木型が非常にニューヨークらしい点のひとつです。

内羽根式のブローギング無しのストレートチップはドレスアップ仕様で美しく、とてもベーシックな形です。ベーシックな形なのに他にはない深みある特殊カラーってところがかなりポイント高いですね。





20141207s5h.jpg

そしてもう一つの特殊な特徴がこちら。よくみるとステッチが見えないのが分かりますでしょうか?これはブラインドステッチという技法で表面に縫い糸をつけない巻き込み縫いです。この技法の靴は見た目がスッキリしていてクールな雰囲気に仕上がります。ただ伝統的な技法ではなくごく近代のファッションを意識した技法で、どちらかといえば新しいブランドに多く見られます。なので、ニューヨークやパリ、ミラノなどの新鋭ブランドなどに見られる技法ともいえます。木型はイギリス式ながらこのブラインドステッチのクールさを取り入れているバランスが非常にニューヨークぽいと言えますね。




20141207s5e.jpg

調べてみると中々高価な靴を作っているブランドでしたが、やはりインソールのフチ飾りなど目に見えない部分にも凝っている点はその片鱗がみえる部分ですね。


20141207s5g.jpg 20141207s5f.jpg

そしてニューヨークらしいともっとも思った点が製法。グットイヤーウェルト製法を採用していることです。大体イタリアンカーフの植物染めのレザーでブラインドステッチを取り入れた靴なら、ヨーロッパならまず90%以上はマッケイ式かセメンティッド製法です。このへんには理由があるんですが、そこんとこが気になる靴好きの方は店頭で岸本まで。そして本題ですが、本来そうであるはずのこの靴がグットイヤー製法。グットの特徴のひとつは「雨に強い」こと。そうです。この製法を多用するのはイギリス、ドイツ、そしてアメリカです。この辺がかなりニューヨークっぽいですね。


とまあ、色々ウンチク並べましたが、この靴は丈夫な製法でお洒落カラーのなんともお得な靴ってことですね。


普段着はもちろんのこと、ブラウンにワインレッドを足したような上品な靴ですので、スーツなどに履いても良いと思います!!新社会人に来年になる方などはいかがでしょうか?履きシワもなくとても良いコンディションなのでかなりオススメですよ。








続きまして2足目のご紹介。


20141207s3.jpg

「オープニングセレモニーのスエードチャッカ―ブーツ」です。

何度かブランドのことは当ブログでも書きましたし、大阪にもショップが出来て今や有名ブランドの仲間入りなので、その辺は置いておくとして、やはりこの靴もこのカラーリングが最高です!!メンズ靴でこのカラーを可愛過ぎずに仕上げてくれることはほとんどないですし、そもそもこの色自体をほとんどメンズ靴で見ないと思います。

どちらかといえばクロエなどのフランス系レディースのみブランドが得意とする色であると言えます。


20141207s3b.jpg

その絶妙な濃度のピンクベージュをスエード素材を使用することで適度なラフさを足して、メンズとして履けるようにしている非常にレベルの高い一足ですね。ピンク加減?も 「これ以上ピンクだと女子だし、これ以上薄いとただのベージュだし」という絶妙な濃度なのが凄いです。




20141207s3c.jpg

横からみると特殊な木型であることが分かりやすいと思います。まずソールが完全フラットのウェッジソールになっていること。そしてつま先から甲にかけて一直線でアールのない木型です。この靴は一見普通のチャッカ―タイプに見えますが、履くと独特な雰囲気があるんですが、そのへんは店頭でぜひ試着してみてください!!


20141207s3d.jpg 20141207s3e.jpg

内側にしっかりと最高品位の豚革を使用している点も流石のこだわり。紐にワックスを染み込ませた仕様も見た目だけでなく実使用のことを考えていて、ただファッション的に良いだけでは終わらないメーカーのコダワリを感じる一足です。

これもベーシックなチャッカ―タイプに独自カラーを使用したなんとも言えない一足ですので、まだチャッカ―ブーツを持ってないという方にはかなりのオススメです。

ベージュのベタなチャッカ―と同じ使い方をするだけで、2ランクくらい上のお洒落を堪能できますので。

プライスもかなりお求めやすいので、その辺も◎。









さてさて最後の一足は…。



20141207s2.jpg


「マルタンマルジェラのジャーマントレーナー」です。


このマルジェラのジャーマントレーナーについては以前に当ブログで、恐ろしく長い解説を書いたので、ブランドがなぜにこのタイプをここまでプッシュし続けているかはそちらを参照していただきたいと思います。とにかくこのジャーマントレーナータイプはマルジェラの歴史の中で足袋ブーツとならんで唯二?で定番ロングランとなった靴であり、その中でかなり色んな素材と色が造りだされてきた正にこのブランドのアイデンティティーシューズと呼べる一足なんです。


そんな中から今回ご紹介の靴は…。

20141207s2b.jpg

このなんとも言えないボルドーカラー。派手なはずがそんなに派手でもなく独特の落ち着きがある理由は、その素材使いにあります。表革部分にはラムレザーを使用。これは羊の革で非常に柔らかくそして独特のマット感があるのが特徴です。本来は伸びやすいため、靴には使用されずコートやジャケットなどに使われる素材です。それを伸び防止革のついているジャーマントレーナーに使用することで実使用にも耐えてその独特な素材感を堪能できるように作っているワケです。そもそも軍隊の過酷なトレーニングに耐える作りの靴なので、各所に伸び防止の構造が入っているため、その伸び防止の素材部分にさえ強いレザーを使用すれば、今回のような靴に適さないラムやラクダなども使用できるワケです。そこがこのモデルに色んな素材感や色合いが存在する理由です。




20141207s2d.jpg 20141207s2c.jpg

横部分から見たスエード部分は全て伸び防止材です。ここに耐久性の強い素材を当てるわけです。今回はこの部分にカーフスエードの肉厚なものを使用して耐久性もバッチリ!!に仕上げています。ラム×カーフスエードという組み合わせもかなり珍しいので、この独自の雰囲気を作り出しているんです。インソールに元ネタのデータ、使用素材を明記してくるのもこのブランドならでは。まるで博物館のようです。



20141207s2e.jpg

そしてこのブランドのアイデンティティーといえる背後の白ステッチ!!!服も靴もこのステッチひとつで品格が上がる!!!マルジェラと一目でわかるファン卒倒?のディテールです。(笑)




20141207s2f.jpg

そしてこれもマルジェラらしいナンバータグ。カテゴリーを表示するナンバーと○マーク。これは22に○入っています。つまりは靴ってこと(笑)。

この辺のナンバリングについても以前のマルジェラ靴のときに書いておりますので、お暇な方はそちらもどうぞ。(笑)



ラムを使用することで他にはない柔らかさを持たせているので他のジャーマントレーナーよりさらに柔らかい履き心地もウリの一足です。そしてこの独自な赤系シューズ…。

全身モノトーンで足元だけこの色を差す!!!とかがパリテイストでここんちらしいのでは。



マルジェラファンもそうでもない方も扱いやすい一足。お値段もお求めやすく出てますので、最初のジャーマントレーナーとしては優秀ではないかと。









3足それぞれがメンズ、特に日本ではお見かけしない絶妙カラーですので、一度店頭にてその色をご確認ください!!

足元でお洒落するスタイルは中々いいですからね。







では今夜はここまで。


岸本がお送り致しました。
ご清聴ありがとうございました。





お問い合わせはお気軽にどうぞ


お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460




























コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
ご質問なんですが、ジャーマントレーナーはおいくらでしょうか?
あと、インスタグラムに乗っていた虎のニットパンツも詳細知りたいです。
差し支えなければよろしくお願いします。

Re: Sさんへのご返事です

お問い合わせいただきありがとうございます。

ジャーマントレーナーは¥26460(税込)となっております。

インスタ掲載のタイガー柄ニットパンツは、サイズが28インチの細身で、価格は¥9720(税込)です。

宜しくお願い致します。




> いつも楽しく拝見させて頂いてます。
> ご質問なんですが、ジャーマントレーナーはおいくらでしょうか?
> あと、インスタグラムに乗っていた虎のニットパンツも詳細知りたいです。
> 差し支えなければよろしくお願いします。
プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター