『月曜日に合わせてみました。-新ゴージャスカジュアル編-』

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。


今夜は久方ぶりに『月曜日に合わせてみました。』でいきたいと思います。

それでは前置きも無しで参りましょう。



月曜日にご紹介の「新ゴージャスカジュアル」に合わせた靴はこちら。



20151110s2.jpg

20151110s3.jpg

「ドルチェ&ガッバーナのムートン×シボレザーヒールパンプス」です。



20151110s.jpg

20151110s1.jpg

ゴージャスなミンクファーとペインターパンツデニムというコーディネートに足元も「ゴージャス」を足して、全体のバランスを「あくまでも大人のカジュアル」になるように仕上げました。

ミンクのファーとパンプスからチラリと見える履き口のムートンファーで冬らしさを演出しました。

ウエストマークのブラウンパイソンベルトに色と雰囲気を合わせているのもポイント。イタリアントラッドの世界では、ベルトと靴のカラーと素材感を合わせるのが王道なので、それを意識してみました。



20151110s4.jpg

シボのシワ感と少しだけのぞかせたムートンのバランスが流石はハイブランド!!の絶妙バランス。ブラウンカラーのゴージャスなので、カジュアルなデニムなどとも相性が◎。ラフな雰囲気と綺麗さが同居する素晴らしい仕上がりの靴です。


20151110s5.jpg 20151110s6.jpg

日本では「ドルガバ=ド派手」なイメージが先行しがちですが、実は細部のクオリティーも本当にハイレベルのブランドで、高額なのも頷ける加工が施されています。写真では伝わりづらいですが、通常の茶色ステッチは極小のかなりの整い方で、職人のレベルはイタリアでもトップクラスと分かります。さらにその下部分にハンドステッチで白糸をナナメ縫いするなど、見栄えと雰囲気作りもかなりの手間と技術をかけているのが本当に素晴らしいです。バックルの金具も、もちろんオリジナルで、丸みのある繊細なフォルムがかなり上品で柔らかい雰囲気を足してくれています。ただ派手な靴ではなく、これこそが本当の「品のあるゴージャス」だと思います。大人になっても色んなシーンで履ける一足ですね。


20151110s7.jpg

ほぼ未使用の状態です。樹脂のソールパーツを貼ってくれているので、濡れた路面にも対応していて、気を使わずに履けるのが良いですね。









さて、そしてもう一つのダークトーンコーディネートに合わせたのは…。


20151110s10.jpg

20151110s12.jpg

『フェラガモのミリタリー風ストレートチップシボパンプス』 です。


20151110s8.jpg

20151110s9.jpg

こちらはローヒールでミリタリーブーツに使用するようなラフレザー使用の靴です。この靴を合わせることによって、全体バランスをカジュアル寄りに仕上げました。
しかしながら、カジュアルな中にもジャケットやダークブラウンンミンクなどと違和感のでないようにサンダルに近い素足を見せる分量の多いパンプスを合わせることで女性的なカジュアルに落とし込んでいます。
フェラガモらしい細身の美しい木型も女性的な雰囲気づくりに最適です。



20151110s11.jpg

ミリタリーブーツなどに使用されることの多いシボありのラフレザー。非常に耐久性、耐水性に優れた革ですが、フェラガモがこの革を使用することはかなりレアなので、面白いですね。ストレートチップもよくみるとパイピング加工で入れているのが珍しいです。独特の上品さがありますね。



20151110s13.jpg

フェラガモの真骨頂はやはりこの内部の革質の滑らかさ。極上豚革を貼って素足で履いた時にもストレスがない革です。素足で革靴を履く歴史の深いイタリアらしいコダワリ部分です。フェラガモの靴は履いていて本当に心地良い靴が多いです。


20151110s15.jpg

ベルトのバックルはシルバーではなく黒色のメタリックな金具で、雰囲気UP!!!
流石はイタリアンセレブ御用達ブランドですね。細部に手抜きがありません。



20151110s14.jpg

全面ラバーソールで屈伸性も高く、耐水性もバッチリ!!! これもある程度の雨なら履ける一足ですので、気を使わずガンガン履けるのが良いですね。

状態もほぼ履いていないグットコンディションです。






2足とも、非常に洗練されたフォルムで革などのクオリティーも素晴らしいです。
靴として見ても、イタリア職人の技術の粋が詰まったかなりハイレベルな靴です。
合わせる服によってカジュアルにもエレガントにも履ける2足なので、かなりのオススメですね。


サイズ合う方はぜひ。






さて、今夜はここまで。


以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。







お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ
























コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター