Julien David Hollowing-out Leather Shoes

20161128s1.jpg

20161128s2.jpg


本日は「Julien Davidのくり抜き加工レザーシューズ」をご紹介いたします。


まずはこのブランドをご存じではない方のために、簡単にブランドプロフィールをご覧下さい。


[Julien David]
1978年にフランス、パリに生まれる。19歳に渡米し、ニューヨークパーソンズ美術大学に入学。在学中からナルシソ ロドリゲス(Narciso Rodriguez)の基で、直属のデザインアシスタントとしてキャリアを積んだ。後にラルフ ローレン(Ralph Lauren)の最高級ライン、パープルレーベルにてウィメンズウェアデザイナーとして、主にテーラードアイテムなどを担当。
2006年に来日し、日本の伝統的文化やストリート文化等に魅了され、東京を拠点に活動し始める。2007年には自身の名を冠にしたブランドをスタート。



20161128s17.jpg 20161128s16.jpg


このブランドはストリートとモードを融合したようなエッジの効いたブランドで、「格好をつけられる街着」と呼べるようなアイテムが多いです。個性的でありながらも、しっかりと基本を押さえたデザインが独特の世界観を築いています。今回ご紹介の靴もクラシックレザーシューズを基としながらも、このブランドらしさの良く出ている一足です。


20161128s3.jpg

20161128s4.jpg


まずこの靴の特徴はこの大胆にレザーをくり抜いて模様を作っているアッパーデザインです。
完全に穴を貫通させているデザインなので、SOXやタイツの色・柄をあわせて色々な見せ方を演出することができ、ファッション的な汎用性もかなり高い一足です。


20161128s5.jpg

20161128s6.jpg


くり抜き加工の美しさも素晴らしいですが、インナーの革をダークグリーンにしていたり、ステッチ糸にかなり太めのものを選んでいたりと、デザイナーの細やかなコダワリが見えます。


20161128s7.jpg

20161128s8.jpg


オーソドックスなクラシックレザーシューズベースの製法でありながらも、木型はかなり特殊で極端。ノーズをかなり長くとり、蹴上がりのトゥ部分がせり上がった木型デザイン。細長く足を見せつつ、ちゃんと歩行しやすい木型です。


20161128s10_2016112817544180b.jpg

20161128s11.jpg


内羽根式のレザーソール仕様とかなりクラシックな造り。ドレス仕様のベースながらもカジュアルな模様でポップに仕上げているバランスがこのブランドらしさ。


20161128s13.jpg

20161128s12.jpg


独特な光沢を持たせた耐水性も高い素材とコバ部分のホワイトステッチが調和してクラシックというよりはストリートな雰囲気に仕上げているのもジュリアンデイヴィッド流。




ジュリアンデイヴィッドはユーズドではかなり出現率の低いレアなブランド。しかも靴はかなり希少です。
何よりも本格クラシックレザーシューズをベースにしたレディースシューズ自体が少ないので、可愛く履ける本格派レザーシューズが欲しかった貴方にオススメです。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター