追記 … 「これ絶対に欲しかったのよ…。」 

0485.jpg

お待たせ?いたしました。 これでほんとに最後の最後。 追記です…。


時間があまりなくて、書ききれなかった、

「これ、めちゃめちゃエエやん!!!絶対お客さんにお薦めして売れてほしかったし、売れんかったら自分がお客さんとして絶対買いたい!!」

という商品のことをこの場を借りてお話したいと思います。しばしお付き合いお願いします。


最後の回でも写真掲載した上のアイテム…。


僕は最終日の大雪のなかで、朝TAUに着いてこう思いました。


「雪できっとお客さんは今日はほとんど来ないだろうな…。でも、こんなにええ商品を俺は売り切れてないなぁ…。もっと情熱込めて伝えることできたら、きっとこいつらもお嫁にいけてたのになぁ…。くそ、悔しいなぁ…。」



と思いながら掃除をしていた時、



「そうや、俺は今日でいなくなるけど、商品はまだTAUにあるんや。最後のブログで自分の大好きな、ぜひお薦めしたかった、お嫁にいけなかったヤツラを愛情込めて紹介しよう。」


と思いつき、写真を撮り始めました。




それではたった2週間ではありますが、この商品たちを朝も晩も見続けて、感じた僕の気持ちを書きます。



1.30’S スクールJKT … これこそが先日もブログに書いた「乗りグセが全くついてないオールドフェラーリのような服」の代表。この時代のものでノーダメージ。パーツも裏地も完璧。そしてなにより胸の刺繍、ストライプの柄、色、そしてサイジングが今の細身に完全対応してる。まさに奇跡の一枚!!!


2.ジョッパーPANTS … TAUを代表する一品。TAUのビンテージのなかには安価な物も存在します。こいつは約\8000。(安)まるでラルフローレンがやりそうなクラシックなツイル生地を使用していて、なおかつ今季きそうなオフホワイト。このアイテムにクラシックなビンテージJKTを合わすもよし、パーカーなどでカジュアルダウンするも良し!!! 個人的に昔からジョッパーパンツを古着で集めていた人間なのでこいつはいいですよ!! ぼくはかなりド変態な格好に使ってましたが、皆さんは綺麗にシックに使ってください。(笑)


3.Leeのカバーオール … 僕が初めて自分が着てみたいと思ったカバーオール。こちらもビンテージなんですが、そんなことよりも色・形・サイズ感が抜群で、近代的な感じに着こなせる一枚。どこかのデザイナーがアイディアをパクリそうなそんなアイテム。あえてクラシカルにグレーのシャツなどをインナーに着てみたいですね。


4.Clifornianのレザーコート … こいつもバリバリのビンテージ。あえて年代は伏せておきますが、そのウールとのコンビネーションは「まさに古き良き時代の申し子。」 正直なんでこいつがまだ残ってたのかは僕の中の七不思議でした。サイズもバッチリなので、即完売するアイテムなのに…。…てか欲しい。


5.LeeのGジャン … 個人的には古着で良く買ってたもののひとつがGジャンでした。が、こいつの色落ち具合、コーデュロイの使い方、タグが可愛すぎること。そしてまたしてもサイズが抜群!!!で実はご紹介してるなかで一番に欲しくなったのはこいつ。(たぶん買う)


6.極古のウエスタンシャツ … 僕はウエスタンシャツが似合わないんですが、実はものすごくビンテージ好きなお客さんが来店されたときに 「このウエスタンやばいですね。ステッチの細かさとかボタンとか、細部処理がかなりキテマスわ。というかこのサイズ見つかるなんて…」と絶賛されてるのをみて、その方が帰ったあとにこっそり試着。(笑)ほんまに新品にはない凄まじいオーラを発していることに情けないことに初めて気づいてそれ以来「お気に入りのコーナー」に飾ることに。(笑) 似合わなくても着てみたいやつ。


7.名もなきレザージャケット … 僕の大好きなTAUのレギュラー。年代とかメーカー名とか一切不明ですが、その色、カラーなどの形、シルエットの美しさ、ライナーが赤のチェックなこと…。などビンテージじゃなくてもそんなん関係なくええわ!!!と思う一着。なんとこいつが一万円前半…。 またこいつは袖を通すと「な~んかほのぼのする。な~んか好き!」って思ってしまう変な感じがあるやつです。天然キャラみたいな。(笑)気になる方は一度袖通してください。いってる意味がわかると思います。(笑)


8.スーベニアシャツ … これだけ長いことファッション業界にいながら呼び名さえよく分からないくらい興味が無かったアイテム。(ブログアップのためにrroommのM氏に名前を聞く電話かけました(苦笑)) TAUに立って、お客さんに着せているうちに段々と「これかっこええなあ」となり、自身も試着しまくり、「俺が着たらファッションじゃなく、完全にクローズのキャラやんけ。」とブツブツと一人ごとをいいながらも気になり続けて、最後は「もうクローズでええやんけ。」と紫のヤツを買う気でお気に入りコーナーに置いてたら、あっさり知り合いに買われてしまって(怒)、もう一個のこの色にするか悩み中の一枚。


9.EAST WESTのレザーJKT … もう何もいうことはありません…。かわゆ過ぎます…。ただサイズが小さいんです…。 もし自分が165センチの細身の人間だったら…。だってこれ3万円代なんすよ…。骨格細くならんかなぁ…。 な一枚。(EASTWESTの説明こんなんでええんかい。(笑))


10.ビートルズのビンテージスエット … 特別ビートルズにやられた人間ではないのですが、ただいま週間モーニングでビートルズがこの世からいなくなったらというマンガを読んでまして、「やっぱりいなくなったらアカンやろ」という思いがあり。(笑) いやそれは冗談で、このスエットはもろにビンテージの「丸みある」シルエット、白なのに汚れナシ、サイズもバッチリ!!!と絶対に買い。


11.D&Gのグレイボーダーニット … ヨーロッパを飛び回ってインポートアイテムを仕入れまくってた頃を思い出した商品。とにかくフランスやイタリアのお洒落さんは「グレーアイテム」も「袖丈着丈の長いインナー」も良く着ていました。僕のTAUの魅力の一つがこういった近代デザイナーズアイテムが安価で手に入ること。TAUにたって気づきましたが、僕にとっての古着屋さんの魅力はビンテージはもちろんですが、イタリア・フランスなどのデザイナーズが「なんでこの値段なやねん!!!」で買えること。(ちなみにこのニット\8400ですよ!!)新品屋からしたらありえん。 アメリカ物のバリバリの年代物とこういったヨーロッパレギュラー物を好き勝手に混ぜ合わせて(笑)独自のファッションスタイルにしてくださいね。料理の楽しさですね。このニットは大根みたいなもんで、主役ではないけどかなり存在は大事。みたいなやつでホンマに欲しいニットです。


12.軍物のツナギ … ビンテージのツナギです。個人的にツナギやオーバーオールは大好きで、腰に巻いたり、上から何か羽織ったりして色々とアレンジきくのでいいんですよね。人とも差がつくし。福岡くんもかなりのツナギ好きらしく、良くクラシックなビンテージJKTの下に腰に巻いたツナギを合わせてカジュアルダウンしてますね。福岡くん自身が好きなのでかなりこだわりのあるツナギがあるのもTAUの特徴の一つですね。


13.チペワのエンジニアブーツ … NORTHWESTのエンジニアをTAUで衝動買いしたにも関わらず、こいつにも何度も試着アタックかけました。(笑) つまりこの形が好きすぎるのです。実はわたくしかなりの靴好きでして、昔2階建ての一軒家(借家)に住んでいた時に靴の量が凄過ぎて2階の床が重さで陥没…。大家さんに呆れられるという経験があります。そんな中エンジニアペコスは似た形だけで30足は持ってるマイフェイバリットブーツなんです。ブーツインしても良し。短パンに合わせてもカッコイイ!!(実は昨日調子乗って短パンにエンジニアで町をうろついたら風邪ひきました。夜はまだこのスタイルはダメです。(笑))
この形を持ってない方はぜひチャレンジを!!!


14.ゴーストバスターズ … 小学生のころに父に連れられてグレムリンともども一日で見た記憶があります。その当時から最近までは映画キャラとして見てましたが、TAUで発見したこいつをみて「単純になんかええ柄やな」となりまして。ただ細身すぎて私は入りませんでした…(泣)。酒やめて痩せます…。(泣)
個人的にはクラシックジャケットなどの中に着てカジュアルダウンに使いたいですね。(痩せないと使えないんすけどね…。若いやせ形のかたは絶対お薦め!)





とまあ、メンズはこんな感じなんですが、14日の大雪の日にこの「TAUよありがとう!!俺の大好きなアイテムはこいつらだ!!」特集の写真撮りの最中に、先のブログにも書いた 「会社を早退してまで来てくれた」 Yくんが来店。そして気になっていたという1のスクールジャケットを購入。そしてその後にいろいろ着ていただき、提案するうちに11のD&Gのニットとここには乗ってませんがぼくが気にいってたグレーのウールシャツまで買ってくれたんです。(嬉)


最終日に売れ残してしまうと思ってた矢先に、僕の愛するアイテムを嫁にもらいに来てくれました。(嬉)


しかもこのYくん。数日後に韓国旅行に行く予定で、お金に余裕は全くなかったのに

「良く考えたら、韓国で買い物せんかったら、買えますわ。」

と有り金全部出して購入してくれたんです。



ホンマに感動しました。一度業界を退いた僕としては

「ファッション業界ってまだまだバリバリやなあ。お客さんの物への愛情は不滅や。」

と現役当時を思い出させてくれたので、心の底から感動し、大雪の中でも滅茶苦茶にHOT!!な気持ちになりました。 Yくん本当にありがとうございました。



そして、ここで紹介するこやつらは、

「売れてほしくなかったほど、買いたくて買いたくてたまらんかったのに売れてしまい、かなり羨ましいぞと思った商品」です。(笑)




0574.jpg
ハドソンベイのウールコート…。入荷時から福岡くんに「買っていい?」と聞きながらお店のために泣く泣く買うのを我慢していた商品で、今季残ったら買う予定でした。(泣)でも、買って下さったかたはとても物を愛してくださる方だったので、納得です。僕が買うよりきっと幸せでしょうから。でも、もし飽きたらご一報を。(未練。)
0446.jpg
初めてこのノリを欲しくなったのに、あっさり知り合いにイカれました。必ず、彼の家で宴会を開き、知らぬ間に奪還しようと思います。(笑)











この商品たちをお客さんが買ってくれたのはもちろん最高なんです。が、個人としては 「ええなぁ…。欲しい…。福岡くんアメリカで同じの宜しく…。」と呟いてしまいました。

購入された方々、飽きたら売ってください。(笑)






まだまだ続くとどまる事を知らないTAUの魅力。

続きましては、アウプロデュースによる「エレガント女子」。惚れてまうやろ~~~~~!!のコーナー。



今回のヘルプ期間中に僕自身いちばん緊張したのが女性客さんへの接客でした。
現役当時はどちらかといえば女性客さんの接客は得意だったんですが、かなりブランク感じました…。

(そんなつたない接客にお付き合い頂き本当にありがとうございました。)


挨拶はさておき、なぜにそんなに緊張したのかと考えると、TAUのレディスが単なる「カジュアル古着」ではなく、「エレガントさが漂う、セレブチックなアイテム」が多くそろっており、とても綺麗なワンピースやゴージャスなファーなどのアイテムをお客様に試着して貰うことが多くあり、こちらも失礼の無いようにしっかりやらないと。という気持ちにさせれらていた気がします。 カジュアルな格好をして来店された方が、フィッティングから出てきた瞬間に、大人の魅力ある女性に変身して出てくるので、こちらとしてはドキドキでした。

TAUのレディスはPARISなどに良く行ってた自分からするとかなり高感度で近代的なファッションセレクトだと思いますね。アメリカ買い付けですが、雰囲気的にはかなりヨーロピアンな世界観で、僕はかなりの大ファンです。TAUの服で少し背伸びしたファッションで彼氏をドキドキさせてあげてほしいですね。とても安価でいいものがそろっているので、気軽に数点選んでもお財布には優しいですし…。



それではアイテム紹介です。(写真小さくてスミマセン。ぜひTAUで実物みてあげて下さい。)

IMG0527.jpg


1.カレンウォーカーのカットソー … このブランドも海外では新品で良く見てきました。このカットソーはソーイングのパターン、素材が上質コットン、それでいてフリルデザイン付きとまさに三拍子。おそらく新品では2万近くするはず。な1枚です。ほぼ新品です。


2.GUNNE SAX のクラシックワンピース … パリのアンティークショップなどで良く見かけるアイテム。とにかく着ると貴族のようなエレガントさに包まれます。ビンテージゆえのオーラも満載で、彼氏にビックリされること請け合い。素敵すぎます。


3.アラジンパンツ … まずこの形。TAUでは割とこの形のアイテムを見かけます。サルエルパンツやタイパンツに近いのですが、どちらかというと中東のパンツや修行僧の方がはいてるパンツの形です。そう聞くとお洒落に聞こえないかも知れませんが、ヨーロッパのデザイナーが良くこの形をモチーフにしていろんな柄や素材で展開しているデザイン定番ともよべるものですね。こいつは色も柄もとても柔らかくて、グレーや淡い色と合わせてぜひヨーロピアンシックにコーディネートしてほしいです。また、Gジャンなどのブルーのカジュアルアイテムとも相性◎なので、日によって着こなしを変えて楽しめます。個人的にこの形のパンツをはいてる女子とはお話してみたくなります。(笑)


4.PUCCHIのシルクワンピース … これぞ、ヨーロッパ買い付け!!!という説明不要のアイテムですね。アメリカでこのアタリを見つけてくるのは、アウのEPや新品屋で得た経験がでてますね。安いです。


5.クローディットのパッチワークスカート … 実はこのブランドのデザイナーと僕はお会いしたことがありまして、前の店ではかなりガっつりやってたブランドなんです。ほんまに面白い発想のブランドで、デザイン性がバリバリにありながら、使う素材は上質なシャツ生地などをパッチワークするなど、最高のバランスのブランドです。このアシンメトリーのパッチワークスカートも実は前の店で4年前に取り扱ってたシリーズです。TAUの古着は古くない古着?ですね。レディスは特にここ5年以内でヨーロッパの展示会場でみたアイテムが多く置いてて、新品バイヤーやってた僕からしたら、ビックリですね。「古着屋ちゃうやん。」と。(笑)値段も5分の1くらいで状態最高ですし。これをやられたら、近所で新品屋やってたら僕ならイヤですね(笑)。


6.ワンピースとカーディガンのコーディ … TAUでは異常にワンピースと羽織物のアイテムが多いです。(笑)それはアウ自身もそれを大好きなのと、海外のお洒落さんの代名詞的コーディだからです。日本ではあまり定番と言えないコーディですが、海外の特にファッション関係者たちのいる場では普通に着てますね。TAUではどのワンピースにどんな羽織ものを合わせるかもハンガーに重ね着させてさりげに提案していますので、それもチェックするのも楽しいですね。ぜひ一度試着してください。他の人に差をつけれますよ!!


7.ラルフローレンのハンドメイドポンチョ … 僕の大好きな海外ブランドのなかでベスト3に入るブランドが「ラルフ」です。特にNYでの店舗展開は圧巻で、かなりの感動を受けました。そしてこのポンチョのシリーズも過去に何度かアメリカの新品の展示会でみたラインです。最高のニット素材と柄。お洒落すぎます。日本のイメージはまだまだ悪いですが、ラルフローレンは新旧問わず、要チェックですよ。こんなん着てる女子、好きになってまいます。(笑)


8.50’Sのミンクファーのショール … 今回のヘルプで売り残して一番悔しくも、哀しくもあったのがこいつです。5枚ほど売れて、最後の1枚が残りました…。販売員として恥ずかしかったです。なぜなら物が良すぎてしかもほとんどが1~2万円代だったんです。(驚)これは売れない奴は販売員の価値なしでしょう。(泣)すべての女性にお薦めです。TAUでは今後も定番的に見つけてくるらしく、今回のアメリカでも何枚か見つけたらしいので、買い付けからかえってきた時が狙い目。若くて「よう分からん。」という方も。いま分からなくても必ず「買っといてよかった~」となるのでぜひ。


9.マークジェイコブスのエナメルサンダル … もう何も言わずともいいでしょう。値段8千円くらいだし…。



10.FREE PEOPLEのワンピース … こちらも有名なメーカーの物ですが、やはりTAUで仕入れられたものはその中でも一風違います。こちらは色・素材ともにとても高級感あり、形はややミュウミュウぽくて可愛い。こんなん彼女に着てほしい!!!


11.Nuvulaのデザインワンピース … どんだけワンピース押してんねん!ですが、だってかわいんだもん。こいつは肩まわりの空き具合とそのデザイン性でパーティーに着て行くも良し!!!ですね。もちろん上から色々はおって普段使いもOKです!!! 2色展開してます。


12.SONIA RYKIEL のサマーコットンワンピ … 正直これを見つけた時はビビりました。あまりにも格が違いすぎまして…。この写真では伝えきれませんが、ブルー色の発色、ニットの織り方、シルエットどれをとっても一級品。最新デザイナースを一万円代で…。新品だったら10万コースやで…。凄すぎです。


13.ペニーズのGジャン … ここまでエレガントライン主体でしたが、TAUのカジュアルラインも僕は大好きですね。このGジャンもシルエットが抜群に良くて、色もやや深めでシックにも着れる一枚。こういうのは長年着れて愛着わく一枚になるんですよね。TAUのシンプルデザインのものも要チェックです。ぜひ試着を!!!着て見ると「普通とちが~う!!」となりますから。(笑)


14.レディスプリントTシャツ … ここにあげたのは一部ですが、TAUのレディスのプリントTシャツやスエットはヤバい!!!。なにがヤバいかというと「着丈」。完全に今っぽい丈や身幅のものなので、カジュアルに見せかけて綺麗めにも着れます。絶対に着て見たほうがいいですよ。素材もいいものが多いから着ごこちでファンになる可能性もあり。


15.プリントスエット … さきほどのTシャツと同じくでスエットもやばし。スカートなどに合わせてもバランス感覚抜群の着丈と袖丈。もう何も言わず、スカートはいて来てこのスエット試着してください。(笑)






とまあ、長々と書いてしまいましたが、TAUにはまだまだ紹介したいアイテムが満載。

いってても終わりがないので、そろそろお開きにしたいと思います。




本当の最後に僕からのお願いというか、提案というか、お伝えしたいのは



「買わなくてもいいから、ぜひ着てみてあげて欲しい。」

ということです。




現役当時もお客さんに常にいってきた言葉です。



どんな洋服にも作り手の意志や、それを選んだ人たちの想いがあります。
服を着たときに初めてそれは伝わります。



もちろん着てみた上で自分と合わない場合もありますし、思ってた以上に似合う場合もある…。
僕は服選びと人間関係は同じだと思ってずっとファッション業界にいました。



一番哀しいことは

「本当は出会っていることに気づかないこと」 なんです。

人間関係でいうと「見た目とかで判断してしまって、本当の自分と合う人を見逃してる」っていう感じかな。



僕たち販売員(いまは違いますが)は、その誤解をプロの目でみて柔らかくといてあげることが仕事だと今も思っています。



でも中には、接客されるのが嫌いな方や、自分で判断できる人もいると思います。
だからこそ僕はとにかく試着をお薦めします。接客は受けなくていいから、こっそり試着して下さい。(笑)
TAUの二人のような優しい販売員がいる店ならなおさら気軽に着るべきです。



自由に気軽に試着してその服をすべてを見てから、買いたいかどうかを判断してあげてください。


世の中には日の目を見てないけれどとても素敵な服が沢山眠っています。


そいつを見つけて、将来の伴侶にしてやって下さい。





接客と、店と、ファッションの世界に魅せられ、沢山の感動を頂いてきた人間からのねがいです。
 


最後に本当にありがとうございました。









★いよいよ明日から福岡夫妻が店頭にかえってきます!!! 二人にまだ話かけたことがない方がいらっしゃったらぜひ気軽になんでも聞いて下さいね。彼らは僕にとって心底信頼できる最高のファッション好きですから。
最後に僕の一番のお薦めは 「TAU」 です!!!!  では、またどこかで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター