『そろそろ冷え込んできましたね… といえば…』

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。



さてさて、最近はグッと寒くなり足元も冷える季節に突入した感じですよね。

ということで、今夜は 「冷え込む季節といえばコレ!!」 という靴のご紹介をしたいと思います。

一足先にインスタグラムの方でもご紹介した靴たちを少し詳しく解説いたします。


それでは参ります。




寒くなってきたこの季節に履く靴といえばコレ!!



20151103s.jpg20151103s6.jpg20151103s11.jpg

『ムートンファーサボシューズ』 たちです!!!

ご存知の通り、ムートンとは羊の革のことですが、毛皮を活かしたその革は非常に暖かく、欧米の防寒着に古くから使われてきた 「絶対的に寒い時期はコレ!!!」 と歴史的な寒さ対策靴だと言えます。

そして古くから見られるクラシック冬スタイルで履かれてきた 「ムートンサボタイプ」。 脱ぎ履きもラクで足先ポッカポカのこのシューズはかなり重宝するアイテムです。厚手の靴下やタイツなどで履けばもちろん真冬もOK!!!

クラシックなウールコートに足元にムートンサボを履けば可愛さ倍増でございます。




さて、それではそんなムートンサボたちが沢山揃いましたので、ひとつずつ紹介してみましょう。



20151103s.jpg

まずはこちら。

『ラルフローレンのムートンサボ』 です。



20151103s2.jpg

こちらはヒール高めのエレガントスタイル。

しかし、ヒールバランスが最高に良いので、ヒールが高くても安定感バツグンで、疲れにくい構造になっております。
セレブシューズによく見られるバランスの良さがいいですね。



20151103s5.jpg

ステッチの雰囲気やスエードの素材感が素晴らしく、コンディションも最高です。



20151103s4.jpg

ムートンは足先まで詰まった防寒仕様でかなりの暖かさです。



20151103s3.jpg

ソールも全面裏張りされているので、濡れた路面にも対応しているのが素晴らしい。






続いて…。


20151103s6.jpg

『ミュウミュウのムートンサボ』。




20151103s7.jpg

こちらはローヒールでかなり歩き易く疲れにくい構造。
サイドの留め具のレザーもややオレンジがかったブラウンでお洒落に仕上げております。



20151103s10.jpg

ダークブラウンのベルベットスエードで滑らかで上品。センター縫いのステッチを白にしているのがミュウミュウらしい可愛らしさを演出しています。センターシームは足を細く見せる効果もアリ。



20151103s9.jpg

こちらもつま先まで羊毛が詰まった構造で暖かい。木底部分を手塗りでブラウンに塗ってシックに仕上げているのもハイブランドならでは。


20151103s8.jpg

こちらも靴底に樹脂ソールを搭載した構造で、靴底が減っても交換可なのが◎。









さて、最後はこの2足。



20151103s11.jpg

『マイケルコースのムートンサボ』。

右はキャンバス地のカモフラージュ柄。 左はキャメルのスエードレザー。



20151103s12.jpg

どちらもヒールの高さは高めで足を綺麗に見せてくれます。



20151103s15.jpg

基本的には同じ木型ですが、アッパーの素材感が異なるので違った魅力がありますね。

キャンバスの迷彩はカジュアル色が強くポップな感じ。 スエードはオーソドックスなクラシックなたたずまい。




20151103s14.jpg

スエードモデルの方はつま先部分まで羊毛のある仕様。 キャンバス迷彩のモデルは甲部分のみファーでつま先には豚革を貼った仕様です。

ムートンが暑過ぎる!!! という方は極稀にではありますが、いらっしゃいますので、そんな方はこちらをどうぞ。(笑) 秋、春に履くならこのモデルですね。そういう意味でも軽快なタイプと言えます。




20151103s13.jpg

ソールも仕様が違います。

スエードクラシックタイプはオーソドックスな総裏張り。

キャンバス迷彩タイプはコマンドスタイルソール。やはりこちらはハードに軽快に、躍動的に履いてください!というデザイナーの意図を感じます。









さていかがだったでしょうか?

どちらもコンディションは良いので、この機会にムートンサボを試してみられては。

ヘビーアウターに合わせても可愛さが足されて重くならず、そして暖かい…。
着こなしの幅がかなり広がる一足だと思います。







さて、今夜はここまで。

インスタグラムの方でもこのムートンたちはご紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください!!




以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。








お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ











コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター