3.1 Phillip Lim fringe suede-leather sandals

20170316s1.jpg

20170316s2.jpg

20170316s3.jpg


本日は「3.1 Phillip LimのフリンジレザーZIPサンダル」をご紹介いたします。


フィリップリムの靴はニューヨークブランドらしいエッジの効いたデザインが特徴です。今回ご紹介のサンダルも非常にこのブランドらしい可愛いというよりは格好良いディテールを持った一足です。それではご覧ください。


20170316s6.jpg

20170316s7.jpg


圧倒的存在感のフリンジデザインが個性的。民族靴ぽくなってしまいがちなフリンジ×スエードというコンビネーションを、フィリップリムの得意とするグレー系カラーで仕上げて、上品モードスタイルに昇華したサンダルです。通常のグレーではなくブルーを混ぜ合わせたカラーは独自性があって美しい。


20170316s8.jpg

20170316s9.jpg


未使用で発見された美しいアウトソール。イギリスの高級革靴メーカーなどが施す「三本釘」をレディースのデザインサンダルに施して本格仕様にしているのがマニアック。靴裏のステッチングも独特の縫い位置です。
ヒールも革靴仕様。ヒールベースと言われるレザー板を10段積み上げた(通常の革靴では3~4段)パーツを手作業で削り取った非常に手間暇をかけたヒールデザイン。一番上段の角を少しだけ落として丸みを加えているのも職人技術の高さが伺えて素晴らしい。アウトソールだけ見れば本格革靴。革靴好きが唸るソールデザインです。


20170316s4.jpg

20170316s5.jpg


ヒールの高低差を3cmに抑えた非常に歩き易いサンダル。女性ものサンダルのヒールというより、革靴のヒールを高くしたような分厚いヒールは、接地面積も広く安定感バツグン。甲高の木型なので日本人の足型にもフィットし易いのが嬉しい。オープントゥで足指も自由に動けます。


20170316s10.jpg

20170316s11.jpg 20170316s12.jpg


ヨーロッパブランドでは度々見かけるフリンジデザインですが、大きなZIPを取り付けたデザインにより、ニューヨークらしいエッジの効いたカッコ良いスタイルに仕上げています。ZIPは飾り付けのためだけではなく、開閉して脱ぎ履き時のレザーの伸びを防止する機能も持っています。ZIP裏はしっかりとレザーパーツが張られており、素足で履いたときにZIPが足に当たることを防いでいます。カカト部分のベルトはラバーゴムを使っており伸縮して足にフィットして、安定した歩行を助けてくれます。




ニューヨーク的なデザインのみでなく、本格的な革靴ディテールを盛り込んだレディースとしては珍しいサンダルです。
この春夏にクールな足元を演出してみてはいかがでしょうか。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Deformed Sole Sandals

本日は「変形ソールのレディースサンダル」をご紹介いたします。


いよいよ春シーズンの到来。コーディネートが軽装になる時期だけに重要になるのは「小物使い」。特に靴のチョイスは重要ポイントです。今回はそんな春夏シーズンに主役になれる個性派デザインソールを持った2足をご紹介。それではご覧ください。




20170310s1.jpg

20170310s2.jpg

20170310s3.jpg


まず、一足目は「MICHAEL KORSの木底変形ソールサンダル」です。


大胆に木底のカカト部分を横からえぐり取ったソールデザインがかなり目を引く一足。肉厚なレザーとナチュラルウッドのコントラストが効いた夏の主役間違い無しのサンダル。ニューヨーク系のシューズの特徴である「歩き易さ」も兼ね備えたデイリーユースできる一足です。ブラックレザー×ナチュラルウッドソールのカラーバランスは色々なカラーの服と相性◎。


20170310s4.jpg 20170310s5.jpg


肉厚で丈夫なレザーを使用して耐水性能も高い降雨量の多いニューヨークで活躍するブランドらしい素材選び。内側にはしっかりと豚革を張っていて、素足での履き心地も抜群。甲部分でクロスしたデザインも強度とファッション的な格好良さを兼ねた機能美です。


20170310s6.jpg 20170310s7.jpg


ニューヨークブランドらしいアート感覚満載のソールデザイン。一見デザイン重視と思いきや、実は重くなってしまう木底を軽量化する意味も持った工学的見地のソールデザインで、履いた時の安定感も素晴らしい。アウトソールに滑り止めの付いた擦り減りにくい素材のヒールリフト搭載でデイリーに使える仕様なのも嬉しい。


20170310s8.jpg 20170310s10.jpg


厚底仕様でヒールの高低差は約7cmに抑えて傾斜を少なくして歩行時の足への負担を軽減。ウェッジソールではなく中央部分を少し削って、ふくらはぎと足首に若干の負荷をかけて脚を細くみせるヒールシューズの効果も付加しています。


20170310s9.jpg 20170310s11.jpg


補強のためのパーツ類をゴールドに統一して雰囲気UP。軽くカジュアルになりがちな木底靴を上品に仕上げてくるあたりは流石はデザイナーズシューズ。




続きまして、2足目のご紹介。


20170310s12.jpg

20170310s23.jpg

20170310s14.jpg


「Unknownのペインティング変形ウッドソールサンダル」です。


こちらは大胆にソールの中央部分をくり抜いたかなりアーティスティックなデザイン。ウッドソールながらもソール全体をペイントしてオールブラックに仕上げており、渋い仕上がりです。綺麗目モードスタイルにも相性の良いアイテム。


20170310s15.jpg 20170310s16.jpg


マットなブラックレザー使いで可愛くなり過ぎない絶妙バランス。スクエアトゥデザインもエッジが効いていて格好良さも兼ね備えており、色々なコーディネートに使えます。


20170310s17.jpg 20170310s18.jpg


芸術的なアウトソールデザインが素敵。大胆にくり抜かれたウッドソールは先のマイケルコース同様に軽量化の意図もあります。中間部分のない独自のデザインは足首に緊張感を与えて細く美しく見せてくれます。


20170310s19.jpg 20170310s20.jpg


足首ストラップが付いているため、見た目の奇抜さの割に安定感も得られています。前部分の木底の方が重くなっており、トゥの蹴上がりもかなり角度をつけているために歩行の振り子運動が自然とできるように工夫されています。


20170310s21.jpg 20170310s22.jpg


この手の変形サンダルには珍しく、ソール前部とヒール部分にレザーで包まれたクッション材が入っています。通常の変形サンダルよりも履き心地がUPさせる工夫が嬉しい。




いずれも、アーティステックな部屋に飾って鑑賞したいほどの面白いデザインです。
この春夏は足元で遊んでみてはいかがでしょうか。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


PONY slip-on vol.02

20170305s1.jpg

20170305s2.jpg

20170305s3.jpg


本日は前回の靴ブログに引き続き「ポニースリッポン」をご紹介いたします。


第二回は「collection PRIVEE?のスリッポンタイプスニーカー」です。
イタリア靴ファンの間では、素材の加工にコダワリ抜いたブランドとして有名なコレクションプリヴェ。
ポニー素材を使ったスニーカータイプの靴はそれ自体が希少ですが、今回ご紹介するスリッポンはそんな中でも珍しい一足です。それではご覧ください。


20170305s6.jpg

20170305s7.jpg


なんといっても珍しいのはこのポニー素材のカラー。若干ブルーの混ざったグレーカラーはポニー素材の光沢も相まって、シルバーのような絶妙の雰囲気を持っています。重くなりがちなポニー素材もこの色味ならば軽快に履けます。グレーカラーは他のカラーとの相性が非常に良く、幅広いコーディネートに使えて◎。


20170305s8.jpg

20170305s9.jpg


スニーカーソールを搭載した快適な履き心地が約束されたモデル。コレクションプリヴェはこのスリッポン型スニーカーの形で様々な加工レザーを使ったモデルを輩出しています。スニーカーでありながらも、ハンドステッチングなど細部にもこだわった造り込みは高級靴を作り続けているこのブランドらしさ。


20170305s4.jpg

20170305s5.jpg


つま先のせり上がった歩行運動をし易い木型。イタリアンシューズ特有の「気取った感」はなく、丸みのあるナチュラルな形が余裕ある雰囲気を演出してくれます。


20170305s10.jpg

20170305s11.jpg 20170305s12.jpg


高級レザーを加工した特殊な素材使いが有名なブランドらしい他ブランドにはないポニーカラーが素敵。シンプルながらも存在感抜群の出来栄えです。ゴアを使用して脱ぎ履きし易くなっているのも使っていて快適。インソールはクッション性能の非常に高いものを使用し、表面は全て高級レザーで覆った見えない部分にも一切の手抜きナシの素晴らしい一足。




軽くなってしまいがちな春夏コーディネートに奥行きを与えつつも、カラーリングによって重苦しくなく使える希少な一足です。
ぜひ、春夏シーズンのワードローブに加えてみてください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


PONY slip-on vol.01

20170302s1.jpg

20170302s2.jpg

20170302s3.jpg


これよりレディース靴ブログは2回(今回と次回)に渡って「ポニー素材のスリッポン」をご紹介いたします。


本日は一足目となる「CELINEのポニーエスパドリーユ」のご紹介です。
セリーヌといえば言わずと知れたフランスを代表するトップブランドの一角。いまとなっては総合のアパレルブランドで、洗練されたスタイルが人気ですが、実は発祥は皮革の子供靴専門店なのは案外知られていない事実です。それゆえか、セリーヌの靴のデザインは幅広く、綺麗目パンプスからカジュアルなスニーカーまで色々と作られています。意外とリラックスした丸みあるカジュアルシューズも多く、このあたりは発祥が子供靴というのが頷けます。本日ご紹介する靴も非常に可愛らしく、それでいて他には無い雰囲気を持った靴です。それではご覧下さい。


20170302s6.jpg

20170302s7.jpg


春夏用シューズにカーキカラーのポニー素材を使用している点が、遊び心満点です。デニムパンツなどカジュアルスタイルに合わせるのもモチロン良いですが、ピンクやベージュの薄手素材のワンピースなどに合わせて可愛く着るのも◎。
丸みがあるトゥデザインは足を華奢に小さく見せてくれます。


20170302s8.jpg

20170302s9.jpg 20170302s10.jpg


スペイン発祥の夏のリゾート用シューズである「エスパドリーユ」。他のエスパドリーユと違うのはジュート素材のミドルソールに革靴に使用するような高級レザーアウトソールを搭載していること。カジュアルデザインでも細部はエレガントなのは流石です。
内側のレザーも最高品位の革靴用レザーを使用して滑らかな履き心地。素足でも快適です。


20170302s4.jpg

20170302s5.jpg


甲部分を一直線にしてつま先部分はこじんまりとした独特な木型。他のエスパドリーユ同様に型芯の入っていない、足を圧迫しない造りでリラックスしたスタイルです。


20170302s11.jpg

20170302s13.jpg 20170302s12.jpg


エスパドリーユのもつハンドステッチとジュートソールの気楽な雰囲気と重厚感あるカーキポニーとの合わせはかなり珍しい組み合わせ。この難しい組み合わせをシッカリとまとめるのがセリーヌのセンスです。履き口のパイピング処理や最高級レザーに刻印したブランドロゴなど、他のエスパドリーユにないセリーヌらしい洗練された雰囲気は、リラックスしながらもコーディネートをワンランク上にしてくれます。




USEDではセリーヌ自体の出現率が低く、さらにセリーヌの中でもなかなか見かけない珍しい素材使いの一足です。単調になりがちな夏スタイルにワンポイントとして取り入れてみては如何でしょうか。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


MARNI leather × nyon belt sandals

20170227s1.jpg

20170227s2.jpg

20170227s3.jpg


本日は、「MARNIのベルトストラップ厚底ウェッジソールサンダル」をご紹介いたします。


マルニは日本でも絶大な人気を誇っていますが、このブランドの靴は「ヒールが高くとも歩きやすい」ことが一つの特徴です。本日ご紹介する厚底サンダルも、非常にバランスの取れた歩きやすい構造になっております。それではご覧ください。


20170227s6.jpg

20170227s7.jpg


ナイロンベルトとレザーがバランス良く使用されたアッパーデザイン。ブラウン×ベージュ×ブラックという配色は非常にマルニらしいカラーリング。未来的なデザインとクラシックなレザー使いもマルニらしさです。色々な洋服との相性が良く、幅広いコーディネートに使えるのが嬉しい一足。
太さの違うベルトを色んな角度に付けて、甲の運動を妨げずにフィット感も保つ工夫がなされています。


20170227s8.jpg

20170227s9.jpg


厚底のウェッジソールは安定感抜群。ヒールの高低差も5cmに抑え、カカト部分にもベルトストラップの付いたデザインによってホールド感も◎。ナイロンベルトのエンド部分にハンドステッチでレザーを縫い付けているのがマルニ流。


20170227s4.jpg

20170227s5.jpg


足幅は広くも狭くもないオーソドックスな木型でラクに歩行できます。カーキグレーカラーの厚底とアッパーのベージュ、ブラックとのバランスが素晴らしい。多色使いなのに、ごちゃごちゃせずシックにまとめてくるのがマルニの十八番です。


20170227s10.jpg 20170227s11.jpg

20170227s12.jpg


元は毛皮と革製品のメーカーだけに、要所要所にレザーを使用。ベルト部分は裏面にしっかりとレザーを貼っており、素足で履いてもザラつきもなく快適。しっかりとレザー刻印で縫い合わされたロゴマークには、素足で履いた際の滑り止めの機能も持っています。




マルニのサンダルは「可愛くて歩き易い」ため、一度履き始めると病みつきになります。
まだ、マルニのサンダルを履いたことのない方はぜひ一度お試しください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


プロフィール

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター