MIUMIUという靴。

ども、今夜もやって参りました土曜日は靴のお話。岸本です。



今夜はまたしても、新品バイヤー時代に一番行っていたイタリア。イタリアに行ってたころに良く履いていたブランドの靴のお話です。



岸本がフィレンツェのバイイング時にお世話になっていたブランド「PRADA」。


そしてその姉妹ブランドとして有名なブランド…。


それが今夜のお話しする靴のブランドです。


といってもすでにタイトルで言ってしまってますが(笑)





そのブランドとはこちら。




20141011m.jpg




今夜はMIUMIUの靴についてのお話です。





そもそも、良く勘違いされるのですが、「MIU MIUはPRADAのセカンドラインだ」と思われている方も多いようですが、それは違います。プラダが比較的「ON」の服なのに対して「OFF」の服。休日などのリラックスしたスタイルをイメージした姉妹ブランドそれがMIUMIUです。

つまりはクオリティーやプライスを下げた買いやすいラインではなく、使う場所や時間を変えた設定のブランドです。

MIUMIUという名前もミウッチャプラダの幼少期の呼び名で、自分らしいプライベートな時間に着る服、履く靴をイメージしたラインといえます。


いまでこそミュウミュウはレディースラインしかなく、プラダの「姉妹ブランド」と言われていますが、実は1993年のデビュー当初にはメンズラインも存在していました。もしメンズも継続されて今もあったら「姉妹」ではないのでなんと呼ばれていたのでしょうか?

…。

…。

とまあ、そんなことはさておき、プラダと比較して靴の特徴を述べると、「実験的な遊び心ある形や色、素材を使って可愛らしく仕上げた靴が多い」ことが特徴です。

とくに多く観られるのはエナメルのパステルトーンなどを駆使したカラーシューズ…。

そこに近未来型の最新ソールを搭載したモデル。


それがMIUMIUらしさですね。




ただ、そんなMIUMIUの中にも「ややPRADAより」なモデルがあります。

本日ご紹介する2足はそんなMIUMIUとしては比較的めずらしいタイプの靴となります。



それでは早速見てみましょう。




まず、一足目は




20141011m3.jpg

「スエードストレートチップZIPショートブーツ」です。

見ての通り非常にシンプルかつ細身の木型で美しいモデルです。



20141011m1.jpg

コバの張った本来はイギリスの重厚なボタンブーツなどに多い形ですが、それをあえて細身のスッキリした木型でまとめてきたところがかなりマニアックです。素材も表革ではなくスエードしかもかなり粗くバッフィング(ヤスリがけ)したラフスエードを使用してカジュアルかつ無骨な雰囲気…。でも木型はスッキリなので履くとキレイ…。

そしてラフスエードなのにストレートチップでドレス意識を持った靴…。

なんとも言えないバランス感覚がミウッチャらしくて素晴らしいです。




20141011m4.jpg

上にも書きましたが、イギリス地域の重厚なブーツに酷似した形…。

雨の多い国に多い造り方をあえてデザインソースに使ってくるのが流石はミウッチャ。

この人は絶対かなりの靴好きで、色んな国の靴を履いてきた人だと岸本は思います。いつもいつも「それをベースにもってくるか~」と唸らされることが多いんですよ。ミウッチャさんには。



20141011m7.jpg

そしてMIUMIUの特徴のひとつであるインナーレザーの色のセンスの良さ。

カーキグレーをブラウンに合わせてくるなんて素晴らしいセンスです!!!脱ぎ履きの時もお洒落…。こういう見えない所へのコダワリが大人のお洒落ではないでしょうか?



20141011m6.jpg

そしてサイドではなくバックにZIPを持ってきたこのデザイン。

パンツを履けばZIPは隠れます。

あくまでも脱ぎ履きを楽にするためのものであるってことですね。

後ろ姿も足首を細く見せてくれるかなりシェイプされた美しいフォルムですね。流石です。




20141011m2.jpg

そしてMIUMIUの最大の特徴である「最新型ソール」。

岸本調べによると近年のPRADA、MIUMIUはソールの開発費に莫大な費用をつかっており、専用の自社ソール工場で新しいソールの開発を極秘技術で行っているそうです。PRADAグループが莫大な利益をあげていることがバックボーンになっているようですが、中々ファッションブランドでここまで履き心地を追及してくるブランドはいままでなかったので、これは驚異的であるといえます。

いつも新しいパターンのソールを発表してくるので、毎シーズン、ソールを見るのが楽しみで仕方がない(笑)ブランド。それがプラダ・ミュウミュウです。

今回のブーツのソールも独自の樹脂ソールを搭載。

20141011m5.jpg

溝の深さなどは一見ワーク・アウトドア系ですが、その溝の向きなどからはアスファルトなどの都会の平たい路面のスリップを抑えるのを想定していると分かります。ソールのパターンや溝の深さ方向などである程度「どこで履くための靴か」は推測可能です。

くわしく見分け方を知りたいひとはぜひ岸本まで。



とまあ、要所要所を見ていくと「イギリスクラシック靴をイメージしつつ、アウトドアカジュアルの様でいて、じつは都会をドレッシーにも歩けるように作られた未来的なソールをした靴」というなんとも不思議な一足が出来上がっているワケです。


プラダとミュウミュウが凄いのはこの多要素をかなり高いレベルで融合したため、ビンテージやアンテークの服からデザイナーズのハイテクな服まで幅広くあってしまうところです。



しかも来春に活躍しそうなブラウン…。

これはいいですよね。








続いてはこちら。


20141011m8.jpg

「ムートンハイヒールZIPブーティ」です。


MIUMIUのもうひとつの特徴 「ハイヒールなのに安定して歩き易い」 。 これもそのブランド特性上、休日のショッピングなどで歩くことを想定していると思われますが、バランスの良い歩行に適したヒールものが多い。

今回のムートンブーツもそうです。

20141011m10.jpg

とにかく柔らかい上質のムートンを使用していて履き心地は最高です!!植物染料による絶妙に深みのあるカラーも最高!!!来春のプラダの提案にも似たすばらしいブラウンです!!


20141011m13.jpg

靴自体が膨張してみえるムートンレザーシューズですが、センターシームをいれたフレンチスタイルでスッキリと縦長効果を出しています。

MIUMIUはイタリアブランドですが、靴に関してはフランスに近いことをしていることが多いのも特徴です。その辺はまたくわしく店頭にて。

とにかくミウッチャの作る靴は世界中の国のいろんな靴をアイディアソースにつかってくることが多く、靴好きとしては「おお~!そうきましたか!」と感動をくれるので、僕自身大好きなブランドのひとつなんです。

靴の基礎知識をしっかりと持っている上で遊び心をもって新たに実験的な靴を作ってくる、そして最新ソール技術で履きやすい…。そんな靴をつくっているブランドって中々ないんですよ。ホントに。





20141011m11.jpg

飾りのベルトの内側にZIPが。脱ぎ履きがしやすくなった上でデザインでベルトを付けているアタリがここんちらしい実使用時のコダワリと配慮です。そういう部分でもストレスがない良い靴ですね。



20141011m12.jpg

ベルトのデザインによりムートンなのに引き締まって見える後ろ姿…。ヒールのカーブも美しすぎる…。


やはり横や後ろからも見られることを意識したセレブ靴ですね。素敵です。



20141011m9.jpg

状態も最高です。この冬の主役間違いナシ!!!な一足ですね。






MIUMIUが立ち上がった初期のころ、PRADAと合わせてよくメンズを買っていました。

プラダをより可愛く、面白いアイディアで創ってくる靴。それがMIUMIUの靴でした。

メンズが無くなってしまったのが本当に残念なブランドですね。

とにかく履きやすくて遊び心を足元に足せる靴。






そんな靴を一度履いてみてはいかがでしょうか?






今夜も岸本がお送り致しました。

ご清聴ありがとうございました。





お問い合わせはお気軽にどうぞ


お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター