fc2ブログ

『ユケテンらしいユケテン -黒編- 』

ども、金曜日は靴のお話。岸本です。




さて、今夜は久々に本格的革靴メーカーの靴をご紹介しようと思います。

さっそく参りましょう。本日ご紹介する靴はこちら。



20151023s.jpg

『ユケテンのシボレザー9ホール編み上げブーツ』 です。


再三このブログではユケテンというブランドの靴を詳しくご紹介してきました。元々はアメリカらしい無骨なブーツ類がメインのブランドでしたが、ヨーロッパブランドなどとのコラボを経て、最近はヨーロッパとアメリカをブレンドしたような靴が多くみられ、そのデザインバランスが独特なので、岸本的にもかなり面白いと書いて参りました。(より詳しく知りたい方は過去のユケテンの記事をご覧ください)

しかしながら、今回ご紹介するユケテンはそんなヨーロッパ要素はパっと見ではまったく見受けられない 「見た目アメリカ100%シューズ」 です。

ここのデザイナーさんは過去にお話したことがありますが、かなりの靴マニアで、知識は恐ろしく豊富で、最近では色んな国の要素を使った中々ありそうでない見た目の靴を作っていましたが、これはもう完全に 「一周した」 感がある靴ですね(笑)

一周して 「やっぱりアメリカ的無骨さもいいわ」 ってなったんでしょうねきっと。(笑)


ただこの靴、一周して元々のユケテンに戻っただけかというとそうではございません。そこが岸本的にかなり◎な点ですので、少しマニアックですが、ご紹介していきたいと思います。





20151023s1.jpg

まずはアメリカ的な従来のユケテンらしい点をあげて行きますね。

第一に革質と製法。カウハイドにシボ加工したかなり重厚で丈夫な肉厚レザーを使ったワーク、アウトドア仕様。
製法もここの十八番である 「ブラックラピッド製法」 です。

ブラックラピッド製法についてご興味のある方は過去のブログでも詳しく書いていますので、そちらをご覧いただくか、店頭にて岸本までお尋ねください。



20151023s8.jpg

通称レンガソールと言われる小さいブツブツが混ざったソール素材。これもアメリカンシューズに良く見られるソールです。カジュアルでビンテージな雰囲気になります。




20151023s5.jpg

そして岸本評価の高い点がこちら。ブラックのラフレザー仕様のブーツなのにコバにナチュラルレザーとホワイトステッチをいれて軽快さを足しているところ。このあたりの抜け感のいいカラーデザインはヨーロッパブランドとのコラボ以降に見られるアメリカガチガチのブランドにはないトコロです。


20151023s6.jpg

20151023s7.jpg

そして、この4層構造のソール。サイドから見たときにボーダーのようにも見えるデザイン性の高さ。そしてクッション性をあげるための構造でもあります。

ソフトな履き心地を追及する姿勢もヨーロッパ的な要素であり、中々アメリカの無骨系シューズでは少ないので、ここもマル秘好ポイントです。



20151023s9.jpg

そして極めつけはココ!! インソールのクッション性能とアーチサポート。 アーチサポートは土踏まずを支えてくれて、歩行時に靴の中で足が上下にぶれるのを防ぎます。

ここ近年のユケテンシューズはこのインソール機能の高さゆえにかなり履きやすいのです。無骨なアメリカンブーツは本当に男っぽくて格好いいのですが、履いていて正直かなり疲れます。かといってイタリアやフランスのブーツはやや中性的…。

無骨なのに履き心地はラクという、まさに 「かゆいトコロに手が届いた」 と言える一足なのです。



20151023s3.jpg

インナーの革も非常にアメリカらしくかなり分厚いレザーを使用。

しかし、革質はかなり柔らかく鞣されている革なので、非常にソフト。目には見えない所に通常のアメリカ靴とは違った工夫がふんだんに施されています。

かなりマニアックですが、このバランス感覚は靴を知り尽くした人ならではだと思います。ユケテンデザイナーは岸本から見るとかなり面白いデザインバランスの拘りがある方で、いままで無かった靴を作ってくれるので非常に嬉しいブランドだと言えますね。




20151023s4.jpg

バックステイ(かかと部分の補強革)のデザインも流線型になっている点がお洒落で◎。

後ろ姿に拘っていることは良い靴の一つの条件だと思います。





そして、いつものユケテンと同様に今回ご紹介のブーツも新品状態です。


いまなら、サイズも揃っておりますので、気になる方はお早めに。
サンプルサイズが大きすぎていつもはユケテンを買えない足の小さい方にもおススメです!!






さて、今夜はここまで。

以上、岸本がお送り致しました。
ありがとうございました。









お問い合わせはお気軽にどうぞ



お問い合わせ先
【 TAU 】
TEL 06-6225-7460





★リニューアルしたホームページ&インスタグラムもご覧ください。


   ▲ ホームページへ

20151012iicon.jpg
   ▲ インスタグラムへ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター