GRENSON aniline leather × suede leather chukka boots

20170326s1.jpg

20170326s2.jpg

20170326s3.jpg


本日は、「GRENSONのアニリンカーフ×スエードチャッカ—ブーツ」をご紹介いたします。


グレンソンは1860年代から続くイギリスの名門靴ブランド。靴の聖地として有名なノーザンプトンの一流職人が手掛けた本格派革靴が有名です。そのグレンソンから、遊び心あるデザインのチャッカ—ブーツが見つかりましたので、ご覧ください。


20170326s4.jpg

20170326s5.jpg


この靴最大の特徴はアウトドアシューズを模したアッパーサイド部分の切り替えデザイン。本来のアウトドア系ブーツではラバー素材を使用して、水の侵入を防ぐためのパーツをあえてアニリンレザーで作っています。アニリンレザーとは天然植物から抽出した染色剤を使って革をなめす製法。水性染料を革の中まで染めこませ、革本来のぎん面(表面)を生かしているため、透明感ある仕上がりになりヌメ革に近い風合いが出ます。そのアニリンレザーとかなりキメ細かく仕上げた高級スエード素材を組み合わせて、アウトドアシューズをイメージしながらも、上品な仕上がりになっています。


20170326s6.jpg

20170326s7.jpg


ナチュラルクレープソールを使用したチャッカ—ブーツとしては定番のソールデザイン。かなり厚みのあるクレープウェッジソールはジョージコックス社のラバーソール並みのボリュームで、イギリスらしさを醸し出しています。
後ろ姿も雰囲気抜群。アニリンレザーの深みある風合いが渋みを出しています。重くなりがちな茶系ブーツですが、ホワイトステッチを使うことで軽快さをプラス。


20170326s11.jpg

20170326s12.jpg


甲高で、トゥ部分はやや細身になった木型。日本人の平均的な足型にも合う形で、履いたときはスッキリと洗練された雰囲気を持っています。カカト部分のクレープソールをかなり分厚くしたデザインでローヒール的なメンズとしては独特なソールデザインです。


20170326s8.jpg

20170326s9.jpg 20170326s10.jpg


150年以上の歴史を持つブランドですが、ここ近年ロゴマークを一新したデザインシリーズを企画。赤いレザーインソールに立体感ある刻印のロゴは雰囲気満点でお洒落です。
細部も英国の伝統技術をもった熟練職人の手作業による美しい仕上げになっています。インナーのサイド部分の豚革を履き口付近に貼りつつ、下半分は切り取って、スエードの一枚革にして薄く仕上げることで、柔らかく足に馴染み、さらに滑り止めの役目も果たす実用的な技術。イギリス系チャッカ—ブーツに多く見られる工夫です。この辺りは流石はノーザンプトンブランドのディテール。
サイド部分のアニリンレザーも織り込み型でステッチを見せないブラインド造りになっていて、アウトドア系ブーツの防水用ラバーパーツの雰囲気を忠実に再現しているのもコダワリを感じて◎。


イギリス靴らしい真面目に造り込んだ製法や縫いの確かさと、アウトドアブーツをわざわざ最高品位の素材を組み合わせて作った遊び心が、このブランドの新ラインゆえのバランスで素敵です。
コダワリのある靴好き男性にもオススメできるお洒落靴。ぜひ、一度お試しください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター