Old Church's のコイン風ローファー

20129carch7.jpg


ども、新人なみちゃんの初ブログに触発されて、「こりゃ負けてはおれませんぞ。」と気合いを入れての靴ブログ。岸本です。



本日は、超定番中の定番ブランド、というか靴の歴史の中で超老舗と言われるあまりにもメジャーなブランドをご紹介しようと思います。

今まではどちらかと言えば「ややマニアック」な靴を中心にあえてアップしておりましたが、基本に立ち返ってというか、靴を好きになったときに「ここのブランドまだ持ってないから勉強のために欲しい~」と憧れていた基本定番ブランドのお話もしてみようかなと。


さて、本日ご紹介のそのブランドはこちら。


20129carch6.jpg

「Church's のコイン風ローファー」です。

「チャーチ」と日本では呼ばれたり、記載されていることが多いですが、実は本当の正式名は「チャーチーズ」です。…というどうでも良いウンチクをいきなり挟んでくる点が、今回のブログへの変な気合いの現れではないでしょうか。(笑)

さて、靴の世界ではトップ10に入るくらいの超有名ブランドなので特にブランド説明はいらないと思いますが、チャーチーズ(あくまでこの呼び名で行こうとしています。(笑))は1873年創業のイギリスを代表するトップシューズブランドのひとつです。


このブランドの靴を語る上でとても重要な歴史があります。それは2000年に経営不振により、イタリアのプラダグループに買収されてしまったこと。


買収自体はファッション業界や靴業界でもめずらしいことではありませんし、雑誌などでもよく見かけると思うのですが、この買収は「イギリスの老舗靴ブランド」を「イタリアのアパレルブランド」が買収したことで、他とは少し異なる問題が起きたのです。


それは「木型(靴の基本の形)」の変更。


そもそもチャーチーズは長い歴史の中で名品と呼ばれるすばらしい木型を多数生み出しており、それぞれの木型には名前がついていて、その木型を100年以上も定番として製造していた、いかにも伝統を大切にするイギリスらしいイギリスブランドなのです。

そこにスタイリッシュさが売りのイタリアブランドが関わり、しかもその永遠定番的な考え方が経営不振の理由だとされてしまい、ファッション的な木型やデザインに大幅に変更されて、しかも定番的なモデルも製造が中止される事態が起こりました(現在では一部は復興されましたが)、それにより、プラダ買収以降は旧来のモデルが買えない事態に陥ったわけです。そしてこのとき元々からのチャーチーズファンの多くがブランド離れを起こしてしまった訳です。


離れてしまったファンはこぞって買収前のいわゆる 「オールドチャーチーズ」と呼ばれる中古やデットストックを買いもとめ始めました。


と長々としたいかにも岸本らしい前置きで申し訳ないですが、本日ご紹介の靴はまさにそのプラダ買収前の 「オールドチャーチーズ」になります。


20129carch5.jpg

タグからも買収前のオールドモデルであることが分かります。(見分け方を詳しく知りたいかたは店頭にて岸本まで)

個人的にはプラダ買収後のモデルもスタイリッシュでけっして嫌いではないのですが、やはり買収前のモデルは「イギリス100%」感が漂っていて、このブランドを最初に試すならば、こちらのほうが勉強になりますね。(というか勉強で靴買うひとなんてそうそういないと思いますが(笑))


20129carch1.jpg

レザーの使い方と縫いのシッカリした感じは流石は「イギリス製」。

ややガッチリしすぎていてクソまじめな感じとでもいいましょうか。(笑) 質実剛健で長く、デイリーに使えるそれがイギリス靴の特徴ですね。


20129carch4.jpg 20129carch8.jpg

靴の内部に手書きによってサイズ・木型名・モデル名などの詳細を記載しているのも非常にイギリスらしいコダワリですね。昔イギリスのジョンムーア、ポールハーデンなどのデザイン靴やジョンロブなどの高級靴も良く買いましたが、この手書き詳細タグを見て「うお~、俺だけのモデルや~!!」と異常(笑)に感動したのを覚えています。



20129carch2.jpg

革質の良さ、縫いの確かさ、細かさはアッパー部分にも出ています。

非常にイギリスらしい造りの靴で、ド定番ブランドのものですが、そこはTAUらしくアッパーのデザインはチャーチーズの中ではまあまあ異色のモデルです。

一見 「コインローファー」「ペニーローファー」と思ってしまうデザインなのですが、名称のとおり「コインをはさむ」ために中央部分がへこんでいるのが従来のコインローファーなので、これはあくまで「コインローファー風」と呼ぶべきでしょうね。


木型、製法は基本定番のイギリスバリバリもので、アッパーデザインは少しレアなモデルといえる一品です。



ちなみにローファーとは 「怠け者」という意味で、紐靴の多かった時代に「紐を結ぶのがめんどくさいからイヤ!!」という怠け者用の靴という設定からきた名前です。



と最後もウンチクで締めた今回のブログでした。(笑)


イギリス靴をまだ試したことない方にはぜひ。靴の教科書のような一足です。






Old Church's のコイン風ローファー

SIZE : UK7 (26㎝くらい)

PRICE : ¥16800




お問い合わせはお気軽にどうぞ




お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460



☆ホームページもぜひご覧下さい。
↓↓↓
TAU HP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター