岸本と言えば…。この靴です。

ども、火曜日の夜は靴のお話。岸本です。





さて、今夜は過去のブログでは何度かこのタイプの靴の紹介の際に話したことがあるのですが、岸本が「一番所有している靴の形」の靴のご紹介です。




ちなみに岸本はこの型の靴が大好きすぎて、バカじゃないのかというくらいの数と種類を所有しています。(うわさによるともうすぐこの形の靴だけで3ケタに届きそうとか、なんとか…。)

とにかく5年くらい前は毎日のように履いていたので「岸本さんのイメージは…」とまわりの方々から言われるくらいの岸本アイコン(笑)だったんです。(夏も冬も関係なく履いておりました。) そんな大・大・大好物の靴を今夜はご紹介です。







という個人的な趣味もさることながら、たまたまこの秋冬にそのタイプの靴がトレンドにハマって、割と色んなショップでお見かけするので、本日はメンズとレディースでそのタイプの靴の話をしようかなと。(笑)




では、ご紹介いたします!その靴とはこちら。




20141007e17.jpg

ズバリ!! 「エンジニアブーツ」 でございます!!



よくエンジニアのことを店頭で話していると

「そんだけ持ってる中で一番はどれですか?」 と聞かれます。正確にはそれぞれの良さがあって明確に1番はコイツとは言えないんですが、「おすすめのエンジニアってなんですか?」と問われたら初めてエンジニアを買う人には今からオススメする2ブランドをご紹介する…。そんなエンジニアの中でもド定番の2足を紹介したいなと思います。



まずはメンズから。



20141007e6.jpg

「チペワのブラックタグショートエンジニア」です。


もはやメジャーすぎて細かいことを言う必要ないブランドですよね。

でも、ここのエンジニアをなぜに勧めるかといえば 「まずは無骨で男っぽいこと」 「丈夫」 「木型が細くなくて良い」 っていうことです。

個人的に「なぜエンジニアブーツが好きなんですか?」と聞かれたら即答で 「男の恰好良さがあるから」 と答えます。


岸本がエンジニアに求めるのは男らしさです。そして男らしさとは小さいことを気にしないこと。 ガンガンにいつ履いても壊れない!!汚れてもボロボロになっても恰好いい!!脱ぎ履きが簡単でお出かけの際に細々しない(笑)!!大半のコーディネートに合って、男っぽくしてくれる!!

そうこれぞ男の靴!!!なのであります!!

なので、最初の一足は本物のワークやバイカーが使用できる造りのものがいい。

あくまでも個人的見解ですが、その形をず~~~~~と前からファッション関係なく作ってた…。
そんなブランドが◎。岸本はそう思うワケです。




とまあ、力説しましたが、今回ご紹介の2足も歴史的にもエンジニアをアイコンとしてきた2大巨頭とよべるブランドなので、かなりオススメなんですね。


今回ご紹介のチペワはビンテージで古い年代のモノです。


20141007e7.jpg 20141007e8_201410072125128c6.jpg

歴史あるブランドのビンテージは時代を越えた格好よさがありますね。


20141007e5.jpg

20141007e11.jpg 20141007e10.jpg

恰好良すぎる歴史を感じるディテールこれぞビンテージエンジニアの魅力。



でも、そんな年代物のなかでも今回のチペワは一味違います。




20141007e9.jpg


そう、ショート丈なんです!!!普通のエンジニアの約6割くらいの丈感…。 この丈のビンテージっていうのが価値がある!!


なぜならこの秋冬は「ショートブーツ」がファッションアイコン!!!


ファッションの最先端でそれでいてビンテージの風合いがある!!! これって最高ですよね!!



20141007e3.jpg

スチール入りの本気仕様。それゆえの先のポッコリした木型…。

この無骨さがチペワの魅力!!!




20141007e4.jpg

ガチガチに固いワークソール。丈夫さは天下一品!!!

何よりもインディアンモチーフの入ったビブラムソールが恰好よすぎ!!!

これぞ男の美学!!!


本来は岸本は履きやすい靴が良い靴であると説いていますが、何個かの種類の靴は「履き心地もサイズ感も関係ね~~~~~!!!」ってなるものがあります。エンジニアはその最たるもので、岸本自身、大きすぎるサイズ、状態もボロボロ、履き心地も固くてしんどい…。でも買っている靴です。


なんども言いますが、エンジニアブーツに求めるのは「男らしさ」であり、「サイズあってないなー」とか「履き心地がソフトじゃないとイヤだなあ…」とか細かくて女々しいことはナシ(笑)!!!なんです。

恰好良ければそれで良し!!!なんです!!(笑)





と熱くなってしまいました…。



ここいらで、一度クールダウンして女の子のエンジニアの話を。



20141007e2.jpg

レディースからは「フライのエンジニアブーツ」をご紹介です。


このブランドのエンジニアは新品の例えばギャルショップなどにも置かれているくらいメジャーでここのエンジニアを見たことある女子はかなりいると思います。


20141007e16.jpg

このマーク見たことある方も多いんじゃないでしょうか?

セレクトショップからギャルショップまで本当に幅広い展開で街にあふれております。

そんな状況から案外ポップな女子用のブランドと思われがちなブランドなんですが、実は…。



20141007e13.jpg

1863年創業のアメリカ最古の靴ブランドなんですよ!!!!これが!!

だって、独立戦争の時に軍にブーツ支給してたんですもの!!!

案外知られていない歴史あるブランド。それがフライというブランドです。



なぜそうなったかというと

チペワやレッドウイングは変わらない格好よさを追及して基本の靴構造は変えずに昔の製法を守ってきたため歴史あるブランドと思われました。

フライは時代に合わせてインソールやアウトソール、レザー素材なども臨機応変に変えて時代にフィットさせてきた。

だから比較的レディースなどのキャッチ―な場で見かけるワケです。



ここのブランドの良いところは見た目は無骨な割に履きやすいこと。年代によっても違いますが、基本的にソールにクッション性があるのでこうなる訳です。



20141007e14.jpg

今回ご紹介のタイプは一番オーソドックスなレディースの定番です。

丈も長すぎず、短すぎずでコーディネートしやすい。最初の一足としては最適と言えます。


20141007e1.jpg

ただし、レザーもしっかりとオイルドレザーを使って水を弾いたり、このソールもオイルに対応した本格派です。この辺がエンジニアを100年以上つくってきた安心感を感じます。

適度に無骨なのでマニッシュスタイルに使うのも良い一足ですね。

ウールのコクーンやオーバーシルエットコートなどに履いて今年らしく履いてほしいですね。


20141007e15.jpg

ちょっと消えてしまってますが、「オイルレジスタント」の文字が…。

「オイル弾くよ~~~!!!」ってこと。

もちろん水、雨OK!!!

雨靴としても履いてください!!!






とまあ色々書いてきましたが、実はここでは書ききれないというかまだまだ細かい部分のコダワリある2足です。

定番ブランドの定番アイテム…。


最初の一足としてまず間違いないと推定で関西一エンジニアを所有している岸本が太鼓判を押します!!(僕以上に持ってるかたがいたらすみません…。)


ファッション的にも本当に幅広いコーディネートに使える靴なので、持ってない方はぜひ!!!







今夜も岸本がお送り致しました。

ご清聴ありがとうございました!!





お問い合わせはお気軽にどうぞ


お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター