Maison Martin Margiela rubber material rain ring boots

20170517S1.jpg

20170517S2.jpg

20170517S3.jpg


本日は、「Maison Martin Margielaの樹脂ゴム素材リングブーツ」をご紹介いたします。


同デザイナーズブランドの靴は素材使いに驚かされることが多いですが、今回ご紹介するブーツもかなり特殊な素材使いとデザインが適用されている非常に面白い靴です。それではご覧ください。


20170517S6.jpg

20170517S7.jpg


まず驚かされるのはこの素材使い。靴全体をソールに使われるような「特殊樹脂ゴム」で作っています。この素材自体が耐水性能が強いので、レインブーツとして使用することも可能。ストレートチップで綺麗目に仕上げてくるあたりがフレンチモードを代表するこのブランドらしさ。通常のレインブーツは型を作ってゴムを流し込む製法で一体型で量産するのですが、この靴はレザー革靴と同じ工程で各パーツをそれぞれ造り、革の変わりにゴム板素材を使用しているというのが手間暇をかけていて凄まじい。よって、各パーツを縫い合わせるのも革靴と同じ製法。ホワイトステッチが効いていて安価なレインブーツとは一線を画す出来栄え。


20170517S8.jpg

20170517S9.jpg 20170517S10.jpg


ソールももちろんラバー製。リングブーツのリング金具以外を全てゴムで作っているかなり特異なアイディアは流石。アイディアが浮かんでも、未知な作り方ゆえに実際に制作することはかなりの製造リスクがある製法を実験的に試すこのブランドの勇気と実行力には毎回唸らされます。ゴム素材で刻印がしずらくともナンバータグは必ず入れてくるコダワリも素敵。


20170517S4.jpg

20170517S5.jpg


エンジニアやウエスタン系のブーツに多いリングブーツを、あえて綺麗目の細い木型で作ってくるのもフレンチブランドらしさ。横顔にはボリュームあってしっかりと見た目バランスはハードブーツに見える工夫も素晴らしい。


20170517S11.jpg

20170517S12.jpg 20170517S13.jpg


徹底的にゴム素材を革扱いで作っている細部の異常性が他ブランドには絶対真似できない雰囲気を作り上げています。正確にはレインブーツではなく、「エンジニアリングブーツを革の変わりにゴム素材で作ったブーツ」です。細やかなステッチ処理などもこの素材に適用するのは至難の業なので、作り手の苦労と情熱が伝わってきます。マルジェラのアイコン、バックスタイルのホワイトステッチタグももちろん搭載。




雨の日にも気を使わず履けるお洒落靴というのも非常に嬉しい。
これからの梅雨時期などにも活躍必至の一足です。ワードローブに加えてファッションの幅を広げてみてはいかがでしょうか。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター