『変わり種ソールサンダルのご紹介。』

ども、金曜日は靴のお話。岸本です。



今夜は前回同様に、この時期にはタイツで履いて、夏場には素足で履ける息の長いサンダルのご紹介です。

といっても普通のサンダルではございません。かなり珍しい「変形特殊ソール」を搭載したサンダルです。



それでは早速見てみましょう。



今回ご紹介する靴はこちら。


20160226s.jpg

『UNKNOWNの変形木底ソールサンダル』です。


写真を見ていただいて分かる通り、かなり変形のソールですね。



20160226s1.jpg

この靴の最大の特徴はもうこのソール形状に尽きますね。一枚木材を削りだしてつくった木製のソールで非常に軽量です。

ただデザインのための形なのではなく、軽量化のための形でもあるのです。

体重のかかる位置もしっかりと計算されて安定しているのも◎。




20160226s4.jpg

見る角度によって少しラメが入ったように見える光沢感あるアッパーも独特の雰囲気を醸しだしています。

ナイロン生地素材なので雨に強いのも素敵。気を使わずにガンガン履けるサンダルですね。




20160226s3.jpg

赤の塗料を手塗りで木目を活かしながら塗りこんでいるのが珍しいですね。こういった木底のソールは木のナチュラルカラーのまんまで塗装ナシのことが多いので、手の込んだ作業です。

ナチュラルカラーのままの木底は可愛いですが、ややカジュアルでチープに見えてしまうのも事実なので、黒の光沢感あるアッパーと合わせてクールに仕上げた一足と言えますね。





20160226s2.jpg

横からみると細くシャープに見えるようにしていますが、後ろから見るとヒールの横幅をめいっぱいにとって体重を支える面積をしっかり取っているので、安定して足に負担をかけにくくなっております。



20160226s5.jpg

インソール部分にはレザーを使用して肌触りも◎。しかもインソール全面にクッション素材を使用しているので、木底の靴の欠点であるクッション性の欠如を補っています。

こういった履き心地への配慮はとても素晴らしいと思います。




20160226s14.jpg

配慮はまだまだ続く。(笑) 木底に貼りつけたゴムは硬質クレープソールで、クッション性をここにも持たせているので、インソールと合わせて木底の靴としては画期的な仕様になっていて、ラクに履けるようになっています。素晴らしい!!





アメリカンファッションが世界的に注目されている昨今、この変形木底ソールは非常にアメリカ的なサンダルなので、色々なコーディネートに合わせていただくとそれだけで新しいファッションスタイルになると思います。幅広い合わせ方ができる一足なので、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

ぜひ一度、お試しください!!












さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。











お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター