TANINO CRISCI の最高級カーフスキンコインローファー

20129tani5.jpg


連日の靴ブログです。岸本です。


今夜は昨夜に続き 「岸本の今欲しい靴 No.2 (笑)」 の発表です。



今回もなかなかハイクオリティーなクラシックシューズ(ドレスシューズ)たちが多数新入荷しているのですが、その中で一際輝いているのがこいつです。


そいつはこちら。(笑)


20129tani4.jpg

20129tani2.jpg


「タニノクリスチーのコインローファー」です。


たぶんこの名前を聞いても「???」となっている方も多いと思いますので、軽くブランド説明



タニノクリスチーの始まりは1886年、王侯貴族の乗馬用ブーツや靴を作るメーカーとして創業した。このことはタニノクリスチーのシンボルマークを見ても乗馬の絵が描かれていることから分かる。創業者タニノクリスチー氏の靴作りの理念は「優れた靴は足を入れた瞬間にわかるもの」という言葉通り同社の靴のその履き心地はいつの時代でも一級品。1866年より100年以上の続く靴ブランドは世界でも少なくしかしながら現在では150人以上の職人が在籍する大型のブランド。近年にいたり一部機械化はされたもののその大部分はこの多くの職人達の手作業によるもので今でも創業当時の靴の品質・履き心地・優れたデザインを守り続けている。


という靴なのですが、イタリアブランドのなかでも、グッチやプラダを凌ぐクオリティーを持ち、とくに履き心地に対するこだわりは群を抜いていて、説明のとおり創業当初から貴族(セレブ)に愛され続けてきた本物中の本物のブランドなのです。

イタリアに靴のバイイングに行った際にここのショップを訪れ、あまりの格式の高さに恐れおののいたことを思い出します。

何よりもイタリア現地での買値も8万円くらいが相場で、日本での店頭価格を調べたら、モデルによっては20万円近く、やすくても6万円越えというさすがの高級靴なのであります。



20129tani3.jpg

なぜそんなに高いのかという理由と履き心地の理由は同じで、ズバリ「使ってる革が違う!!」ってこと。

イタリアでもほんの一部のブランドにしか配給されない極上中の極上のカーフを使用しており、それによって革のことをよく知らない人でも「あっ他となんか違う…。」となる柔らかさを出しています。

極上のカーフ独特の光沢も素晴らしい一足です。

モカ縫い部分もここでは語りつくせぬ(尽くしてもよいけれど恐ろしい長文になる)独自の職人技が隠れています。(ご興味あるかたは店頭で岸本まで)



20129tani1.jpg

そして飽くなき履き心地へのこだわりは見えない部分にも…。

写真では分かりづらいのですが、ライナーのレザーをカットして裏革のスエード部分を露出させて靴の前部を素足で履いた際に前のめりに滑らないように加工しているんです…。

これ、かなりの職人技術がいる加工です。さ、さすがはタニノクリスチー…。



20129tani.jpg


木型はグッチなどと似た甲を低め、幅はやや広めに設定したオーソドックスなもの。

いわゆるイタリアの定番ですね。 そこも飽きずに長く履けるポイントです。





使用感はありますが、このプライスで世界最高峰の靴を試せるのはお買い得と言わざるをえませんね。



買った方は幸せものです。














TANINO CRISCI の最高級カーフスキンコインローファー

SIZE : 8

PRICE : ¥12,600-





お問い合わせはお気軽にどうぞ




お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460



☆ホームページもぜひご覧下さい。
↓↓↓
TAU HP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター