『アレキサンダーワンの編み込みレザーサンダル』

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。



本日はマルニに続き、先日にサラっと簡単にご紹介した靴たちを詳しくご紹介したいと思います。

掲載した順にマルニから5足詳しくご紹介する予定だったのですが、紹介予定の靴がほぼ売れてしまいましたので、本日は順番でいうと5番目の靴のご紹介となります。


それではご覧ください。

本日ご紹介する靴はこちら。



20160308s.jpg

『アレキサンダーワンの編み込みレザーサンダル』です。


このサンダルTAUの歴史上では一度カーキカラーが数年前に入荷したことがあるのですが、その時は即売れてしまった人気の形でもあります。

この時期にはタイツで履いて、スプリングコートなどと合わせてコーディネートしていただいても良いですし、温かくなった時期にはもちろん素足で履いてカッコイイとても汎用性の高いサンダルです。

それでは詳しくディテールを見て参りましょう。




20160308s1.jpg

やはり最大の特徴はこの編み込んだレザーのデザインですね。デザイナーズブランドらしい非常に高級なカーフレザーを使用していますので、履き心地もかなりソフトで肌触りもかなり良いのが特徴です。


20160308s6.jpg

甲部分にメッシュ状の編み込みを入れるのはローマ帝国時代からあった非常に歴史あるデザインであり、甲部分の可動をし易くしつつも革の伸びが出にくいように耐久性も兼ね備えた非常に機能的なデザインでもあります。

どことなく民族的といいますか、リゾートチックといいますか、この形状の靴は比較的そういったイメージですが、このブランドらしく「オールブラックカラー」で仕上げているので、非常にモードな仕上がりになっているのも特徴ですね。

この形状の靴は通常はブラウン系などアースカラーでつくられることが圧倒的に多いので、このカラーチョイスはニューヨーク系デザイナーズならではですね。



20160308s5.jpg

アレキサンダーワンらしさのもう一つはこの「こっそりヒール有り」ですね(笑)

一見するとヒールなさそうに見せて、3cmから5cmくらいのヒールを装着していることが多いのがこのブランドらしさです。
このサンダルも約3cmのヒールになっており、ちゃんと脚を綺麗に見せてくれてるのが素晴らしいですね。




20160308s3.jpg 20160308s4.jpg

ベルトなどの細部にこだわっているのもこのブランドらしさ。

留め具のベルトは2層構造になっていて、ベルト金具が見えないようにデザインされています。
金具の反対側はレザーに切れ込みを入れてゴム仕様になっており、脱ぎ履きをラクにしてくれる工夫アリ。目に見えないコダワリを持った靴は良い靴だと岸本は思います。



20160308s8.jpg 20160308s9.jpg

もうひとつの目に見えないこだわりがこちら。インソール全面にクッション材をいれています。

レザーアウトソールのクッション性の無さをここで軽減。履き心地を飛躍的にあげる工夫です。





20160308s7.jpg

そして、前使用者が雨の日対応としてしっかりとソールの裏張りをしてくれていますので、張る手間とコストがかからないという特典付き。

このパーツを交換していくことで長く履ける一足です!!







コーディネートの観点から見ても、色んなジャンルの恰好に合わせることができる非常に汎用性の高い一足ですので、サイズの会う方にはかなりオススメのサンダルです。ぜひ一度ご試着ください!!!








さて、今夜はここまで。


以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。










お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460






★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター