fc2ブログ

JOHN FLUEVOG のラバーソールシューズ

20128jf1.jpg


昨日お話したプラダのスニーカーはものの見事に本日お取り置きとなりました…。(ちなみにさらっとリュックと一緒に紹介していたワークブーツも売れてしまいました。)

ご購入される方が非常に羨ましい限りです…。



とやや未練を残しつつ、プラダと共に「欲しい靴」としてご紹介していたもう一足を今夜はご紹介です。岸本です。(前置きが長い)


今夜のご紹介靴はこちら。


20128jf3.jpg

20128jf4.jpg

「JOHN FLUEVOG のラバーソールシューズ」です。


「えっ?ジョージコックスじゃないの?」と思われた方…。 似ていますが違います!!



その違いがまさにこの靴の魅力なので、それはのちほどということで、軽くブランド説明。


ジョンフルーボグはカナダのデザイナーで、元々は車好きで車のデザインも手掛けていたこともある異色のデザイナーです。特に30年代くらいのクラシックカーなどのデザインが好きで、「アールデコ」の影響を色濃く受けたデザイナーです。そのアールデコ当時の色合いや曲線美などを靴に取り入れたのがここんちの一番の特色と言えると思います。ちなみにアメリカでは色んな靴や服のセレクトショップで見かけるブランドです。

今回ご紹介の靴もアールデコ調を取り入れたそんな靴と言えます。


20128jf7.jpg 20128jf6.jpg

靴底に刻印の 「HEAVY DUTY」の文字は耐久性を表した言葉。ようは「丈夫やで!!」ってこと。(笑)

紐を通す部分のDリングを固定するためのレザーパーツもアールデコ調でみられる三角形をやや湾曲させたパーツを使用しているのがここんちらしさ。

ジョージコックスと違う部分の1つがこのデザインです。(ちなみにジョージコックスのDリングは巻き込み式のレザーによって固定されていて、レザーパーツは表面には出てきてません)



20128jf11.jpg 20128jf8.jpg

使用したときの耐久性を考えた造りというのが分かるのがこの内側の素材。かなり大きくなった豚を使用しています。これで脱ぎ履きの時と、歩行時の摩擦にも耐久性ばっちり。

3段積みのクレープソールは非常にクッション性が高い。
この擦り減り方を見た限りではほとんど未使用ですね。


20128jf2.jpg

そしてジョージコックスとの大きな違いのひとつがこの木型。

非常に細見の木型で、Vチップのようなカットになっているので、ジョージコックスに比べて非常にスマートでクールな形になっています。このVカットの曲線もアールデコに影響受けていると思われます。


20128jf5.jpg

そして、もうひとつのジョージコックスとの違い。

このチェッカーフラッグ風にデザインされたアッパー前部。ジョージコックスは通気性への配慮でメッシュ化していますが、この靴は明らかにアールデコ調のタイル張りのデザインを取り入れるためにこの配色とデザインにしています。 つまり全く違う考え方で作られたということです。


arrud.jpg

ちなみに再三でてきたアールデコ調とはこんな感じです。

ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行した装飾美術、デザイン様式のことです。

アールデコ様式をとりいれた車やバイクなども造られるなど後の世にも多大な影響を与えた美術様式でした。


個人的にもとても好きなデザインなので、この様式を意識して取り入れている靴はそうそうないので、このブランドもとても好きなんです。


ジョージ・コックスのラバーソールの代わりに、この靴を取り入れて、新しいパンキッシュスタイルを試してみたりと、コーディネートを考えただけでも想像かきたてられてワクワクしてしまうそんな一足ですね。






JOHN FLUEVOG のラバーソールシューズ

SIZE : 9

PRICE : ¥16800





お問い合わせはお気軽にどうぞ




お問い合わせ先
【 TAU 】
06-6225-7460



☆ホームページもご覧下さい
↓↓↓
TAU HP

 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター