Salvatore Ferragamo vol.01 kiltie tongue double wing-tip

20170213s1.jpg

20170213s2.jpg

20170213s3.jpg


本日より約3~4回に渡って、メンズ靴ブログでは「Salvatore Ferragamo特集」といたしまして、同ブランド靴を詳しくご紹介いたします。


フェラガモといえば、周知のとおりイタリアを代表する靴ブランドであり、歴史、人気ともにイタリアでもトップクラスの高級ブランド。長い歴史の中で培われた技術と経験は他のブランドでは成しえないコダワリの詰まった一足を造り続けています。今回よりそんなイタリアを代表するブランドの靴を数回に分けてご紹介いたします。


第一回は「キルトタン付きダブルウイングチップ」をご紹介いたします。それではご覧ください。




20170213s6.jpg

20170213s7.jpg


フェラガモとしては珍しいガラスレザーを使用したモデル。どちらかと言えば、ドクターマーチンなどイギリスストリートブランドが良く使う吊りこみ時に引っ張られた部分が薄くなって自然と濃淡のでるレザーです。この革を使用している時点でかなりストリート色が濃い遊び靴の様相に仕上がっています。


20170213s9.jpg 20170213s10.jpg

20170213s8.jpg


キルトタンと呼ばれる甲部分の飾りは着脱が可能になっており、取り外すと二重になっているウィングチップが姿を現すという遊び心あるアイディアです。通常ではキルトタンを外すとベーシックなウィングチップになることがほとんどなのですが、この靴はキルトタンを付けていても、いなくても、個性派な一足です。
見た目だけでなく、最新のウレタン樹脂素材のアウトソールを搭載しており、クッション性能もかなり高いのが素晴らしい。履き心地への配慮が長い歴史の中で研鑽されているのがこのブランドの持ち味。靴専門デザイナーらしい妥協なき追及です。


20170213s4.jpg

20170213s5.jpg


トゥ部分がかなり反り上がった幅広な木型を採用。100年近い歴史の中で、世界屈指の木型職人たちが、洋々な顧客の声を吸い上げて、改良に改良を加えた履いていてストレスのない極上バランスの木型がフェラガモ最大のウリ。クッション性のないアウトソール搭載のモデルでも木型のバランスの良さのみで歩行時に疲れない靴が多いのがこのブランドの凄さです。一朝一夕では成しえないブランドの誇りが垣間見えます。その熟練と歴史の詰まった木型にプラスして、最新の性能を持ったアウトソールを搭載しているこのモデルは間違いなく、快適を約束してくれるでしょう。


20170213s12.jpg

20170213s13.jpg 20170213s14.jpg


靴全体に施されたピンキング飾り(ギザギザ飾り)がなんとも贅沢。コバ部分のピンキング技術はもはや芸術の域です。
ピンキングだけでなくほとんどのステッチを二本縫いで仕上げている点も何気に凄まじい。
デザイナーズの靴では考えられないような頑強なステッチング。インソールにも一切の手抜きナシ。高級レザーを2枚重ねにしっかりと縫い合わせたコダワリが凄い。恐らく、滑り止めのためにインソールの縫い込みも大小2種類の使い分けをしている点など、マニアック過ぎて脱帽です。靴内部にはしっかりと最高品位の豚革を使用し、履き口付近にはパイピング仕様を用いたフェラガモにとっては当たり前のコダワリもしっかりと入っています。これぞ靴職人の技と誇りの詰まった一足。




フェラガモのシューズは基本的に「履いていて快適でノンストレス」なものが多いのが特徴です。まさに履かなければ分からない一足。まだ、フェラガモの靴を履いたことのない方はぜひこの機会にご試着ください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター