『ハイブランドのハイクオリティーなスニーカーたち -第三回-』

ども、金曜日は靴のお話。岸本です。



本日は先の2週に続きまして、「ハイブランドスニーカーのお話」の第三弾をお送りしたいと思います。一くくりにハイブランドスニーカーと申しましても、そこはデザイナー、ブランドによって全く違うベクトルやアイディアで作っているジャンルとも言えて、非常に振幅の大きい、個性の出やすいカテゴリーでもあります。


今夜お話しする靴もなかなかにデザイナーのマニアックなこだわりをヒシヒシと感じる一足に仕上がっておりますので、ご覧ください!!!




今夜ご紹介するハイブランドでハイクオリティーなスニーカーはこちら。

20160610s.jpg


「ドリス・ヴァン・ノッテンのドレスアップ仕様スニーカー」です。

写真を見ただけでは「えっ?これスニーカー?」と思ってしまうのではないでしょうか?そうです。それこそがこのスニーカーのハイブランドらしさというかデザイナーの意図が詰まりまくったスニーカーだという証なのです。

簡単にいうと、このスニーカーは「8割は革靴」しかも「ドレスアップシューズ」なのです。

どういうことか詳しく説明して参りましょう。



20160610s1.jpg

まずはその革質。
極上のきめ細かいカーフスキンを植物染めしたアッパーレザー。しかもよ~く見ると真っ黒ではなく、ダークネイビーをさらにダークにしてほぼ黒にみえるくらいのネイビーカラーなのです。

欧米では「ブラックカラー」は「ON、キメルための気取った色」。対して「ネイビーカラー」は「カジュアルでリラックスした色」のイメージが基本としてあります。つまりは黒は攻めの色。ネイビーは柔らかく優しい印象の色。

よって黒は逆にいえば余裕ない感じにも見えてしまうために黒の変わりにネイビーを選ぶ方も目の肥えたお客様には多いそうです。ただしネイビーの青みが強すぎるとカジュアル要素が強くなりすぎてラフになってしまう…。パーティーや高級レストランなどにも入るにはふさわしくない…。

ということでそういった感度の高い余裕ある層を顧客に抱えるハイブランドでは「ONで着れるネイビーカラー」を取り揃えているのです。そうですつまりはそれが「ダークネイビー」なのです。

今回ご紹介のドリスの靴はそのダークネイビーをさらにダークに仕上げた「ダークダークネイビー」つまりほぼ黒に見えつつもなんとなく印象が柔らかく感じる…。そんな微妙な調整を施したまさに「マニアックすぎて誰も気づかないかも」(笑)なデザイナーの「こんなの作ってみたかってん」が伝わるシューズなのです。しかもそれをスニーカーでって…。凄く贅沢。これぞハイブランドスニーカーでしょう!!




20160610s5.jpg

そして形は「ストレートチップの飾り無し、内羽根式」という革靴の中でも礼節を重んじる正式な場所でも履ける「ドレスシューズ」です。ストレートチップ部分にブラインドステッチでステッチが見えない加工を施しているのでかなりスマートなドレス感UPな出来栄え。

ドレスシューズタイプなのに木型は幅広に設定した非常に足指を動かしやすいドイツ型に近い木型で、カジュアルに楽にも使えるようにしています。格好つけてるだけじゃなく、ちゃんとストレスなく実用できるのがこの靴の良いところです。



と、そんな微妙すぎるコダワリを盛り込んでいるのに…。



20160610s4.jpg

はい。スニーカーソールを搭載。しかもローテクのトレーニングシューズ系。

これは紛れもなく古き良きローテクスニーカーなのであります。しかしこのソールもただのローテクではなく…


20160610s2.jpg

20160610s3.jpg

革靴のコバ飾りを模した▲▲▲を入れて革靴風に見せているという徹底ぶり。

色もアッパーのダークダークネイビーに対してソールは明らかなネイビーでソールだけはカジュアル100%仕様。これによりソール以外は本格革靴の造り方の靴が「スニーカー」に変身する訳です。

ネイビーの濃淡違いのツートーンというのもほぼ見たことないので、ドリスはかなり色合いと使用場所などにもこだわった一品なのだろうと想像できますね。

おそらくセレブ層には、簡単なパーティーなどでスーツなどに遊び心で合わせられるように、そして普段着の上品さのあるカジュアルにもこのソールなら使い易いなどなど、たくさん拘ったのが伝わってくる一足ですね。

ドリスヴァンノッテンは素材の色や柄にこだわりまくった作風ですが、これまた例に漏れず素材と色合いにこだわりまくったこのブランドらしさしかない靴です。

ドリスはアースカラーをベースとした柔らかさ、優しさのあるモードブランドだと岸本は思っているのですが、このスニーカーは黒の代わりにこのネイビーを使って素人のお客様には気づかれないような工夫をしている…。まさに玄人好みの柔らかい雰囲気をもったドレス系スニーカーなのです。


中の構造も最高級革靴の造りとスニーカーの楽でソフトな造りを見事にミックスしており、履き心地はまさにスニーカーのそれなので、ノンストレスに履けること間違えナシ!!!な一足です。

色も黒と同じ使い方で問題ナシ!!!でも黒とは与える印象が違う…。それっていいですよね。




革靴好きな方にもおススメできるかなり稀なスニーカーなので、気になる方はお早めに。




さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。






お問い合わせはお気軽にどうぞ。



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★新たにOnline Storeを開設致しましたので、ご利用ください。


 ▲オンラインストアへ




★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター