THE GREAT CHINA WALL-rhinestone western shirt-



こんばんは!

水曜日は私金谷がお送りするMEN’sブログです!





本日は、個人的にも10代の頃ドハマりした経験のあるこちらのブランドからのご紹介です!


まずはご覧くださいませ!


DSC_3748.jpg

DSC_3754.jpg

綺麗に打ち込まれたラインストーンが目を引くこちらのウエスタンシャツ。
どうしても土臭くなりがちなウエスタンシャツに、このカラフルなラインストーンのバランス。
めっちゃイケてます!

1999年にロサンゼルスに設立された、「THE GREAT CHINA WALL(中国長城)」 という名の、こう見えてかなりの高級ブランド。

一体何がそんなに高級なのか、と申しますと、
こちらのブランドの得意とするのは50年代から60年代を中心とした、いわゆるVINTAGEウエアに、こういったデコラティヴなラインストーンやスタッズ、ペイントやプリント、また刺繍など、オールハンドメイドで加工して世界に一つだけの一着をカスタムメイドするというものでして、非常に手間のかかる工程と、ヴィンテージという希少価値を孕んだ、ハイクオリティーかつオンリーワンなお洋服なのです。

ブランド設立当時はベースにヴィンテージを使用するということもあり、古着業界にも波紋を呼んだと聞いております。

DSC_3787.jpg

ベースとなったウエスタンシャツのオリジナルタグもきちんと残っております↑

DSC_3781.jpg

こちらのプリントしてある方がブランドネームですね。↑

DSC_3784.jpg

所々にステッチをわざわざ入れたり(しかも裏にしっかり補強布を当てています)、
ハンドステッチで縁取りしたりと、さすがの凝りよう。ため息モノです。

DSC_3791.jpg

加工はすべてアメリカ本国にて施されているんですが、顧客層がLAのセレブな方々ということもあり、着心地にもこだわりがあります。

ラインストーンの裏側を見るとしっかり金具が当ててありますよね。これによってただの打ち込みのラインストーンやスタッズと比べて肌心地が格段にUP!

コストを惜しまずデザイン重視でモノづくりをしている姿勢が見て取れます。




今日はこのウエスタンシャツを主役にコーディネートを考えてみました。

まずは完成形でございます・・・!↓

DSC_3852.jpg

DSC_3850.jpg

DSC_3846.jpg

「グレート・チャイナ・ウォール」のお洋服から個人的に感じるのは一言で表現すると「オトナな毒気」。

酸いも甘いも経験したオトナな人間にこそ着ていただきたい、そんなブランドなので、
インナーにはさらに毒気のあるプリントをチラッと・・・。

その代わりパンツは細身でスタイリッシュに!
足元もボッテガ・ヴェネタのローファーで大人っぽく合わせてみました。



引きの画だと分かりにくいですが、こちらの新入荷のパンツもただモノではございません・・・!↓

DSC_3757.jpg

DSC_3762.jpg

DSC_3821.jpg

「DIESEL BLACK GOLD」からの一本。

深~いグリーンに染められたデニムにさらにペイント加工。

光が当たるとレザーのようなヌメッとした独特の質感が雰囲気◎

DSC_3823.jpg

コインポケットにもこだわりが。↑

DSC_3829.jpg

バックポケットもやや下目にずらして使い易くしてくれています。しかしながら野暮ったくはないスリムな形状。↑

DSC_3819.jpg

なんといってもこのダークグリーンの色目と質感が秀逸です。秋冬にも引っ張って着られそうなので、先物買い、いかがでしょう?

DSC_3816.jpg



そして、先程インナーに使用した髑髏プリントのTeeシャツ。↓

DSC_3773.jpg

DSC_3776.jpg


実はノースリーブでした。
しかし肩口のリブもしっかり残っており、ハード過ぎなくて着やすいかと思います。

今の季節、一枚で着るならボトムスにデニムは勿論の事、テーパードスラックスなんかも良いですね!

DSC_3832.jpg

DSC_3837.jpg

DSC_3839.jpg

お好きな方は是非お試しあれ。良いサイズです。





さてさて、もう1スタイルご紹介します。↓

DSC_3813.jpg

DSC_3810.jpg

DSC_3806.jpg

先程とは打って変わって、可愛らしさを意識したリラックススタイル。
極太のサスペンダーも効いています。

このシャツの良さは、これだけデコラティヴでありながらもどこかにベースであるヴィンテージウエスタンの土臭さや男らしさが感じられるところかと思います。

なので、デザイナーズなどの少し変則的なボトムと合わせてもちゃんと「男」でいられる。

よく考えると、メンズが着てもおかしくならないラインストーンのアイテムってほとんどないですよね。


使用したパンツは・・・↓

DSC_3766.jpg

DSC_3770_201607271624329b1.jpg

DSC_3796.jpg

「3.1 Phillip Lim」

かなり履き易い、涼しいパンツです。

サスペンダーで吊ってもちょうど膝下くらいになる方がほとんどかと思います。
履き易い丈感でヘビーローテーション間違いなしです!

DSC_3800.jpg

フィリップ・リム らしい、着脱まできちんと着易さを計算したディティール。↓↑

DSC_3801.jpg

素材までこだわり抜いた、随所で人と差がつくショーツでございます。

DSC_3794.jpg




最後に極太サスペンダーを。↓

DSC_3854.jpg

この太さ、現行のものを探してもまあ難しいでしょうし、OLDのモノの中でも珍しい一点かと思います。

いつものスタイルにちょっとしたスパイス、いかがでしょうか?






最後までお読みいただきありがとうございました・・・!!!







お問い合わせはお気軽にどうぞ。



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★新たにOnline Storeを開設致しましたので、ご利用ください。


 ▲オンラインストアへ




★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター