『もう一度、詳しく書いてみました。』

ども、火曜日は靴のお話。岸本です。


さてさて、今夜は以前の 「勝手にベスト5」 でご紹介した靴を、再度詳しくご紹介しようかなと思います。

少し一足ずつの説明がタンパク過ぎたかな?と思いまして。(笑)


中々他では見られないデザインと履き心地への工夫がハンパではない良い靴なので、ぜひご覧ください。




それではもう一度詳しくご紹介する極上靴はこちら。


20151025s.jpg

20151025s3.jpg

20151025s1.jpg


「ベルンハルト ウィルヘルム×カンペールのオリジナルソールスニーカー」です。


ベルンハルト ウィルヘルムはパリのプレタポルテコレクションのトップデザイナーズブランドですが、日本ではアパレル関係者やファッション好きの方以外の人々にはそこまで認知度が高いブランドではないのではと思いますので少し説明しますね。


デザイナーのベルンハルト ウィルヘルム(Bernhard Willhelm)は名前からも分かる通り、ドイツ人のデザイナーです。デザイナーの登竜門であるアントワープ王立美術アカデミーに在籍中に夏季休暇を使用し、アレキサンダー・マックイーンやヴィヴィアン・ウエストウッド、ダーク ビッケンバーグ、ウォルター ヴァン ベイレンドンク等、多くのデザイナーの下で経験を積んだ経験の持ち主で実力は折り紙つき。

ちなみに洋服はこんな感じのデザインです。

20151025b4.jpg 20151025b3.jpg

20151025b7.jpg

中々に個性的なデザインですね。


そんな個性派デザイナーズの靴ですが、今回ご紹介のスニーカーは見た目だけではございません!!

では細部を見て参りましょう。


20151025s12.jpg

ここらしいのはやはりこのアッパーレザーに施された独特なアート感漂う柄ですね。中々こんな柄の靴を見つけるのは困難です。


20151025s8.jpg

そしてこの超個性的な縄のシューレース。柄もそうですが、この太さは凄い!!このデザイナーは良く服にも独特な紐や縄モチーフをつけていることが多いので、非常にこのブランドらしいデザインです。


20151025s2.jpg

ブランドロゴもアート感と遊び心あるデザイン。一番上の赤いマークは…。そうです!岸本がこの業界に入るきっかけともなった靴のブランド 「カンペール」 のロゴマークです。 このスニーカーはベルンハルトウィルヘルムが靴の製造をカンペールに委任して作られたモデルなんです。単なるコラボではなく、あくまでもベルンの靴ラインの製造をカンペールが一手に引き受けたというのが良いですね。


20151025s10.jpg 20151025s11.jpg

そして岸本がカンペールの靴を一言で説明するとすれば 「ソールの遊び心と最新機能の融合された靴」 です。

この靴のソールも流石はカンペール!!と言いたくなるオリジナリティの高い面白いデザイン!そして見た目だけでなくクッション性能を引き出すためのデザインでもあるところが素晴らしいですね!カンペールの靴の人気の理由は実はデザインではなく履き心地にあるのです。

靴底の滑り止めの溝のパターンもとてもユニークで楽しいですね。



20151025s6.jpg

カンペールの靴の履き心地の良さの秘密はソールの性能と内部素材へのコダワリ。

このタン部分にもクッション素材をふんだんに入れて、甲部分のフィット感をあげつつ、圧迫させない工夫です。本当にソフトな履き心地で楽チンです!!


20151025s9.jpg

縄のような極太のシューレースは繊細なフィット感は得られにくいので、このベルクロでしっかりと甲部分を固定。
このへんの履き心地の良さの追及はさすがはカンペールです。





20151025s5.jpg

ナイロンメッシュ、レザー、樹脂素材の使いどころとバランスが素晴らしい靴ですね。

通気性や耐水性も考え抜いた機能的デザインなのが本当に素晴らしいと思います。




個性的なデザインだけでも中々お見かけしない靴ですが、そこにスポーツスニーカーも顔負けの履き心地を追及した機能がついている正に最強の靴だと岸本は思います。

履き心地が良くてストレスがなく、それでいてお洒落。それって最高ですよね。
ぜひ一度試着して体験していただきたい素晴らしい履き心地の良さです。



ユーズドでは発見しづらいアイテムでもありますので、気になる方はお早めに。

状態も数回履いた程度のかなりのグットコンディションですので、かなりのオススメです!!





さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。








お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター