『第2位のジルサンダーを詳しく検証。』

ども、金曜日は靴のお話。岸本です。



さて、今夜は先の靴ブログでも書いた通り、ランキングでご紹介した極上靴を一足ずつ詳しく解説してみようかと思います。


第一位、第三位のプラダはいずれもお嫁に行ってしまわれたので、今夜は第二位にランキングしていた靴をご紹介致します。


では早速まいりましょう!




勝手に岸本ランキング第二位の靴はこちら。



20151218s.jpg

20151218s6.jpg

『ジルサンダーのイタリアンクラシコ仕様プレーントゥシューズ』です。


もはや、詳しく説明せずとも上の写真だけでも凄まじいオーラを纏った靴なので、良い靴なのは伝わっているとは思いますが、岸本的にこの靴をベスト3内に選んだ理由がございますので、そちらをお話したいと思います。



20151218s2.jpg

20151218s3.jpg

まず一番の高評価は『木型』です。ジルサンダーの靴の木型は岸本は大好きなことが多いんですが、理由はこのブランドが「ドイツブランドである」ことに起因します。基本的にドイツの木型を用いているので、指先が自由に動ける空間を持たせつつも、ビルケンシュトックのように広く取り過ぎることなく、小指側にかけて滑らかに傾斜をつけてシェイプした木型はまさしく「芸術」の域なのです。蹴上がりを高く設定した木型は、もちろん歩行にも適しています。美しさと機能の融合。これは素晴らしい!!!



20151218s1.jpg

第二の評価理由は「プレーントゥであること」。欧米では靴には履いていって良い場所など決まり事が多々あります。このプレーントゥというシューズ、しかもブラックカラーは「冠婚葬祭すべてOK!!!」でしかも「シンプルなのでデニムなどカジュアルにも使用可能」なある意味履くシーンを選ばない最強シューズの型なのです。


そして、


20151218s8.jpg

20151218s9.jpg 20151218s11.jpg


 20151218s7.jpg

第三の理由は「未使用の新品状態でしかもイタリアンクラシコの伝統製法」であることです。

ドイツブランドでありながらも、イタリア製造をするのがこのジルサンダー。特にこの靴はレザーソールの仕様などすべて「イタリア伝統の技法」が盛り込まれています。つまりはドイツ木型でありながら、細部はイタリアンの色気もある靴なのです。

どうです?見えないハズの靴の裏がこんなに光沢感あってゴージャスな靴ってあんまり見たことないでしょう?写真で見ただけでもそのクオリティーの高さと工芸品的な質の高さがうかがえる極上シューズですね。

こんな極上シューズが新品で出てきた…。これはもう最高でしょう…。




20151218s4.jpg

そして岸本的にかなり高い評価をしているのが、このインソール部分。

イタリアンクラシコの靴は歴史を重んじるあまり、昔の仕様のインソールで固めが多いのですが、かかと部分にかなりのクッション性ある造りにして、非常に近代的、科学的な要素を取り入れているんです!!超一流のクラシックシューズでありながら、履き心地は最新のスニーカー的軽快さがある靴なんです。これは中々ないことなんですよ!!ジルサンダー凄い!!!




20151218s5.jpg

細部にも一切の手抜きナシ!!!蝋引きされた靴紐は雰囲気も耐久性もバツグン!!!

鳩目も内蔵型で完全なるドレスアップ仕様で、どこに履いていっても恥ずかしくない!!!こういう細かい配慮が最高な靴の条件ですね。




20151218s10.jpg

シンプルですが、とてもバランスのとれた佇まい。

細かいことですが、ドイツのこの木型系統の靴はダブルソールで肉厚なレザーソールを積んでることが多く、かなり無骨なイメージなのですが、厚みをとりつつもちゃんとスマートに仕上げています。このへんはアパレルブランドの美への追及心がでていて素晴らしいですね。







とにかく欠点を探すことができない、とんでもないレベルの靴です。

新品で出ているのも最高。あとはサイズ合わせだけ。

サイズが合う方には本当にオススメの靴です。というか自分が本当に欲しいんです…。(笑)


買われた方が心底羨ましいと思うほどの靴ですので、ぜひ一度ご試着してみてください。ご期待は裏切らないと思います。











さて、今夜はここまで。


以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。













お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター