『ユニセックスな靴たち -番外編-』

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。



本日は前回、前々回に引き続き、「レディースのサイズ大きめの方、メンズのサイズ小さめの方」にオススメの男女ともに履ける靴をご紹介しようと思います。


なかなか日本で見かけることも少ないブランドですが、歴史あるパリの超高級ブランドであり、オートクチュールの世界で名を馳せたデザイナーの創業した品質バツグン!!!な一足ですので、ぜひご覧ください!!!



それではご紹介します。


本日ご紹介する靴はこちら。



201605010s.jpg

201605010s2.jpg

『ロシャスのビニールメッシュ素材コインローファー』です。


『ロシャス』と言われても、よく分からない方も多いと思いますので、ここでブランド説明を。



1925年、マルセル・ロシャス(Marcel Rochas,1902-1955)がパリにて創業。ストロングショルダー(型を強調したデザイン)がブランドのアイコンとなった。その他、フェミニンなデザインも特徴的で、カラフルな色使い、リボンやチュールなどの装飾、シープスキンを利用したコレクションが得意だった。

マルセル・ロシャスは革新的なアイデアでオートクチュールをリードしたデザイナーだった。ポケットつきのスカート、七分丈(2/3丈)のコートなどなどを提案した。オートクチュールの中では、クリスチャン ディオールのニュールックやエルザ スキャパレリのショルダーデザインなど時代を代表するデザイナーと比較された。

1987年、化粧品企業のウエラが、ロシャスを買収。この影響を受けてロシャスの事業の中心が、フレグランス分野に傾く。89年、ジバンシィ、クロエでキャリアを積んだピーター・オブライエン(Peter O'Brien)がデザイナーに就任。

2002年、オリヴィエ ティスケンスがアーティスティック・ディレクターに就任。天才と呼ばれていたティスケンスは若干25歳だった。ティスケンスのデザインは、エレガントなシルエット、美しい色使いで、多くのジャーナリストから絶賛される。さらに、ニコール・キッドマン、ジェニファー・ロペスなど多くのセレブリティにも支持された。




とまあ、輝かしいパリの歴史あるブランドなのであります。

クチュール色の強いブランドだけにここの靴もかなり凝った素材使い、装飾性の高いものが多く、カジュアルなものでも6万円前後、凝ったものは15万円前後と、本格的なハイクオリティーシューズを展開しています。

今回ご紹介する靴も一見するとPOPなカジュアル靴に見えますが、細部のコダワリはハイブランドらしい素晴らしい出来栄えの靴です。


それでは細部を見て参りましょう。



201605010s1.jpg

201605010s9.jpg

やはり一番目をひくのはこの素材使いとカラーリングですね。

昭和のピクニックを思わせる(笑)ナイロン素材をメッシュ地に編み込んだ素材です。この素材は耐久性と耐水性に富んでいるので、見た目だけでなく実用面でもガンガンに履ける一足です。編み込みも細やかで、なんとも言えない絶妙な配色により、POPでもありながらどことなくシックさの漂う上品な仕上がりです。

このあたりの微妙なカラー選択は非常に“パリらしい”ですね。ありそうでない微妙な色調整がさすがはパリブランドって感じです。





201605010s4.jpg 

201605010s6.jpg

ステッチの色にもコダワリまくっています。ややグレーがかった水色のステッチがホワイトレザーと合わさって、パリ伝統のマリーンスタイルアイテムに仕上がってます。伝統を重んじつつも、ビニール素材を使うという斬新さもある素晴らしい一足です。

縫い方も熟練職人による手作業で、随所にハンドメイドでしかできないステッチングが施された本格仕様ですね。





201605010s7.jpg

201605010s5.jpg

これまたパリの高級ブランドがよくやる技法の一つですが、レザーソールのサイド部分を手塗りでホワイトに塗っています。

こうすることで、手作り感ある温かく柔らかい雰囲気に仕上がり、カジュアルに使ってもどこか上品さの漂う「ワンランク上のカジュアル」を演出できます。

非常に手間のかかる技法なので、大量生産はできず、当然プライスも上がることになります。コストと手間暇をかけてでもちょっとした雰囲気を大切にするというコダワリなくしては出来ない部分ですね。





201605010s3.jpg

コインローファーのやや丸みのある木型で、素足履きもOK!!! ホワイトレザーもかなりの高品質のため、かなり精度の高いバランスに仕上がっております。これを履くだけでもはや通!!!といえる靴だと思います。




201605010s8.jpg

内側の造り、素材も一切の手抜きナシ!!です。インソールも最高級レザーを何層にも重ねた仕様で、柔らかく肌触りも最高。ロゴもしっかりとステッチ入りで埋め込まれており、妥協ない一足だとここでも分かりますね。

デザイン、造りともに、本当に素晴らしい仕上がりの靴です。





こちらのサイズは24、5cm~25cmくらいのサイズとなっておりますので、サイズの合う男女にオススメします!!!

デザイン的にもユニセックスに履ける最高品位の一足ですので、サイズ合いそうな方はぜひ一度お試しください!!!










さて、今夜はここまで。
以上、岸本がお送り致しました。


ありがとうございました。










お問い合わせはお気軽にどうぞ。



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★新たにOnline Storeを開設致しましたので、ご利用ください。


 ▲オンラインストアへ




★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター