サボってもいいんじゃないでしょうか!?

ども、今回も靴のご紹介。岸本です。



タイトル見た方は 「怠けてもいいんじゃないの…」 って意味に捉えられたのではと思いますが、お違います!!



今回はズバリ 「秋にぜひ履いてみよう!!!サボシューズ!!!」ってことです。(笑)




最近靴の接客しているときに良く聞くのが 「わたしサボって履いたことないんですよ。」 という声。

サボの最大の特徴はなんといっても「脱ぎ履きがラク!!!」(笑)。他にも靴下を履いたり素足で履いたりとファッション的にもアレンジが効いて、ほぼオールシーズン履けること!!!などサボシューズの魅力は計り知れません…。


「かかとにベルトがないと滑って履きにくいんです…。」と良く耳にしますが、今回ご紹介のサボに関しては体重の乗る位置なども計算されたとてもバランスの良いものばかりなので、ご安心を。

サイズをしっかりと合わせれば、とても履き心地の良い歩き安い靴ばかりです!!!






ということで、そんな極上サボたちをご紹介していきますね。







2013917s1.jpg

まず一足めは「ラルフローレンのムートンファーサボ」です。

その名のとおり、羊の毛皮を使用したサボです。正直ラルフローレンというブランドの靴は当たりハズレがありまして、モデルによっての木型や履き心地のクオリティーにバラツキがあるんですが、このサボは歩行を考えた素晴らしいバランスと木型をもった「当たりモデル」ですね!!



2013917s3.jpg

最大の特徴はムートンファー部分にベルトを搭載して、甲部分のフィット感を調整できること。ヒモ靴と同じように足がむくんだり、逆に小さくなって緩んだときにベルト調整できる訳です。こういったパーツを見ても見た目だけじゃなく、履き心地への配慮が見えて◎ですね。

デザイン的にもムートンファーの上からベルトをかけた感じは斬新で都会的でいいですね!!

ハンドステッチも効いたとても温かみを感じる雰囲気は最高です。



2013917s2.jpg

やはりいい靴は後ろ姿が美しい!!

強度をあげるための留め具もアメリカっぽくてイイですね!!
ヒールかなり高く見えますが、前部分も厚底なので、実際の高低差は7cmくらいで、脚を綺麗に見せつつ、歩き易いバランスに仕上がっていますね。

そして、こちら未使用です。初サボとしては最上級の品でしょう。これはサボっていいんじゃないですか?(笑)






2013917s4.jpg


続きましては「UGGのオイルドレザーサボ」。

このサボはUGGのヨーロッパ企画のモデルとなります。UGG人気に火がついたのはヨーロッパ・アメリカのセレブ達がこのシリーズを履いて雑誌に乗り始めたことからですが、通常のUGGモデルよりも飾りや木型が洗練されたファッションモデルなのが特徴です。



2013917s5.jpg

とはいえ、デザインだけでなく、実使用面にもしっかり配慮されたオーストラリアブランドらしいコダワリもあって素晴らしいんですよ! オイルドレザーを使ったアッパーは耐水性抜群!で、少々の雨なんてへっちゃら!!手入も簡単に出来てデイリーユースに最高な素材使いです。

ムートンブーツが有名なこのブランドらしさは、見えないインナー部分に。靴内部の爪先部分にムートンファーを使用。冷え性女子には心強い相棒となるのではないでしょうか?




2013917s6.jpg

いい感じの柔らかい後ろ姿。かわいいですね。ヒールも低めなので、ヒール苦手な方の練習用?にも良いのではないでしょうか?
状態もかなりいいので、長く愛せる一足です!!









2013917s7.jpg

そして出ました!!「Diorの鍵付きサボ」。

ホームページなどで何度かご紹介して来ましたが、運悪く欲しい方とサイズ合わず…などで未だにお嫁に行ってないので、改めてご紹介です。

とにかく最高品位のカーフスキンを使いデザインも最高!!な一足。フレンチブランドらしい脚を細く、華奢に見せる工夫が盛り沢山!!

ハイレベルすぎる上品サボですね。
サボは可愛いですが、やや野暮ったい感じになることが多いのですが、そこは流石はディオール!!洗練された大人のサボって感じです。





2013917s8.jpg

フレンチブランドが良くやるセンターシームをアッパーに施して、細身に全体をみせる視覚効果が取り入れられているのが他のサボとの違いです。さらに金具や鍵デザインの装飾などもパリのアンティークをイメージした非常に高級感あるデザインです。なんといってもやや青みがかったホワイトカラーが他とは一線を画してますね。素敵すぎます!!


2013917s9.jpg

後ろ姿の美しさはもう完璧でしょう。写真ではわかりづらいのですが、ヒールも手作業による絶妙の削り出しで素晴らしいアールを描いたもはやアートな仕上がりです!!流石の一言ですね!!





2013917s10.jpg

続きましては「Michael Korsのラフレザーサボ」。

アメリカらしい雨にも強いラフレザーを使用した非常にネイティブ感ある一足。
NYで履き心地が大人気の理由のブランドだけにヒールバランスも絶妙です。
サボの入門としてかなりオススメの一足ですね!!



2013917s11.jpg

モカ縫いの感じや、タッセル飾りなど、とてもネイティブアメリカンをイメージさせるデザイン。
それでいて、洗練された感も共存したニューヨーカー御用達ブランドらしいバランスがこのブランドのウリですね。



2013917s12.jpg

ラフレザーのアッパーとはウラハラに非常に洗練された後ろ姿。ヒールはやや高めですが、バランスがいいので疲れにくいです。踵部分にブランドロゴを金具で入れているあたりが全方向から見られることを意識できていて素晴らしいですね。実は過去に5足ほど入荷したことありますが、常に売り切れて買った人からも好評。そしてグットプライスでお求め易い!!のがいいですね!!







2013917s13.jpg

最後はこちら「COACHのゼブラ柄ポニーサボ」。

クラシックな素材と柄で大人の雰囲気満載のサボです。ポニー素材も高品位のものを使用してとても滑らかで触ってて気持ちいいです!!まるでペットを撫でてるみたい。(笑)
とにかくクオリティー高い一足です。




2013917s14.jpg

滑らかすぎるポニー素材。カバンメーカーらしいベルトのデティールとレザー素材が高級感あってグット!!
もちろん柄も個性的かつクラシックで◎。



2013917s15.jpg

美しいですねー。いやー美しい。

ハンドメイドによる削り出し、手塗りの木底ペイント。エレガントさ爆発!!な一足です。







とまあ、色々とご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?


この秋にサボってみる気になったでしょうか?(笑)

ぜひ一度お試しあれ!!!









お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460


☆ホームページもぜひご覧下さい。
↓↓↓
TAU HP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター