『ハイブランドのハイクオリティーなスニーカーたち -第一回-』

ども、金曜日は靴のお話。岸本です。



今回の新入荷ではTAUとしては珍しく『スニーカーが豊作』でした。

いろんなスニーカーがたくさん入荷したのですが、今夜はその中から厳選してデザイナーズのハイプライススニーカーをご紹介したいと思います。

新品では「スニーカーにこの値段は出せないな~」となって中々手が出ないジャンルの靴とも言えますので、ユーズドで出たこの機に試してみてはいかがでしょうか?


高級革靴なみの元値のスニーカーたちですから、細部へのこだわりもモチロン半端ないですしね。


今夜はその「第一回」と題しまして、極上ブランドの極上スニーカーをご紹介します。今夜紹介するスニーカー以外にも同格のブランドスニーカーが数足そろっておりますので、また回を改めてご紹介して参ります。


それでは今夜ご紹介する第一足めの極上スニーカーはこちらです!!




20160527s.jpg

『ピエールアルディのジュート×ウレタン×カーフレザースニーカー』です。

アパレル業種の方には絶対的認知度をもつこの『ピエールアルディ』。フランス本国での認知度はルブタンと並び称されているデザイナーです。靴関連の映画や雑誌には必ず筆頭として名を連ねているまさに現在靴シーンの巨匠なのです。

とはいえまだまだ日本では一般層には認知されていないのではということで、ここでブランド説明。





ピエール アルディはフランスの靴ブランド。自身のブランドを立ち上げる以前は、さまざまな高級ブランドで靴のデザインを行っていた。1988年、クリスチャン ディオールで靴のデザインに携わり、有名となる。その後、エルメスのメンズ、レディースシューズのデザインを経験する。その他、Ecole Superieur des Arts Appliquesにては教鞭をとり、「Young Designers International Festival in Hyeres」ではアートディレクターを経験するなど活動範囲は広い。

1999年S/S、自身の名を冠したブランド「ピエールアルディ」を設立。レディースのシューズコレクションを発表。

2001年には靴のメンズラインをスタート。その後、エルメスのジュエリーラインのクリエイティブディレクターに就任、バレンシアガのシューズのデザインも手掛ける。

2003年、パリにピエール アルディとしては初のショップをオープン。




とまあ、伝統あるフレンチブランドで腕を磨いた輝かしい経歴の持ち主であり、やはりそれゆえに素材やデザインに対するこだわりは半端ない訳です。なので当然プライスも上がってしまうんですね。大体このブランドの新品での値段は5万円~15万円とかなりのハイプライスブランドなのです。


今回ご紹介のスニーカーも、もはやこれをスニーカーで作って良いのか?というなんとも贅沢仕様な靴です。


では細部を見ていきましょう。


20160527s3.jpg

20160527s7.jpg 20160527s6.jpg

20160527s8.jpg


まずこのスニーカーの最大のこだわりは「素材使い」ですね。

ジュート(大麻)素材をスポーツ系デザインに載せるという大胆アイディアに、部分部分にウエットスーツ素材のウレタンを使用。しかもピンクカラーをチョイスして近未来的POPにジュートシューズを仕上げるという荒業をなし遂げているのです。そして白いレザー部分は最高級のカーフスキンで上品さをプラス。かかと部分のパーツはマットブラックの樹脂素材を使用して引き締め効果とマッタリとした雰囲気も足している…というかなり難解なバランスのデザインですね。これこそがピエールアルディらしさといえるかなり革新的なデザインです。

各部のステッチも最高峰の工場で作られているのが一目で分かる非常に細かく整った素晴らしいステッチングです。

これだけいろんな素材を縫い合わせるとそれだけで縫いのコストは跳ね上がりますので、プライス高いのも納得の工法ですね。贅沢すぎます。




20160527s1.jpg

紐部分は最初のみアイレット(鳩目)であとはPRADAなどにも見られる近代的な紐通しのデザインです。
ジュート素材を使うとどうしても「田舎っぽい古い感じ」になりがちですが、このデザインならばしっかりとモードに仕上がっております。
木型も細くも太くもない非常に美しくそれでいてしっかりと指も動かせてラクな絶妙なバランス。フランス靴らしい美しい木型ですね。上品さ120%です。



20160527s2.jpg

各素材、各カラーのマッチングバランスが天才的。ただ派手なスニーカーとは一線を画す素晴らしいデザインです。


20160527s5.jpg

シューレース+ベルクロ仕様で甲部分のフィットも抜群!!!履き心地や使いやすさへの配慮もしっかりとしているアタリがさすがは靴専門ブランドですね。歩行のメカニズムも理解しているのが素晴らしいです。

ベルクロ部分にもジュートを使用してそこにロゴ刻印…。このベルトだけでもかなりコストかかっていますね。贅を極めた靴だと思います。


20160527s9.jpg

そしてピエールアルディといえばこの独自デザインの完全自社開発のソールデザイン。高発泡ウレタンソールを中層に使って履き心地は最先端。そして摩耗に強い低発砲樹脂を一番外に使用しており、そのデザインも非常に秀逸で美しい…。

まさに抜け目のないほぼパーフェクトな仕上がりのスニーカーです。




今まで色んなブランドのスニーカーを見てまいりましたが、このバランスのスニーカーは正直見たことありません。

かなり奇跡的なデザインバランスに仕上がった本当の極上スニーカーで、クオリティーもソール技術も本当に素晴らしい!!!買う買わないではなく、ぜひ一度ご覧いただきたいレベルなので、ぜひ店頭にてご覧ください!!!


先にも話したように今回の入荷で各種多彩なスニーカーが揃っておりますので、そちらも合わせて楽しんでいただけると思いますので。






さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。











お問い合わせはお気軽にどうぞ。



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★新たにOnline Storeを開設致しましたので、ご利用ください。


 ▲オンラインストアへ




★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター