MEN’s Recommend Shirts

本日は、春先にも大活躍間違いナシのオススメの「メンズシャツ」をご紹介。今の時期はニットなどとレイヤードして、春以降には軽い羽織として、一年を通して着る機会の多いアイテム。現在店頭にはハイクオリティーなシャツ達がたくさん並んでおります。寒い日が続きますが、先物買いもいかがでしょう。是非ご覧ください。




20180206t04.jpg 20180206t03.jpg


I. DRIES VAN NOTEN
ドキュメンタリー映画が日本公開され、昨今話題の「ドリス・ヴァン・ノッテン」。ミリタリー×トラッドをイメージしたチェックシャツが未使用状態で入荷。コットン100%とは思えないハリのある生地感。撚りの強い糸にボイルド加工をかけることでリネンのような丸みのあるシワ感を表現。幾何学的構造を持つチェック柄に揺らぎが生まれ、独特の温かみとシックさを併せ持つバランスに仕上がっています。いわゆる「Too Fashion」にならないよう緻密に計算されたタイムレスな洋服。長くご愛用して頂けること間違い無しの一着です。


20180206y10.jpg

20180206y9.jpg




20180206t06.jpg 20180206t05.jpg


II. BOTTEGA VENETA
「ボッテガ・ヴェネタ」より肌触り滑らかなイタリアンコットンシャツ。コレクションラインに相応しい上質な素材と手抜きの無い縫製。またパターンワークも秀逸で、身頃・アーム共にかなり立体的な構造となっております。中でもアームホールから前身頃にかけて斜めに入ったダーツは特徴的で、生地が肋骨に吸い付くような構造になっており、エレガントなシルエットを生み出します。色彩もイタリアらしい赤み掛かったバイオレット。ブラウンやベージュ、グレーとの相性も良くコーディネート次第で表情の変化する一着です。


20180206y8.jpg

20180206y7.jpg




20180206t8.jpg 20180206t7.jpg


III. VINTAGE
アメリカの老舗メーカー「GOOD WEAR」よりヴィンテージコーデュロイシャツ。ボックスシルエット、綿糸による縫製、尿素ボタン仕様の1940年代から50年代にかけてのものと思われます。この時代特有の目のしっかり詰まった細畝のコットンコーデュロイは強度、風合い共に申し分なく、ファンの多いジャンルでもあります。光の当たり方によって赤っぽくも黄色っぽくも見える明るめのベージュカラー。経年変化の度合いも綺麗過ぎず◎。デザイナーズのワイドスラックスやテーパードデニム等とミックスして、春スタイルにさり気なくコントラストを付けてみては。


20180206y6.jpg

20180206y5.jpg




20180206t02.jpg 20180206t01.jpg


IV. agnés b.
1975年より続くパリの老舗ブランド「アニエスベー」からスリムフィットドットシャツ。ボーダー柄に代表されるシンプルかつ印象的なグラフィックと、無駄が無く動き易い的確なカッティングが持ち味のブランドです。こちらのドットシャツも一見するとシンプルでそのデザイン性の高さを見落としてしまいがちですが、ブラック×ホワイトのコントラストを控え目に表現するドット柄の大きさや配置の仕方は、一朝一夕で出来るバランスではありません。ポップでカジュアルに仕立てがちなドット柄を、配色とグラフィックバランスでここまでシックに仕上げるのは流石の一言。デイリーに合わせ易く、しかも印象的という、「アニエスベー」設立当時のレ・アール地区を思わせるデザインです。

20180206y12.jpg

20180206y11.jpg




20180206t10.jpg 20180206t9.jpg


V. 40's VINTAGE
ヴィンテージボーイスカウトシャツ。鋭角にカットされた衿羽根が印象的。洗濯の際に生地を傷めぬよう取り外し式になっているチェンジボタンの仕様、裾サイドマチ付き仕様、また随所に見られる手間のかかる縫製法に、年代特有の丁寧な服作りが見て取れます。こういったディティールに加えてハンドによる刺繍やバッジ、ワッペンがふんだんに使用されており、一点物感も強くて◎フロントフルオープンの仕様も春先にコーディネートし易くて嬉しいところ。小さめのサイズでの入荷となっており、男女ともにオススメです。


20180206y3.jpg

20180206y2.jpg

20180206y1.jpg

20180206y4.jpg




20180206t12.jpg 20180206t11.jpg


VI. PAUL SMITH
「ポールスミス」より、グラデーションシャツが入荷。ダークグレーからパープルへと変化する珍しい配色。濃い色から濃い色へのグラデーションを染め上げるのは難易度が高く、職人の技術の高さが伺えます。ボタンはシェルボタンとなっており、ダークトーンのボディに良く映えます。裾裏のテーピングや脇線の折伏せ縫い仕様など、強度面も抜かりなく、また肌触りの良いコットンは通年使える万能素材。デザインのツボをしっかり押さえて個性的でありながら、汎用性の高さも併せ持つという、このブランドの精神性を感じる逸品です。


20180206y13.jpg

20180206y14.jpg




いかがでしたか。気になる商品はお気軽にお試し下さいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター