『さあ秋だ!!ブーツ&ブーティ—だ!!!』

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。



火曜日はレディースデー。


今夜はいよいよ迫って参りました「秋」に主役になれる靴を3足ほどご紹介したいと思いますので、宜しくお願いします。



それでは早速参りましょう!!!








今夜ご紹介する靴はこちら。



20160823s1.jpg

20160823s2.jpg 20160823s3.jpg

『フェラガモのセンターシームサイドジップショートブーツ』です。

見ての通りの超シンプルな佇まいのブーツですが、そこはイタリアの靴の代表格である高級ブランドらしく、極上カーフに歴史ある洗練された木型。フレンチブーツの定番ともいえる足を細く美しく見せてくれるセンターシームをイタリアブランドであるフェラガモがデザインしている…などなどこれぞ『洗練された本物』と呼べる一足に仕上がっております。

ブーツの筒の細さ、アンクルよりもやや長めの丈、3cm太ヒールと色んなボトムに合わせて品のあるクラシックを体現してくれる仕様。脚を綺麗にみせつつも歩き心地にもかなり配慮してくれている長いブランドの歴史で蓄積されたノウハウが詰まった最上級の一足です。


20160823s6.jpg

金具パーツにも一切の抜かりがございません!!ブランドのマークを模したオリジナル金具がエレガントさを数段UPしてくれてます!!!



20160823s4.jpg 20160823s5.jpg

後ろ姿も超シンプルながらも洗練された美しさ。ソールはここ近年フェラガモがよく使用している樹脂ソールを搭載しており、濡れた路面にも対応。クッション性能もレザーより飛躍的に高い素材なので、履いていて疲れがでにくい構造になっています。

脚を綺麗に見せてくれて、しかもストレスフリー。最高の一足ですね。








続きましては…



20160823s7.jpg

20160823s8.jpg 20160823s9.jpg

『ゴッフレードファンティーニのサイドゴアブーツ』です。

聞きなれない名前ですが、イタリアのシューズ専門ブランドです。メイドインイタリーのデザインはやはり独創的ですね。このブーツも一見ではシンプルな普通のサイドゴアかなと思ってしまいますが、よくよく見ると以上に幅の広いゴア、何重構造にもなっているアッパーのデザイン、コバの独特のデザインなどなどかなり個性的なのが見えてくる一足です。




20160823s11_201608211926450bd.jpg

ストームウェルトかな?と一瞬思いますが、それともまた違った独自のコバデザインのレザーソールです。これだけでもかなり他とは違う雰囲気醸し出していますね。

流線的なデザイン、Uチップの様でそうではない独自性、滑らかで柔らかい革質は一見しただけでイタリアンシューズと分かります。デザインのみではなくこの柔らかいカーフスキンによって履き心地もソフトで最高です。最初から柔らかくて足に馴染むのがイタリアンシューズの最大の特徴です。

快適でお洒落!!!最高ですよね。








さて、最後の一足は…。



20160823s13.jpg

20160823s14_201608211926493c0.jpg 20160823s15_201608211926510ba.jpg

『スポーツマックスのサイドゴアハイヒールブーティ』です。

スポーツマックスは「マックスマーラ」の1ラインとして展開しているミラノを拠点としたブランドです。こちらも非常にイタリアらしいデザインのブーティです。ミラノのレディスファッションシューズは『ヒール有』が基本です。スタイルを良く見せることが最優先で、履き心地はその次です。ただし、その名の通りスポーツマックスは躍動的に動けるストリート服をイメージして作られるため、靴もちゃんと『歩ける靴』に仕上げているのが特徴です。

このサイドゴアブーティーもしっかりとヒールバランスを設計した非常に安定したデザインです。
その上でサイドゴアで脱ぎ履きが非常にラク。脱ぎ履きの多い日本のシーンでもサイドゴアシューズは非常に活躍します。わたくし岸本もサイドゴアは大好物!!!とにかく快適なのは帰宅後すぐ脱げてくつろげること(笑)冗談ではなく昨今の猛暑日などは一刻も早く冷房の効いた部屋に駆け込みたいのに同じブーツでも紐タイプだと地獄です。(笑)

少し話がそれましたが、とにかくサイドゴアは生活していて本当にラクなのです。





20160823s18.jpg

非常に美しく、バランスの取れたヒールデザイン。ヒールの高さは7cmなので歩行に適した高さ基準をクリアしています。

サイドゴアもとても綺麗なアールを描いており、アッパーの各部を止めるステッチはダブルステッチでしっかりと頑強に仕上げていて、創りの面でも素晴らしい出来栄えですね。



20160823s17.jpg 20160823s16.jpg

細部の金具のデザインやベルトのステッチングなども一切の手抜きがなくて素敵。

ほぼ履いていない状態で発見されているので、今から自身の足に馴染んでくれるのも◎。









さて、秋のヘビーローテーション間違えナシの3足をご紹介してみました!

秋からと言わず、今の時期から短いボトム類と合わせて履いてもカッコイイまさに「使えるシューズ」だと思います。

TAUでは靴だけでなく服や小物も秋物が揃っております!!
ぜひ店頭にてご覧いただき先取りしてみてはいかがでしょうか。









さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。









お問い合わせはお気軽にどうぞ。



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★新たにOnline Storeを開設致しましたので、ご利用ください。


 ▲オンラインストアへ




★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


コメントの投稿

非公開コメント

岸本さん

いつもお世話になってます。
キヌガワです。
オーナーから聞いたんですが、もしかして先週の日曜gris-grisに来て下さいましたか?
せっかく京都まで足運んでくださったのに、会えずですみません。
でも、嬉しかったです!
またTAUお邪魔しますね☆

Re: キヌガワさんへのご返事です。

キヌガワ様

こちらこそ、いつもお世話になっております。

せっかくメール頂いたのですが、日曜日は必ずTAUに出勤しておりますので、オーナー様のおっしゃられていた方は僕ではないと思います。

素敵な古着屋さんということでしたので、また京都に行く機会がありましたら、お伺いしたいと思いますので、その際は宜しくお願い致します。

間違いとはいえ、わざわざメール頂き、ありがとうございました!


まだ慣れないことも多いとは思いますが、お仕事も頑張ってください!!


また、お話しできるのを楽しみに致しております。



TAU
岸本







> いつもお世話になってます。
> キヌガワです。
> オーナーから聞いたんですが、もしかして先週の日曜gris-grisに来て下さいましたか?
> せっかく京都まで足運んでくださったのに、会えずですみません。
> でも、嬉しかったです!
> またTAUお邪魔しますね☆
プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター