fc2ブログ

おひさしぶりの靴ブログです!!

ども、「最近、全然靴ブログ書かれてへんな~。さぼってんちゃうん?」と恐らく思われているであろう岸本です。


色々と新たに秋物の靴類が入っているのですが、今回はそんな中から、極上なヤツを一発いっときます!!

久々の靴ブログお楽しみください!!!




では、今回ご紹介する靴はこちら。



20138201.jpg

「Neil Barrettのスエードサイドゴアブーツ」です。


二ールバレットはアパレル関係者ならば知ってる方も多いブランドですが、案外一般の方には馴染の無いコアな感じのあるブランドなので、ここでいつものウィキコピペを。(笑)





ニール・バレット(Neil Barrett、1965年 - )はイギリス・デヴォン生まれのファッションクリエイター。また、彼の持つファッションブランドである。現在「NeilBarrett」、「NeilBarrett Shirts」、「NeilBarrett Indigo-Collection」、「BlackBarrett By NeilBarrett」を手がける他、 Pumaの「96hours」も手がけている。



1965年にイギリスのデヴォンにて3代に渡りテーラー業を営んできた家庭に生まれる。

1986年にセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインを卒業し、メンズファッションデザインの学位を取得。

1989年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業し、メンズファッションデザインの修士号を取得。この時の卒業コレクションがグッチの目に留まり、同年に同社のメンズウェアのシニアメンズデザイナーに就任し、以後5年間務める。この間、トム・フォードのメンズデザインチームで経験を積む。

1994年にグッチからプラダに移籍。同社が立ち上げたメンズウェアコレクションのデザインディレクターに就任。4年間務める。

1998年にはサムソナイトのアクティヴウェアデザイナー就任。また、同年にミラノにて自身の会社「White srl」設立。

1999年には自身の名を冠したシグニチャーブランド「Neil Barrett」をミラノメンズコレクションで発表。

2000年には「NeilBarrett」にてレディースウェアを発表。

2001年には世界初となるフラッグショップを東京都青山にオープン。

2002年にはミラノのメンズコレクションにおいてランウェイデビュー。また、同年にはプーマ社に参加し、スポーツシューズ「プーマ・バイ・ニール・バレット」を展開。翌2003年には同社テクニカルコレクションのクリエイティブディレクターに就任。「96hours」のデザイナーも務める。

2006 FIFAワールドカップではサッカーイタリア代表チームのユニフォームデザインを手がけ、また、映画「スパイダーマン2」への衣装協力も行った。

2007年の秋に、ニール・バレットのセカンドライン「ブラックバレット・バイ・ニール・バレット」を立ち上げる。





とまあ、中々しっかりしたというか、かなりしっかりした(笑)ブランドです。



そんなしっかりクオリティーのブランドが手掛けたサイドゴアを詳しくご紹介します。


20138209.jpg

やはり特徴といえば、「サイドゴア」という形でしょう。

案外この形も一般の方は「履いたことがない…」という意見を良く聞く靴の形のひとつではないかと思いますが、実は「脱ぎ履きが楽すぎる」「ファッション的にもシンプルでありながら存在感もあり、それでいて合わせやすい」など、持っているとついつい履いちゃう靴の上位にあがる靴の一つでもあります。


二ールが手掛けたサイドゴアはさすがというか凝りまくったディテールが満載なんですが、このサイドゴアの変形させた形などもそうですね。わざわざ恰好良くする必要ない部分に気合い入れるところがここんちらしいです。やっぱり「サイドゴアの主役部分はゴアやろ!!」ってことでしょうか。(笑)



20138203.jpg

次なる特徴は「ストレートチップ」でしょうね。

サイドゴアブーツは主にカントリーやワークなどのカジュアル用に生まれた靴ですが、そこにドレッシー色の強いストレートチップを持ってきて、最高級のほぼヌバックのような滑らかなスエードを使用している点からも、カジュアルにもモード・ドレスアップにも使えるモデルを目指して作られたと推測できます。

このエレガンスストリートという雰囲気がこのブランドの得意とするところです。この秋冬は「黒」がトレンドカラー(いや黒っていつも定番やろと思いますが…)とされているので、主役間違いなしですね。全身黒のコーディネートに使ってもスエード素材なので、ヨーロッパのお洒落達人たちがよくやる「素材によるグラデーション」にも使えるお洒落な一足です。



20138204.jpg

20138202.jpg

カカト部分の2重構造や、金具・リベットのモード感など、細かい部分に他のブランドにはないこだわりデザインが満載されてます。

コバ(靴底のフチ部分)の張り出し方も独特でなんともいえない空気感がでています。



20138208.jpg

正面から見るとよく分かりますが、足首をホールドするためのベルトも斜めに入っていてお洒落ですね~。

いや、ここまで見た目にコダワルっていうのもホントに凄いですよ。



20138205.jpg

20138206.jpg


極めつけはこの特殊なソール。 極薄に仕上げたレザーソールの部分部分に樹脂を入れ込んだかなり難しい製法のソール。 シャンク(靴芯)を抜いた工夫で甲部分がかなり自然に曲がるように見えない工夫があるのも素晴らしいです。

このへんはPUMAを手掛けキャリアで履き心地への配慮も200%で素晴らしい!!


やっぱりいい靴は履きごこちと見た目の両面が揃っています。これは岸本の持論。




20138207.jpg


そして最後に「おふくろさん」付き。

やっぱりおふくろの愛情はいいですよね。(なんのこっちゃ) 冗談抜きで長期の旅行などで靴を数足持っていくときなどにこの袋が大活躍するんですよね。もともとセレブが持ち運びできるようにと高級靴メーカーはだいたい袋をつけてくるのでね。


ぜひ買った人はヨーロッパ一周2週間の旅などいかがでしょうか?




ひさびさの靴ブログはいかがだったでしょうか?

サイドゴア欲しい方もそうでない方もぜひ。(笑)おすすめです!!




以上、岸本でした。






「Neil Barrettのスエードサイドゴアブーツ」

SIZE : 43









お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460



☆ホームページもぜひご覧下さい。
↓↓↓
TAU HP





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター