HENRY BEGUELIN buffalo leather sandals & イベント告知。

20170124s1_20170124202831e5c.jpg

20170124s2_20170124202833c30.jpg

20170124s3_20170124202834619.jpg


本日は「HENRY BEGUELINのタイダイ染め風バッファローレザーサンダル」をご紹介いたします。


エンリーべグリンと言えば、靴&カバンの世界ではイタリアハイブランドの一つですが、まだまだ日本での認知度は低いと思われますので、まずはブランド紹介です。


「HENRY BEGUELINの世界」
1980年の初め、エルバ島で友人同士が集まり、栗やミモザの木の樹液でなめされた牛革とリサイクルパーツを使ったユニークなベルトやバックを作り始めました。空き缶をベルトに施したコレクションはスパザチュラーベルトとして知られるようになりました。 エンリー ベグリンの“物作りの精神”は、出発当時から現在に至るまで全く変わっていません。 古くから伝わる伝統的な職人の技術と“時代を超えて愛されるもの”を使って、ひとつひとつ丁寧に作られる作品は、現代に生きる世界中の人々を常 に魅了し続けてくれています。
エンリーべグリンのものづくりとは、確かな技術と細やかな心で革と向き合う。何十年にもわたって培われ、熟練した職人たちの専門知識は、ハンドメイドであることが一時的な流行とは無縁でありながら、モダンで“今”を無視する事のない、時代を超えたものづくりであることを証明してくれています。 手作業で裁断された革のかどを取り丸みをつけていく、ステッチのラインを正確に印し、そのラインに沿って丁寧に穴をあける。そして醍醐味であるステッチが手作業で縫われ形となって現れていきます。 革をより薄くなめしていく工程に加えて、ナイフ、はさみ、小刀、そして“HENRY BEGUELIN”の刻印を最後に入れる機械や小道具たち全てが、経験を積んだ職人たちによって使いこなされています。 作品づくりの中であらゆるディテールを美しく仕上げていく、エンリーベグリンが高品質であることの一つの理由です。


こういった精神を持ったモノづくりはまずイタリアンセレブやミラニスタたちに高く評価され、現在では世界にもショップを多数構える高級ブランドに成長しています。今回ご紹介するサンダルもそんな「革加工と手作業」にこだわったこのブランドらしい一足です。ではご覧ください。


20170124s6_201701242030321a2.jpg

20170124s7_201701242030347c5.jpg

20170124s8_2017012420303578c.jpg


この靴最大の特徴は「どうやって染色したのかが分からない」特殊な染め方をしたレザー素材。しかもレディースシューズではあまりお目見えしない「水牛の革」を使用した唯一無二と呼べる素材です。水牛の革は丈夫で独特なラフな風合いが特徴ですが、革が固く加工しずらいのが欠点。しかしながら、「革の達人」エンリーべグリンの手にかかると水牛革も柔らかく鞣されて、かなり履き心地の良い革に変化しています。金具もオリジナルで、手造り感満載のディテールはこのブランドらしい温かみ溢れる雰囲気を演出しています。


20170124s9_2017012420303775e.jpg

20170124s10_20170124203038051.jpg


ソールは「コマンドスタイルソール」を搭載。ワークブーツなどに用いられるアウトソールパターンをレディースサンダルに合わせてくるのが独創的でかなり面白い。デザインだけでなく、実際に水場で滑らないなど機能面も◎。
他のブランドでは見たこともない独自の「タイダイ染めのような柄」を水牛革に入れてしまう技術の高さとアイディアを実現するチャレンジ精神に脱帽。


20170124s4_201701242028359de.jpg

20170124s5_20170124202837536.jpg


木型はこのブランドの定番といえる丸っこいトゥの足指をラクに動かせるタイプ。ヒールの高さや厚底仕様など歩きやすさをしっかりと考えた構造が素晴らしい。トゥは指の隠れたデザインのため冬季でも厚手の靴下や防寒用タイツなどで合わせて履けるのが楽しい一足。コートにサンダルスタイルは昨今コレクションでも良く見かけるスタイル。これからの時期にぜひ試してみては。


20170124s11_201701242030499cf.jpg

20170124s12.jpg


イタリア語で「小さな人」を意味するオミノというキャラクターが刺繍されているのもこのブランドの定番。ハンドステッチによる温もりはこのブランドの真骨頂。水牛革の素材感とタイダイ風のカラーリングがマッチして大人の遊び心を演出してくれています。
インソールにも手抜きは一切ナシ。イタリアブランドのMARNI同様に滑り止めのためのインソールをしっかりと手縫いで止めた素晴らしい仕上げ。最高級レザーのヘリの部分に滑り止めの型押しを施しています。手描き風のブランドロゴも優しい雰囲気を出していて素敵。




日本ではファッション感度の高い方々に選ばれているブランドだけに、まだご存じでは無かった方、知ってはいたがまだ持ってはいない方に一度体験していただきたい極上の一足です。
コンディションもほぼ履いていない状態で発見されましたので、かなりのオススメ。一度店頭にてご試着ください。




続きまして、今週末に行われるTAUといたしましても初めての試みとなる特別イベントの告知をさせていただきます。


20170124stop3.jpg
20170124stop.jpg


★詳しい会場に関する情報はギャラリー「siroiro」のホームページをご覧ください。


siroirotop.png
▲ホームページへはこちらをクリック


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター