Designers See-Through Items

本日は、これからの季節に活躍間違いナシの「デザイナーズのシースルーアイテム」を6点ご紹介いたします。最高気温が20℃を超えて春らしくなって参りました。眼にも涼しいシースルーアイテムを上手く使って春を楽しんでいきたいところです。それではご覧ください。




20180330t8.jpg 20180330t7.jpg


I. HELMUT LANG
「ヘルムート・ラング」のMA-1タイプのシースルージャケット。アセテート×ポリエステルの強度の高い縮緬状のシースルー素材を使ってクールなミリタリーテイストを柔らかく、上品に仕立てた逸品。裾はバックリブ仕様となっており、フロントジップを閉めるとリブがヒップに乗るよう計算されています。フロントを閉めた時と開けて着た時とで、前だけでなく横・後ろのシルエットも変化。シルエットバランスを変えることで様々なスタイルに合わせることが出来ます。またグレートーンのカラーリングも使い易く、インナーにベージュなどの中間カラーやクリアカラーを入れて今季っぽく色遊びするのもオススメ。


20180330y8.jpg

20180330y9.jpg

20180330y7.jpg




20180330t6.jpg 20180330t5.jpg


II. BOTTEGA VENETA
「ボッテガ・ヴェネタ」よりレディースのコットンシースルーシャツ。ボッテガらしい遊びの効いたシックテイストとなっており、一見すると黒のプレーンなシャツですがじっくり見ると細部までこだわりが感じられる味わい深い一着。前立ての途中でスリットが入るこの独特なディティールは複雑な縫製工程を要します。このスリットを造ることで見た目のデザインだけでなく、ハイウエストでタックインした時の見え方がより美しくなります。またスリット部分から上、前身頃上部のみ二枚仕立てになっており、肌着が透けないように調整している点も流石。平織のコットンシースルーでここまで上品なアイテムに仕上げるのは至難の業。老舗コレクションブランドの技術力の高さを感じられる名品です。


20180330y11.jpg

20180330y12.jpg

20180330y10.jpg




20180330t10.jpg 20180330t9.jpg


III. 3.1 Phillip Lim
幾重にも重ねられたオーガンジーが美しいAラインを創出する「3.1 フィリップリム」のノースリーブドレス。アウトシェルはレーヨンベースの肌触りの良いオーガンジー。その下にオパール加工によって花がらを表現した特殊なシースルー素材を起用。透けて見えるフラワーパターンが程よく甘い雰囲気を演出。随所に見られるレース使いやV字のステッチングなど芸が細かい。三枚仕立てのボディの下にはしっかりとシルクスリップが付属しており、着心地も滑らか。一枚だけでなくレイヤードピースとしても活用してくれそうな一着。サイドにシームポケット完備な点も抜け目ない。


20180330y5.jpg

20180330y3.jpg

20180330y6.jpg

20180330y4.jpg




20180330t4.jpg 20180330t3.jpg


IV. ROBERT RODRIGUEZ
「ロバート・ロドリゲス」はディオールのメゾンで経験を積んだデザイナーによるコレクションブランド。ディオールのデザイン室で学んだオートクチュールの技術を活かしたドレスメイキングだけでなく、絶滅寸前の「オートクチュール」の思想をいかにデイリーウエアに実用的に溶け込ませるかを哲学し続けているブランドでもあります。こちらのトップスも例に漏れず、クチュールで培った技術と日常の素材との見事な融合が見て取れます。カジュアルなドット柄のTシャツ地に見えるかもしれませんが、実はライトオンスのスウェット素材。ハリのあるドレープにメッシュ素材を組み合わせることでスポーティモードなテイストに仕上がっています。裾と袖口の裏にはテーピングが施されており、そういった細かい点を見ても、ファストファッションにおけるカジュアルウエアとは一線を画す仕上がりとなっております。


20180330y17.jpg

20180330y16.jpg

20180330y18.jpg




20180330t12.jpg 20180330t11.jpg


V. ALL SAINTS
「オールセインツ」より、オパール加工霜降り柄デザインカットソー。雪が降り積もって行くかのようなクールなテイストの柄行を、ブラック×ライトグレーのコントラストで表現。絶妙な透け感の素材を起用し、タイトなシルエットに仕上げることで大人の色気を感じさせるモードなアイテムへと昇華。またただのタイトシルエットではなく、ロング丈にすることでウエスト周りに生地がたまってラフな一面も見せるオールセインツ流のバランスの取り方は流石。サイズ感命のアイテムですので、気になる方はお気軽にお試しくださいませ。


20180330y15.jpg

20180330y14.jpg

20180330y13.jpg




20180330t2.jpg 20180330t1.jpg



VI. Alexander Wang
「アレキサンダー・ワン」より、シルクシフォン×スウェット素材のロングトップス。袖とリブ以外の全面がシースルー仕様となっており、合わせるインナーのデザイン次第でガラリと見え方の変わるユニークなアイテム。コレクションラインならではの発想が、日々のスタイリングの幅を広げてくれること間違いなし。一見合わせづらいと思われがちな膝上丈のシースルーですが、インナーの丈感をジャストに設定する必要はなく、あえて段差をつけてレイヤードするのもOK。ワンピースを合わせるもよし、パンツスタイルで、中にプリント物を持ってくるもよし、春のコーディネートが楽しくなる逸品です。スウェット素材のカットオフスリーブも、今っぽくて◎。


20180330y2.jpg

20180330y21.jpg




いかがでしたか?いずれも、春のスタイリングの要になってくれる魅力的なアイテムばかり。まずはご試着から、お待ちいたしております。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

Spring Black Items

本日は、春先は勿論のこと、夏場まで着て頂ける薄手の「ブラックカラーアイテム」を5点ご紹介いたします。「黒」という色は日本人にも馴染みがあり、ベーシック&シックな色として親しまれているかと思います。着ている人間が多いジャンル程、こだわって選びたいところですが、春夏シーズンに着られるブラックカラーのデザインアイテムは球数も少なく、いざ探してみると意外と自分に合うものを見つけるのが難しいジャンルでもあります。店頭にお出ししている中でも個性的な5点をピックアップ致しました。是非ご覧くださいませ。




20180323t9.jpg 20180323t10.jpg


I. MOSCHINO
「モスキーノ」の数ある展開の中で、今は無き「チープ&シック」ラインよりビジューボタンスカート。コットンベースの滑らかなツイル生地を「チープ&シック」らしい削ぎ落したシルエットに仕立てた上で、ポイントに四種類のボタンを起用してメリハリをつけたデザイン。この洗練されたバランスは、現行の「モスキーノ」ではあまり見かけなくなったバランスでもあり、逆に新鮮に映ります。平置きにすると台形に近い贅沢なカッティングですが、体が入ることでこのハリのある生地感が立体的なシルエットに変化します。大人っぽく、シックなスタイルにも溶け込んでくれますが、しっかりと遊び心を効かせた「モスキーノ」らしい一着です。


20180323y12.jpg

20180323y13.jpg

20180323y14.jpg




20180323t7.jpg 20180323t8.jpg


II. ELLEN TRACY by LINDA ALLARD
アメリカの老舗人気ブランド「エレン・トレーシー」より、シルク100%のシフォンブラウスが入荷。衿元や袖口のプリーツワークの秀逸さもさることながら、前開きとカフスのボタンがチャイナボタンというコダワリよう。ドレス仕様のピンタックや、襟の内側に3本のボーンを仕込んで首に吸い付くようなシルエットなど、細かい職人芸が光る逸品です。シックなテイストのアイテムとの相性はモチロンの事ですが、カジュアルダウンしても魅力的な一着です。


20180323y10.jpg

20180323y11.jpg

20180323y9.jpg




20180323t3.jpg 20180323t4.jpg


III. VINTAGE
70年代~80年代頃のヴィンテージチャイナセットアップ。恐らくはアメリカのベッドルームウエアとして仕立てられているため、着心地抜群のシルクベースの素材使いが嬉しい◎。ドラゴンの刺繍も金色の太糸を使っており、存在感大。ブラックボディに良く映えます。パンツはバックウエストゴム仕様のワイドシルエットと今っぽく、単体でも活躍してくれそう。随所に施された白のパイピングもお洒落。


20180323y4.jpg

20180323y5.jpg

20180323y6.jpg




20180323t1.jpg 20180323t2.jpg


IV. ALL SAINTS
「オールセインツ」はロンドン発のコレクションブランド。ドレープ使いが目を惹く変形カットソー。サーキュラーに近いパターン採りですが、スクエアヘムに仕立てることで長短差が生まれ、メリハリのあるドレープ感を演出。膝辺りまでのロング丈にしがちなジャンルですが、比較的短めの設定でモードに偏り過ぎず、スタイリッシュに合わせ易いのも嬉しい。コンパクトで丸みのあるスリーブのデザインも面白く、着用するとハンガー面よりも落ち着いた雰囲気になります。気になる方は是非ご試着まで。


20180323y1.jpg

20180323y2.jpg

20180323y3.jpg




20180323t5.jpg 20180323t6.jpg


V. MARC JACOBS
「マーク・ジェイコブス」のコレクションラインより、ストレッチウールのテーパードスラックス。持ち出し部分を延長させて「シャツ衿」のように変形させたウエストデザインがなんとも個性的。サテン×サマーウールのコントラストが上品でコレクションラインならではの遊び心をしっかりと感じることの出来る一本です。衿部分のサテンと同生地のサイドラインもポイント。全方位的なデザイン性の高さは流石は「マーク・ジェイコブス」といったところ。ローライズ設定でカジュアルなトップスとの相性も抜群です。


20180323y7.jpg

20180323y8.jpg




コレクションの影響もあり、今季はパステルカラーやビビットカラー等明るめのカラーアイテムを着られる方も多くなりそうですが、だからこそ魅力的なブラックアイテムは街中に映える一着となりそうです。春に差の付くブラックアイテム。お探しの方は是非一度当店へ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

MARNI "swastika pattern rubber sole shoes"

本日は「MARNIの千鳥格子柄ラバーソールシューズ」をご紹介いたします。


マルニらしい可愛らしさとデザイン性の高さを兼ね備えたデイリーユース可能な便利な一足です。それではご覧ください。




20180319s1.jpg

20180319s2.jpg

20180319s3.jpg

20180319s4.jpg


丸くポッテリとしたマルニらしい木型。他では見たこともない千鳥格子を模したレザーくり抜き加工が可愛さとクールさを同居させています。使用されているレザーはMARNIの誇る特殊加工を施したゴートスキン(山羊革)。上質かつ雰囲気のある素材選びはレザーメーカーをバックボーンに持つこのブランドならでは。一見するとUチップに見えますが、チップが途中で途切れた、良く見ると個性的なデザインもマルニらしさ。




20180319s6.jpg


マルニとしてはかなり珍しいクレープソールを搭載したモデル。ロンドンストリート風のデザインは今シーズン活躍間違えなし。クッション性能も当然高く、履き疲れもほぼないデイリーシューズ。




20180319s7.jpg

20180319s8.jpg

20180319s11.jpg

20180319s10.jpg


千鳥格子のような柄をレザーくり抜きで見せたかなり独創的なデザイン。コバのステッチもアッパーぎりぎりを縫った、職人技の光る一足。今やイタリアを代表するブランドとなったマルニのクオリティーの高さは絶品。




20180319s12.jpg


雰囲気満点のロゴマーク。ただのマークではなく、かかと滑りを防止する意味もあるのがマルニクオリティー。履き心地も約束された優しさ溢れるデザインが素晴らしい。




ストリートミックスのスタイルが主流となる今シーズン。デザイン、素材、ソール仕様など時代にあった絶品シューズをぜひご覧ください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

Women's Sleeve-less Items


本日は、春先にはレイヤードピースとして、夏場には一枚で涼しく着られる、「ノースリーヴアイテム」をまとめてご紹介。ワンピースからスウェットまで、現在店頭にございます商品の中から幅広く厳選致しました。それではご覧ください。




20180308t7.jpg 20180308t8.jpg


I. MARNI
Vネックデザインがスタイリッシュな雰囲気を演出するコットンワンピース。コットン100%ながら伸縮性を持たせたハリとコシのある素材感がマルニらしい。織りの技術の高さが伺えます。身体との間に適度にゆとりを取りつつも、直線的なデザイン線によってシェイプを作ることで野暮ったくならず、気取り過ぎない絶妙バランスのシルエット。またステッチ幅を5cm~7cmと大きく採ることでモダンなテイストに仕上がっています。オレンジがかったレッドカラーはこの春の主役アイテムになること間違いなしです。


20180308y9.jpg

20180308y10.jpg

20180308y8.jpg




20180308t9.jpg 20180308t10.jpg


II. T by ALEXANDER WANG
「アレキサンダー・ワン」よりノースリーブのレザートップス。柔らかいラムスキンレザーは着用するほどに身体に馴染みます。無駄のないシルエット&カッティングに対して、中間色のパステルカラーを起用することで余裕を感じさせるモードテイストへと昇華。レザーアイテムを緑がかったブルーグレーという中間色で仕立ててくるのはNYブランドとしては稀。立体的な三面体の構造で動き易い点も嬉しい。レイヤードし易いシンプルな造りなのでスタイリングに幅を出してくれます。


20180308y7.jpg

20180308y6.jpg

20180308y5.jpg




20180308t3.jpg 20180308t4.jpg


III. JEAN PAUL GAULTIER
ファッション通が好むアイテムも多い「ジャン・ポール・ゴルチエ」よりフード付きベスト。独自の観点から創出されるモードなストリートアイテムは根強いファンも多い。こちらの一着も例に漏れず、独特のバランス感覚が光ります。シルエットやディティールはフォーマルなベストを意識しつつ、つばまで付いたキャップ風のフードがポップな一面も表現。フードの表情もボタンの留め位置によってかなり変化するので、これぞレイヤードピースと言ったアイテム。背面と裏地の漢字プリントも見逃せず、これだけ様々な要素を詰め込んでいてチープにならず、しっかりとモードにまとまっているのは流石の一言です。


20180308y11.jpg

20180308y13.jpg

20180308y12.jpg

20180308y14.jpg




20180308t5.jpg 20180308t6.jpg


IV. RED VALENTINO
「ヴァレンチノ」ディフュージョンラインより、ジャカードニットのスリーブレスドレス。ジャカードニットとはいえコットンベースのハイゲージニットなので季節を選ばずご着用頂けます。特筆すべきは絶妙のウエスト位置。この手の綺麗目のスリーブレスドレスにありがちな、「Too-Hi」で堅苦しい印象を回避するため、あえてジャストウエストに設定した上で、緩やかに後ろ下がりにデザインされています。間隔を変化させることで動きを出した波模様や、ビビット過ぎない落ち着いたレッドカラー等、細部まで抜け目のないオトナな一着。


20180308y1.jpg

20180308y2.jpg

20180308y3.jpg

20180308y4.jpg




20180308t1.jpg 20180308t2.jpg


V.CHAMPION
「チャンピオン」のリバースウィーヴシリーズより、コクーンシルエットのスウェットワンピース。厳密にはノースリーブではなく、極ショート丈のラグランスリーブ仕様となっております。「リバースと言えば」のサイドリブは裾部分でスリットになっており、動き易さも確保。オールドのベースボールシャツのような細いストライプ柄も嫌味なく、ポケットで隠れた「Champion」ロゴの入り方もユニークで◎。一枚で着るも良し、レイヤードするも良し、パンツを合わせてロングトップスとして着るも良しと、様々なコーディネートを楽しめる楽しい一品。


20180308y17.jpg

20180308y16.jpg

20180308y15.jpg




ノースリーブアイテムは難しいと思われがちですが、レイヤードすることで今お持ちのお洋服を手軽に違ったものに見せてくれる便利な一面もあります。この機会にお気に入りの一点、選ばれてみてはいかがでしょうか。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

WOMEN's Recommend Light Outers

本日は、現在店頭にございますレディースのライトアウターの中から、おススメの6点をピックアップ。ジャケットを中心に、今からレイヤードして楽しんで頂ける春物をご紹介いたします。是非ご一読くださいませ。




20180214t12.jpg 20180214t11.jpg


I. ACNE JEANS
初期「アクネ」より、コットンツイル地ジップアップコート。レイヤードして合わせ易い膝丈が嬉しい。元々アクネのアパレル部門はデニムからスタートしており、この手のツイル生地は得意中の得意。モダンな雰囲気を演出するサラリとした表面のツイルは強度も高く、シンプルかつ存在感のあるデザインに深みを与えてくれます。ウエストマークするとワンピース的にも着用出来、春先はスキニー等すっきりとしたシルエットのボトムスと合わせたい。衿元やポケット口などの遊び心あるディティールからも、クリエーター集団として発足した当時のアクネらしさを感じることの出来る名品です。


20180214y16.jpg

20180214y15.jpg

20180214y14.jpg




20180214t9.jpg 20180214t10.jpg


II. HELMUT LANG
「ヘルムート・ラング」より、ドレープフロントのライダースジャケット。ベースの生地はダブルジョーゼット。落ち感の出る柔らかい素材で仕立てることで、硬い印象の強いライダースジャケットのイメージをモードに昇華。ラングの得意とするホワイトアイテムは、色鮮やかなカラーパレットを多用する80年代当時のコレクションの中でも一線を画す存在としてモード界に君臨し、今もなお根強いファンが多いアイテムです。また、マルジェラより以前から「白のモード」を提案し続けている稀有なブランドでもあります。エッジの効いたカッティングの中に配置された、同色のレザーがポイントに。春先にシンプルにデニムと合わせたい。


20180214y3.jpg

20180214y2.jpg

20180214y1.jpg




20180214t5.jpg 20180214t6.jpg


III. VINTAGE
一枚仕立てのサマーウールコート。ダブルフロントがクラシックな雰囲気ですが、袖のパターンは立体的でかなりモダンな造りとなっております。身頃と一体型のナチュラルショルダーで、袖丈もレディースらしい八分丈。ヴィンテージならではの高級ウール素材ですが、一枚仕立てで軽く仕上げている物は珍しく、春先の羽織として重宝すること間違いナシ。ショップコート的に着用出来、シンプルにTシャツを合わせるだけでスタイルが決まる好バランスな一着。後付けと思われるカレッジピンも、前の所有者のコダワリを感じるポイントです。


20180214y8.jpg

20180214y9.jpg

20180214y7.jpg




20180214t8.jpg 20180214t7.jpg


IV. HACHE
1990年より続くミラノコレクションブランド「アッシュ」。フェミニンでもなく、ただのマスキュリンとも言えない独特のテイストと、女性をモダンに魅せてくれるスリムシルエットが特徴的なブランドです。また素材使いもかなりこだわっており、厳選したイタリア生地はほとんどがオリジナル。このジャケットも例に漏れず、強度の高い伝統的なイタリアンツイルに伸縮性を持たせた、見た目以上に柔らかい素材。グリーン×ダークネイビーのカラーリングや、途中からスナップボタンに切り替わる前開きなど、大人の遊び心感じる一着です。


20180214y5.jpg

20180214y6.jpg

20180214y4.jpg




20180214t1.jpg 20180214t2.jpg


V. PRADA
「プラダ」のコレクションラインより、四ツボタンのテーラードジャケット。クラシックなアイテムをレッドカラーでまとめてくる余裕は流石は老舗コレクションブランド。後ろ裾をたくし上げるようにギャザーを寄せたヒップのデザインもキュート。複雑なディティールを盛り込みつつ、全体としてシックなシルエットにまとめることが出来るのは熟練の職人の為せるワザ。随所にハンドソーイングによる仕立てが見受けられ、裏まで手抜きの無い贅沢な一着であることが見て取れます。派手過ぎない落ち着いた赤は存外合わせ易く、今の時季からコートの下の差し色としてもお使いいただけます。プラダらしい上品なフェミニティを感じる1着。


20180214y13.jpg

20180214y12.jpg




20180214t4.jpg 20180214t3.jpg


VI. MARNI
「マルニ」ならではの丸みのあるシルエットが特徴的なショートスリーブジャケット。ノーカラーのラウンドシルエットをあえてハリのある素材で仕立てることでカジュアル感を排除し、シックにまとめた逸品。半袖との重ね着だけではなく、タイトな長袖のインナーとのレイヤードスタイルも楽しめるので、お持ちのお洋服を違った印象に変えてくれるアイテムでもあります。合わせ易いグレイッシュカラーも嬉しい。日常のお洒落がまた少し楽しくなる、マルニらしいデザインです。


20180214y10.jpg

20180214y11.jpg




いかがでしたか。毎年春が待ち遠しくなるこの時期。春物のご用意もたくさんございますので、お探しの方はお気軽に店頭スタッフまでお声がけくださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター