TAU DENIM PROJECT



こんばんは!

本日は生憎の曇天にも関わらずご来店頂きまして、ありがとうございました。
やはり皆さん、もう春夏の物をお求めの方ばかりで、Tシャツやブラウスなど薄手のアイテムは良い物からドンドン減って行っているように感じます。

こういった、季節が変わる時ってのはなぜか、上の物を先に買ってしまいがちですよね。
やはり私たちの頭の中にある季節感のイメージって、冬なら「コート」、春なら「ブラウス」、みたいにお洋服においては上半身の方が分かりやすいのかもしれません。逆に春っぽいパンツってなんだ?と考えたときに全員が納得するアイテムって難しい気がしますね。特にメンズは。笑


そんな小難しい話はさておきまして、本日はタイトルにも書かせていただきました、当店オリジナルの商品のご紹介でございます!

事の発端は数か月前。。。

TAUのスタッフ全員が感じている、昨今の「デニムブーム」
コレクションなんかを見ていてもデニムのアイテムは一年程前からアイテム数がグッと上がったように感じます。

しかしながら古着屋さんには、定番の501や VINTAGE のものは常にあったとしても、何か物足りないというか、もっと気軽に履けて、尚且つスタイリッシュに使えるようなシルエットのデニムが欠けているのかもしれない。。。

VINTAGEデニムは勿論カッコいいけど、それなりに大枚はたいた割にはダメージを気にしてそんなに履かなかったり。
デニムって本来何も考えないで履けちゃうくらいの気軽さも大事な気がします。

そこでTAUとして何ができるのか?と考えた時に、

定番的過ぎず、でも気軽に履けて、程よくスタイリッシュでデザイン性があり、テーラードJKTなどとキレイ目にも合わせられるようなDENIMを作ろう!!!

と言うことに。



その名も「TAU DENIM 」

今のところ Made In USA の Levi's 501、505、517 を素材として3型展開致しております。

まずはご覧いただいた方が早いと思いますので、どうぞ!!! ↓





DSC_2537.jpg

まずは501ベース。

DSC_2495.jpg

お分かりかと思いますが、501をベースにテーパードをかけてあります。
しかしあまり細くしすぎると気軽に、リラックスして履けなくなる。と言うことで腰回りはあえて手を加えず。

そして全型、丈直しを施してノークッションのスラックスをイメージした丈感に。

DSC_2498_2016041316092803f.jpg

ちなみにこちらの501はW31のものを着用しています。
スタッフの体型でジャストのものを、まずは着用いたしました。

DSC_2532.jpg

そして一番のデザインポイントがこちらのバックポケット跡。

こういった引き算的なコンセプトのデザインは、某有名ブランド様の企画以降様々なブランドがディティールとして取り入れておりますが、新品のブランド様方の製造ラインによって造りこまれた色落ちとはまた違う、実際に10年、20年経過していることによるリアルなグラデーションや、個体差。

「製造された感じ」が一切感じられないのがTAU DENIMの特徴かと思われます。

DSC_2541.jpg

DSC_2546.jpg

501はボタンフライ仕様です。

DSC_2550.jpg

こちらの個体はところどころに薄い赤いしみのようなものが残っていて、ストーリー性感じます。↑

DSC_2552.jpg

そして丈を上げるだけではなく、オリジナルの裾を再び取り付けておりますので着用してもヘンな違和感はありません。↑

普通に着るとノークッション、2回ロールアップすると、くるぶしが見える丈、と言った感じです。







DSC_2581.jpg

さて2型目、
505ベースです。

こちらはあえて着用モデルのジャストサイズであるW31の一つ上、W32のものを着用しています。↓

これくらいの、少しゆとりのある感じの方が履き易い、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

DSC_2506.jpg

やはり見た目にも少しゆとりを感じますが、しっかりテーパードが効いていてすっきりした印象です。

もともと505は501よりも身体に少しだけフィットしているシルエットなので、テーパード率を変えて501のTAU DENIMとほぼ同じシルエットになるよう計算されています。
ただ年代は501よりも新しいものが多いという傾向があるので色落ちの感じはまた違うかも知れません。


この505ベースはかなり色の残っているタイプとなりますが、のっぺりとした薄い色のデニムも個人的には好きです。

DSC_2510.jpg

DSC_2576.jpg

DSC_2585.jpg

ご存知、505の前開きはジッパーフライ仕様。

楽さを求めるなら505?でしょうか笑

DSC_2589.jpg

かなり通な見方かもしれませんが、丈を詰めることによって元々の膝のアタリがすとんと下がってくるのもオモシロポイントです。







DSC_2561.jpg

最後は517ベースのものを。

DSC_2520.jpg

517といえばブーツカットなんですが、そこはあえて無視してテーパードをかけることに。

その代りに活かしたかったのは517の股上。501や505に比べると実は少し深いんです。

後ろ姿の方が分かりやすいかもしれませんが、
517特有の腰回りのシルエットと、膝下のテーパードのメリハリ!
少し玄人好みのシルエットに仕上がりました。

ちなみに着用のウエストはW33です。
517ベースのものに関しては、メリハリが良く出るように、少し大きめのものをお勧めいたします。

DSC_2527.jpg

DSC_2557.jpg

501、505に比べてポケットがやや縦に長く、全体的に大きく感じられるのが517バックポケットの特徴です。

DSC_2569.jpg

DSC_2565.jpg

517も505同様、ジッパーフライです。

あとはやはり、色落ちの綺麗なものが比較的多いように感じますね。

DSC_2570.jpg

そして517に関しては元々の素材の時点で前着用者が丈を直している物が多かったり、ブーツカットと言うパターンの特性上レングスを揃えることで自然と個体差が出てきます。

517ベースのものに限ったことではございませんが、一本一本違った印象のものになりますので、まずは試着してみられて、自分のサイズに合った一本を探してみて下さい!




DSC_2601.jpg



そして実はこのプロジェクト、今回の入荷で二度目でございます。
初めての入荷と同時にこちらのブログに掲載できたら良かったのですが、ご紹介する間もなく旅立っていき、今回やっとご紹介できた、といった流れです。

沢山ご用意してお待ちしておりますが、サイズにはある程度限りがございますので、気になる方はお早めに。。。!





最後までお読みいただき有難うございました。
本日は金谷がお送り致しました!







お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460






★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ



コメントの投稿

非公開コメント

いきなりのコメント失礼致します。
お値段はおいくらでしょうか?

Re: タイトルなし

> いきなりのコメント失礼致します。
> お値段はおいくらでしょうか?



お問い合わせ頂き、ありがとうございます。

こちらの商品に関して、501、505、517共に全て料金一律の税込み9,980円になります。今現在でしたら、ブログにも書かせて頂いた通り、品番&サイズは選んで頂ける状態です。

また何かありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

宜しくお願い致します。


TAUスタッフ一同
プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター