『YUKETENという靴。』 -後編-

6lBW4r0tn4_yuketen.jpg




ども、火曜日は靴のお話。岸本です。


このまえの土曜日靴ブログで、ホームページ掲載分の 『ユケテンの靴』 を順番にまず半分にあたる5足をご紹介しましたが、本日は残りの半分のご紹介です!!



ではでは、早速いってみましょうか。





まずはこちら。



20141028y1.jpg


『シュランクンレザー、モカシンブーツ』 です。

なんといってもこの靴の最大の特徴はその革質。アップ写真でみると良くわかりますが、「しわ」が入っていますね。

これはレザーを揉む特殊な技法で、いわゆる革を「縮める」ような鞣し加工によって革を柔らかくして履きやすくする技法です。縮む(シュリンク)の過去分詞形のシュランクンを用いられています。

クローム鞣しとシュランクン加工によって、独特のシボがでます。それによるラフな雰囲気も特徴の一つですね。



20141028y2.jpg 20141028y3.jpg


これぞユケテン!!!というモカシン縫いのブーツ!!!

ただ、シューレース部分にアイレットではなくボールベアリングを搭載して近未来的なディテールが入っており、初期のころのアメカジ120%のユケテンとは違った進化を遂げたモデルです。ラフで無骨に見えて繊細なディテールと使い心地の良さを持っている新型モカシンブーツと言えますね!!

後ろ姿はハンドステッチが目立ってカジュアルでアメカジ度120%。

アメリカのディテールが70%くらい占めているのもユケテンらしくて良いですね!!アメカジ好きな方もヨーロッパスタイルに履きたい方もOK!!な独自バランスが◎。


そして色が写真では分かりにくいですが 『ダークグリーン』 なかなか日本ではお目にかからない色なのでぜひ店頭でご覧ください!!



20141028y3b.jpg

木型はコバの張りによってごまかされていますが、実はそんなに無骨ではなく洗練されたやや細身の綺麗なラウンドトゥです。ユケテンはカジュアルモデルほど木型はキレイめを合わせてくることが多いので、やはりここのデザイナーは「こんなんなかったやろう?」とほくそ笑んで(笑)つくっているように岸本は勝手に想像しております(笑)。





つづいて2足目


20141028y4.jpg

さきほどと同じモデルの「オールブラックカラー」。

全てが黒…。

ここまで潔い黒は中々見ないですし、まずシュランクンレザー使ってるのに真っ黒であえて質感を抑えるなんてある意味タブーです。

やはり今までなかった組み合わせを実験的に作ってくるのがいまのユケテンってことですね!!


20141028y6.jpg 20141028y7.jpg

シュランクンレザー×黒の質感は独特です!!

シュランクンレザーが生まれた背景にはいろいろと歴史があるのですが、その辺は店頭で岸本に聞いていただくとして、なんといってもシュランクンレザーは 「最初っから柔らかくて履きやすい」のがウリ。革靴が伸びて自分に合うまで我慢できん!!!という方にはかなりのオススメです!!(笑)

真っ黒ですが、ボールベアリングの質感とシボ感あるレザーとのマッチで決して地味にならないのが凄いです!!近未来感あるこんな感じのモカシンブーツは本当に珍しい。

かなりの珍品ですね。コレ。

ちなみにこのフランス式ボールベアリング搭載にも余談がありますので、また店頭にて。


20141028y5.jpg

はい。そして「コルティ―ナオリンピック記念ソール」。


1956年1月26日から2月5日まで、イタリアのコルティーナ・ダンペッツォで行われた冬季オリンピック時に登山靴などに使用されたソールをあえて搭載!!!

アウトドア感を出すにしてもこのデザイナーやっぱりマニアック過ぎや!!!


ちなみに製法はブラックラピッド製法です。






そして3足目。



20141028y8.jpg

『2TONE プレーントゥシューズ』 

レザーソールを搭載した高級シリーズ。レザーソール搭載モデルは新品でも日本での取り扱いが少ないので、中々貴重な一足。通常ユケテンの約1.5倍ほどプライス高いシリーズです。


通常この形の場合は内羽根式のドレスシューズになるのですが、そこは流石はユケテン…。

こっそりと外羽根式…。よってドレスにもカジュアルにも使えます。ほんまにマニアですな。



20141028y9.jpg 20141028y10.jpg

極上カーフを使用しておりますが、厚めにカットしており、丈夫さも兼ね備えております。この辺はアメリカっぽい!!でも表面上はヨーロッパっぽい!!!どっちやねん!!!って靴がほんと最近のユケテンには多すぎる!!(笑)

羽根部分の飾りもとても秀逸で美しすぎる一足ですね。

製法はブラックラピッドを採用しているので、足馴染みも最高です。自分の足に沿ってくる楽しみを味わえるのが新品の良いところ。新車に乗る感覚ですね!!最高です!!


20141028y11.jpg

ステッチングを目立たせないために手作業でフチ塗りが施されたクラシックソール。

このシリーズが高級なのはこういった手作業ゆえのディテールがあるから…。

職人の入魂の最高の履き心地の靴…。これはもう買うしかないでしょう!!(笑)






さてさて終わりが近づいて参りました。

4足目。



20141028y12.jpg

『オールデンタイプスエードシューレースブーツ』です。


こちらも上の2トーンシューズと同じくレザーソールシリーズです。その名のとおりオールデンの編み上げブーツをイメージソースに持った一足。

潔い黒を採用しながらも素材をスエードにすることでどこか柔らかく優しい雰囲気に仕上がっています。レザーソール搭載モデルはドレスを意識したものなんですが、そこにあえてこういう「固くなりすぎない素材」を持ってくるあたりに余裕を感じずにはいられません。


20141028y14.jpg 20141028y13.jpg

オールデンを意識しながらも木型とトゥの角度は独自。歩き易く、指の動きに自由度を与えた造りなので履きやすさはオールデンを凌ぐと思われます。製法もオールデンのグットイヤーに対してブラックラピッドなので、足馴染みの速さでもオールデンを凌ぐでしょう。

オリジナルを超える部分があること。これはパクリではなくオマージュですね。



20141028y15.jpg

刻印とハンドメイドの塗りが風格を感じさせます。ユケテンのレザーソールシリーズは他のシリーズと違った世界観があって、僕自身大好きです!!!

ぜひ店頭で実物をみて、試着してみてください。履くとわかりますので(笑)。






それでは最後の一足いってみましょう!

20141028y16.jpg

『イタリアン×アメリカ、セミブローギングシューズ』 です。


見ての通りのスエードストレートチップですが、なにがイタリアンでなにがアメリカかって?

それはこちら。


20141028y17.jpg 20141028y18.jpg

吐き口付近のパイピング処理。これは「素足で履いてもくるぶしを傷めない」イタリア方式の技術です。そしてソールはビブラムのレンガソールを搭載。これは完全にアメリカンカジュアル仕様。

本来ユケテンは吐き口にパイピングを用いない切りっぱなし加工がほとんどのブランドですが、あえてこのモデルにはかなり滑らかなパイピングを施してきています。

なのにスエード使用でブローギングありのストレートチップしかもレンガソール搭載…。とカジュアル仕様なんですね全体的には。

「アメカジ靴を素足で履いてイタリアンに着こなして!!」

というデザイナーの隠れたファッション的メッセージを感じてしまった一足ですね(笑)。


20141028y18b.jpg

で、コバが大きく張り出したカジュアル仕様なのに木型は細い!!! 「カジュアルと思って履いたら、案外キレイめやなあ…。」

と消費者をいい意味で裏切るのがこのブランドの得意かと(笑)。



普通の靴つくるのが相当にイヤなんでしょうねきっと。しかもかなり靴を知ってる人間しか分からないような 「他の靴にない…」 をやってくる。



靴が好きな方は一度ユケテンの靴をご覧ください!!!

本当にマニアックですからね。



ここで描ききれないインソールのコダワリなどまだまだヤバい点ありますから。

まあその辺は店頭で岸本と談笑しましょう。(笑)




もちろん靴好きじゃなくただファッション的にカッコいいのが好き!!!って方にも超おススメですよ!!今回のユケテンはとにかく履いたときにカッコいいですからね!!!(笑)




ではぜひ店頭でご覧くださいね。





今夜はここまで。岸本がお送りいたしました。

ご清聴ありがとうございました。





お問い合わせはお気軽にどうぞ


お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460


























コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ニシムラさんへのお答えです。

お問い合わせいただき有難うございます。


4足目のブーツはサイズは9(27cm前後)で¥43740

5足目のストレートチップはサイズ9(27cm前後ですが少し木型細めです)プライスは¥39420


となっております。


一度ご検討ください。

宜しくお願い致します。




TAU
岸本

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ニシムラさんへのご返事です。

いつもお問い合わせ頂きありがとうございます!!

遠方にお住まいの方には本当に申し訳ないのですが、基本的に通信販売とお電話によるお取り置きは致しておりません。

ただ、ご来店直前にお電話いただき、在庫確認をしていただいて、確実にご来店いただける場合などは善処したいと思いますので、一度ご相談いただければ幸いです。

大変申し訳ないのですが、宜しくお願い致します。


TAU
プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター