fc2ブログ

Dr.Martens のダブルストラップシューズ

marten1.jpg

ども、昨日ブログをUP出来なかった木曜日の靴担当、岸本です。


ということで、改めて昨日途中まで書いていた靴ブログをあげようかなと。



写真を見てお分かりの方も多いと思いますが、本日ご紹介するのはドクターマーチンです。

ただ、マーチンといえば老?若男女知っているブランドですので、本日は少し趣向を変えて、

「パッと見は同じように見えるのに、実は違うんですよ」

のコーナーと致したいと思います。



まあ、パッと見は 「カラーバリエーション?」と思えるこの2足。

ところが違う点は色以外にもある訳です。そしてそれには理由が…。


さあ、その辺を話していきましょう。



marten2.jpg

まず、最初の違いは 「コバのデザインと製法」です。

上の写真を良く見ていただくと分かる通り、白いほうのソールの淵(コバ)部分には、マーチンの代名詞ともいえるステッチが入っています。(本当の代名詞と言えるのはイエローステッチですが)

それと比べると黒いほうはステッチが存在しません。そしてコバ部分にギザギザした型押しがあります。


見た目の違いはその点ですが、実はこの2足製法が全く違います。

白のほうは「ステッチダウン製法」。黒いほうは「インジェクション製法」となります。

ステッチダウン製法はその名の通り、ステッチによってアッパーがソールと縫い合わせて固定している製法で、その特徴は「ステッチ穴から空気が循環できるのでムレにくく、しかも堅牢であること」です。欠点という欠点は特にないベーシックな製法ですが、作り自体は非常にシンプルで、ソール交換(マーチンは特殊樹脂ソールなのでソール替えは基本できませんが)した際に、型崩れが起こるので、基本履き潰したら、新たに買いなおす必要があります。

インジェクション方式とはアッパーを先に製作しておいて、そこにソールの型をあてがって、溶けた樹脂を流し込んで、乾くとアッパーと一体になる製法で、特徴は「アッパーと一体化しているのでソールが剥がれにくく、歩行のさいにもソールの動きが円滑で、ステッチ穴などはなく隙間がないので、雨などの侵入がないこと」です。ただし、欠点は空気の逃げどころも少ないので靴の内部が蒸れやすいこと。(よってこの製法のものは毎日履くより2、3日に一回ペースのほうが革が長持ちします。)


とまあ、こんな製法の違いがあるのですが、この2足は根本的に使用するシチュエーションが違う設定のシリーズなのです。

簡単に言うと白いほうは「カジュアル」。黒いほうは「フォーマル」仕様のシリーズです。


マーチンで一番有名なのは白いほうのようなステッチダウンのタイプですが、こちらは見た目的にもかなり可愛らしいカジュアル色漂うタイプと言えますね。ステッチダウン製法は簡易的に製造できるので、主にカジュアルシューズに良く使われており、このシリーズもデイリーに履くカジュアルシリーズと言えますね。通気性もインジェクション製法より良いので、一日中歩いたりする場合はこっちがいいでしょうね。ラフなイメージです。


それに比べると黒のステッチ無しのタイプはシンプルでスーツなどに合わせてもいけるくらいの落ち着いた雰囲気を持っています。コバの型押しもよくクラシックシューズなどの革のソールコバなどにあるデザインを真似ています。マーチンのステッチ無しのシリーズは英国で人気あるシリーズですが、このシリーズは綺麗めのジャケットなどに合わせている人多しです。


とまあ、同じように見えても用途も違うこの2足。カジュアルとシックな特徴が他にもあります。

それが、ソールのパターン。


marten4.jpg

白(左)のほうのソールパターンは溝が浅く、横方向に溝が強く入った、歩行時の前後のスリップを防ぐためのパターン。この感じは典型的な街履き用のパターン(良く歩く)ですね。

対して黒(右)のほうは縦と横の両方の溝が大きく深く掘っていて、前後左右にスリップ止めができています。こういうパターンは雨や濡れた路面などで履くことを想定した靴に多いですね。

つまりはステッチダウン製法で街履き用ソールパターンの白いほうはやはりデイリーな毎日履くような靴で、インジェクション製法で濡れた路面を意識したソールパターンの黒いほうは、雨の日に履くことを意識したつくりで、あくまで推測ですが、雨の多いロンドンで履くことを意識した一足といえると思います。デザイン的にもロンドンの綺麗めのファッションスタイルに合わせるイメージですね。


marten3.jpg

ソールを側面から見ると厚さもアーチのつけ方も全く違うのが分かります。

白のほうはアーチなしのウェッジぽいソールでヒールの厚みは通常のマーチン並み。

黒のほうはソールは厚めで、アーチもきつく、さらに横部分のカットを丸みがあるドーム型にしていて、クッション性をかなり重視した作りになっています。このタイプは履き心地重視ともいえますね。





とまあ、こんな差がありまして、靴を見る際は見た目だけでなく、ソールのデザインや素材を見れば、一体どんな場所で履くことを想定して作ったかが分かり、その意図をしっていると自分の欲しい靴を間違えずに買えるのではないかと思います。

僕自身、いろんな靴を見るとき、ソールのパターンをみて

「このソールパターンってことは雨の日に良く歩く靴の設定やな。その設定やのにこのアッパーデザインはなかなかないわ~。雨の日のお洒落用に買っとこうっと!!」

という感じで靴選んでます(笑)





いろいろ書いてきましたが、最後にファッション的なことを。


marten5.jpg

marten6.jpg

ドクターマーチンは昨年の秋冬から人気沸騰中ですが、これからのマーチンはやはり他者に差をつけたいところ…。

そんなときに「ストラップタイプ」を選ぶのが良いのではないでしょうか?

なんといってもSOXでさし色や柄をいれて組み合わせを楽しめてアレンジが効くのがこのタイプの長所!!

独特の可愛さをもったデザインですが、クールに辛くコーディネートした全身に足元のみ甘味を加える意味でもとても有効な靴といえます。


この春は「ストラップタイプのマーチン+個性派靴下」の組み合わせが熱いですよ!!



marten7.jpg

ちなみにTAUではそんなストラップシューズに絶妙にあうSOX類を多数展開しはじめました!!!

ここに掲載した以外にも色違いなどたくさんあるので、この春のコーディにぜひご活用くださいませ。



では、お休みなさい。良い週末を。







Dr.Martens のダブルストラップシューズ

SIZE : 白 UK6、 黒 UK7

PRICE : 9450






コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

お問合せいただきありがとうございます。

こちらの商品は当店で買い付けて、取り扱っていた商品になります。

お問合せいただき有難うございました。


TAU



> はじめまして!
> すみません、こちらの白色はどこで購入されましたか?( ; ; )どうか教えてください( ; ; )
プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター