FC2ブログ

Recommend Knit Variations

本日は、これからの時季に活躍必至の「オススメのニットアイテム」を、メンズ・レディース共にご紹介いたします。是非一度お目通しくださいませ。




20181107t3.jpg 20181107t4.jpg


I. 50's VINTAGE
50年代頃のヴィンテージレタードカーディガン。生地表面にツヤ感の残っている極上コンディション。深みのあるグリーンにオレンジ色を基調としたワッペンというカラーリングは今っぽくもあり、存外デザイナーズとの相性も良いアイテムです。またこの年代以前のレタードカーディガンはシルエットも美しく、とりわけ袖下のシルエットに関しては60年代以降のレタードとは一線を画します。背面のサガラ刺繍ワッペンのキャラクターも可愛すぎずゆる過ぎず独特の雰囲気。長くご愛用頂けること間違いなしの、個性的かつハイクオリティーな逸品です。


20181107y5.jpg

20181107y1.jpg

20181107y2.jpg

20181107y3.jpg

20181107y4.jpg




20181107t7.jpg 20181107t8.jpg


II. STELLA McCARTNEY
「ステラ・マッカートニー」より存在感抜群のニットが入荷。肩とアーム部分に覆いかぶさるように配置されたボリューミーなボアは、毛足の長さまで本物のムートンファーを忠実に再現したリアルなものとなっており、デザイナーのコダワリが感じられるポイント。また、全面ボア仕様にするのではなく、V字型の切り替えで段差を付けることでシルエットを調整してくれているのは流石。細身のデニムやキレイめのスラックスなどと合わせてモードに着こなしたい一着です。


20181107y7.jpg

20181107y6.jpg




20181107t11.jpg 20181107t12.jpg


III. 3.1 Phillip Lim
「3.1 フィリップリム」の刺繍入り2トーンニット。身頃から袖を横断するように大きくデザインされた花の刺繍がアーティスティックな一着。ドロップショルダー仕様の変化に富んだ袖の形状がさり気なくモード。フラワーモチーフをダークトーンでまとめることで女性的でありながらどこか凛とした雰囲気をも併せ持つ独自のバランス感覚が光る名品です。


20181107y17.jpg

20181107y19.jpg

20181107y18.jpg




20181107t13.jpg 20181107t14.jpg


IV. MADE IN ITALY
詳細不明のイタリア製ニット。モール状に加工された糸を起用したニットは珍しく、あまりお見掛けすることのない一着。やや細身のシルエットに対してあえてローゲージでゆるく編まれており、フェイクファーニットともまた違う、上品なカジュアルスタイルを楽しめます。ネックの立ち上げ方やカラーリング、袖口・裾の始末など、細部までこだわり抜かれたグッドレギュラーです。


20181107y20.jpg

20181107y21.jpg




20181107t9.jpg 20181107t10.jpg


V. Comme Des Garçons
2000年代初頭頃の「コム・デ・ギャルソン」。ウール×ナイロンの変形ニットです。肩周りのタイトな造りから腰周りにかけて広がるドレープはやはりアヴァンギャルド。この独特のシルエットは世界最高峰の職人だからこそ為せる業。シーズンコンセプトに基づいた直線的なパターンワークと、実際に人体に添わせていくための曲線的なパターンワークの両方を必要とするハイレベルな一着です。ここまで凝ったことをしていながらカラーリングや柄行などで絶妙に普段着に落とし込んでくるセンスは流石。発想力や奇抜さだけでは成立し得ない、ギャルソンならではのバランス感覚が光る逸品です。


20181107y8.jpg

20181107y10.jpg

20181107y9.jpg




20181107t5.jpg 20181107t6.jpg


VI. LANVIN
「ランヴァン」。スナップボタン仕様テーラードジャケット型ニット。ランヴァンが得意とする高級ハイゲージニットを出来るだけ軽く・ラフに一枚で使い、テーラードジャケットというシックなバランスにまとめ上げた贅沢な一着。スナップボタン仕様、裾リブなどのカジュアルな要素も盛り込みつつ、グレーの2トーンというカラーリングやボタン位置の高さなどで砕けた印象になり過ぎないように調整してくれているのは流石。カーディガン的な使い方も出来、着回しの利く大人のカジュアルウエアです。


20181107y13.jpg

20181107y11.jpg

20181107y12.jpg




20181107t2.jpg 20181107t1.jpg


VII. MADE IN GERMANY
ドイツ生まれの総柄カーディガンが入荷。グレートーンをベースに赤・青・みどり・黒・黄色の多色糸使い。チェック柄やジグザグ柄、迷彩風のパターン等、遊び心満点のポップなデザインですが、素材感やパターンワークなどにどこかドイツらしい生真面目さが感じられる、アメリカ製の物とはまた違った面白い一着。


20181107y15.jpg

20181107y14.jpg

20181107y16.jpg




いかがでしたか。ご紹介しきれていない商品もまだまだございますので、お探しの物はお気軽にお問合せ下さいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460




★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

New Arrival Recommend Outers Vol.2

本日は、前回に続く新入荷の「オススメのスペシャルアウター」を、メンズ・レディース共に10点ご紹介いたします。どうぞご覧くださいませ。




20181026t13.jpg 20181026t14.jpg


I. Maison Martin Margiela
「メゾン・マルタン・マルジェラ」より、ピークドショルダーが印象的なドレープコートが入荷。上質なウールをふんだんに使用したデザインはモードかつエレガンス。ケープをレイヤードしたかのようなパターンワークは熟練の職人の為せる業。生地端にはサテンのトリミングが施されており、動くたび主張してくれます。フロントはダブルジップ搭載でシルエットを変化させることが出来、またグレートーンでまとめてくれているので意外にコーディネートし易く、冬場のメインピースとして活躍すること間違いなし。


20181026y15.jpg

20181026y14.jpg

20181026y16.jpg

20181026y13.jpg

20181026y12.jpg




20181026t9.jpg 20181026t10.jpg


II. COACH
最近の「コーチ」のメンズコレクションラインからの一着。US.ARMYにおけるM-65型をベースとしたデザインとなっております。本来はオリーブグリーンのコットン素材で仕立てる「M-65」ですが、コーティング加工を施すことでレザーのような光沢感のある仕上がり。オイル系のコーティングジャケットともまた違う、土臭さを排除した品のある男らしさが漂います。また、忠実に再現されたディティールも芸が細かく、ポケット口など随所にレザーパイピングが。流行り廃りなくご着用頂ける珠玉の名作。是非一度お試し下さい。


20181026y37.jpg

20181026y33.jpg

20181026y34.jpg

20181026y35.jpg

20181026y36.jpg




20181026t11.jpg 20181026t12.jpg


III. LILLI ANN
こちらは50年代頃のヴィンテージコート。レディースヴィンテージファンの間ではかなり名の通った存在である「リリ・アン」。特にヨーロッパ圏からインポートした上質なウールやカシミア素材を使ったコートやマントには定評があり、根強い人気のアイテムです。今回入荷したこちらのコートはブラックカラー一色ですが、やはり素材に関してはアメリカンヴィンテージのウールコートとは違ったベクトルの魅力を感じます。また、丸みのある袖の形状など「リリ・アン」の中でも珍しいタイプとなっており、ヴィンテージファンならずとも自信をもってオススメ出来る逸品です。


20181026y9.jpg

20181026y7.jpg

20181026y11.jpg

20181026y8.jpg

20181026y10.jpg




20181026t5.jpg 20181026t6.jpg


IV. HELMUT LANG
「ヘルムート・ラング」より、MA-1型のブルゾンを再解釈したロングコートが入荷。人気のブルゾンカラー仕様のロングコートを、ラングらしい「インサイド・アウト」のモードな発想でまとめたクリエイティブな一着です。ベースはウール素材ですが、袖やポケットなどにナイロン系の光沢感のある素材を配置することで、ミリタリーカラーのアイテムながらクリーンでモダンな印象に昇華。ダブルジップ仕様でコーディネートもし易く、あらゆる面で完成度の高い一着。


20181026y1.jpg

20181026y3.jpg

20181026y2.jpg




20181026t19.jpg 20181026t20.jpg


V. UNKNOWN
こちらは詳細不明の一枚革仕様のムートンファーベスト。大胆にカットされた贅沢なデザインはエッジの効いた印象ですが、優しいピンクカラーからは今季らしいエッセンスを感じられる珍しい一着。トレンチコート類とのレイヤードなど、単調になりがちな真冬のコーディネートに自由に取り入れて頂けます。


20181026y26.jpg

20181026y24.jpg

20181026y25.jpg




20181026t1.jpg 20181026t2.jpg


VI. PENDLETON
こちらは「ペンドルトン」社製のラグジャケット。アメリカにおいてネイティブ柄のラグと言えばラルフローレンと肩を並べる存在と言っても過言ではないペンドルトンですが、中でもヴィヴィットな配色が今シーズンらしく、今っぽく着て頂ける一着となっております。インナーに光沢素材のフーディー等を取り入れて、よりモードに着こなすのもオススメ。


20181026y29.jpg

20181026y28.jpg

20181026y27.jpg




20181026t3.jpg 20181026t4.jpg


VII. UNKNOWN
ハンティング系のダック素材とレザーを組み合わせた独特のバランスのコートが入荷。ブラックダック×ライトブラウンレザーが絶妙の配分で組み合わされており、ハンティングジャケットの土臭い印象というよりは、モードな印象のロング丈。シルエットとは相反するように、ディティールはリアリティを感じるデザインとなっており、ハンティング×モードという独自の落としどころが渋い逸品となっております。


20181026y31.jpg

20181026y32.jpg

20181026y30.jpg




20181026t7.jpg 20181026t8.jpg


VIII. ACNE
「アクネ」より、ナイロン×レザーの上質なブルゾンが入荷。オールドアクネならではの、「素材を活かしたベーシックさ」の中に、遊び心を取り入れたポケットのディティールが際立ちます。裾、袖口がコットンリブ仕様であるのに対して、首元は大き目の衿で上品にまとめてくれているのが嬉しい。


20181026y6.jpg

20181026y5.jpg

20181026y4.jpg




20181026t15.jpg 20181026t16.jpg


IX. SALVATORE FERRAGAMO
こちらは80年代頃のヴィンテージの「フェラガモ」。このブランドらしい上質なリブニットを使用したマント型のアウターとなっており、コーディネートのまとめ役として重宝しそうな一着。ボルドーボディに金ボタンという粋な配色もさることながら、袖口や裾・首周りの、負荷のかかる部位の編目のピッチを変えてくれている配慮は流石の一言。シンプルな構造ながら上質な素材でしか表現できないオーラと世代を超えて愛されるファッション性を感じる逸品です。


20181026y19.jpg

20181026y20.jpg

20181026y17.jpg

20181026y18.jpg




20181026t17.jpg 20181026t18.jpg


X. 60's VINTAGE
最後は50年代から60年代前半頃と思われるヴィンテージのウールジャケット。ブラック×ホワイトの織り模様がモダンな印象。ループヤーンを織り込んだ、胸元のフェイクポケットのデザインも個性的。ダブル仕様でシックでありながらこの年代らしい遊び心を感じるデザインが面白い。珍しいショート丈はスカート・パンツ共に合わせ易く、コーディネートを程よく引き締めてくれる優等生です。


20181026y21.jpg

20181026y22.jpg

20181026y23.jpg




いかがでしたか。只今当店では、ご紹介した他にも多彩なジャンルのアウターを取り揃えております。お探しの方は是非店頭にてお試しくださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460







★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

New Arrival Recommend Outers Vol.1


本日は、新入荷の「オススメのスペシャルアウター」を、メンズ・レディース共に9点ご紹介いたします。どうぞご覧くださいませ。




20181012t17.jpg 20181012t18.jpg


I. MARNI
「マルニ」より、フロントデザインが特徴的なウールジャケット。胸部に大きなポケットが付く仕様は古い年代のミリタリー系モーターサイクルジャケットのディティールを流用したものと思われます。昔のディティールであってもマルニ流にしっかりブラッシュアップされており、現代的でモダンな雰囲気にまとまっているのは流石の一言。衿元のデザインは2ウェイ仕様となっており、ジャケットの上からコートを羽織った場合にも存在感を発揮します。


20181012y29.jpg

20181012y30.jpg

20181012y27.jpg

20181012y26.jpg




20181012t1.jpg 20181012t2.jpg


II. 50's VINTAGE
こちらは50年代頃のヴィンテージアイテム。戦後の経済成長でアメリカが資本的にも豊かだった時代の洋服は、惜しみなく手間ひま掛けて作られた一級品ばかりです。中でもレディースのコートは迫力があり、現代では中々復元できない程の上質な生地によって作られています。こちらのコートも例に漏れず、わざわざイングランドから輸入したネップツイードを贅沢に使った逸品。珍しいカラーリングのコクーンシルエットは真冬のメインアイテムとして活躍すること間違いなしです。


20181012y1.jpg

20181012y2.jpg

20181012y3.jpg




20181012t15.jpg 20181012t16.jpg


III. 50's VINTAGE
こちらも50年代頃のヴィンテージアイテム。滅多とお見掛けしなくなった通称「ゴマ塩スウェット」とよばれる素材を起用したこの年代特有のライトアウターです。しかも極上のコンディションでの入荷となっており、目立ったホールもなく、裏地の起毛に至ってはほぼ未使用状態と推察出来る程の残り方。「ゴマ塩」シリーズの中でも特に希少な襟付きタイプの入荷は今後もほとんど皆無と思われ、探されていた方は是非店頭にてお試し下さい。


20181012y25.jpg

20181012y23.jpg

20181012y24.jpg

20181012y22.jpg




20181012t9.jpg 20181012t10.jpg


IV. ALL SAINTS
「オール・セインツ」より、ウール×アルパカ素材のスリーブレスジップアップジャケット。膝上丈のミニマルなコクーンシルエットは上品にモードを表現してくれる優等生。レザーベストなどのハードな素材のレイヤードスタイルよりも柔らかく女性的なモードスタイルを演出。ワンピースやスカートなどの相性は勿論の事、パンツスタイルで都会的に決めるのもオススメ。ジッパーによって身幅を変えることが出来るので、コートやジャケットなどの上からのレイヤードも今季らしくてオススメです。


20181012y14.jpg

20181012y13.jpg

20181012y15.jpg




20181012t5.jpg 20181012t6.jpg


V. VINTAGE
メイド・イン・イタリーのヴィンテージウールマント。恐らく60年代頃のものと思われます。特筆すべきは発色のいいターコイズグリーンのカラーリング。少なくとも日本ではお見掛けすることのない美しい色合いです。またシルエットや分量感も絶妙。着ると肩のラインが綺麗に出るように計算されたパターンワーク。ブランケットを羽織っているようなカジュアルな印象ではなく、モードでスタイリッシュなマントです。


20181012y9.jpg

20181012y8.jpg

20181012y7.jpg




20181012t13.jpg 20181012t14.jpg


VI. CARVEN
フレンチブランド「カルヴェン」らしい遊び心が効いたウールブルゾンが入荷。飛行機や動物・人間の顔など、子供が落書きしたようなパターンを、あえてモノトーンで表現しているところが素晴らしい。グレートーンのブルゾンは今季らしく、ストリートモードなスタイルにも程よいスパイスとして取り入れることの出来る一着。またディティールも抜け目なく、衿元のデザインや比翼仕様など、絶妙に子供っぽくならないようにしてくれているのは流石。


20181012y21.jpg

20181012y20.jpg

20181012y19.jpg

20181012y18.jpg




20181012t3.jpg 20181012t4.jpg


VII. DEREK LAM
NYのコレクションブランド「デレク・ラム」より、2色糸で構成されたグレートンのレイヤード風ロングニットカーディガン。バックスタイルが特徴的で、ショート丈のカーディガンを上からレイヤードしているかのような面白いデザインです。フロントでベルトマークすることも出来ますが、あえてベルト部分を垂らすようにそのままで着用するのもオススメ。ウール×ポリアミドの強い繊維で構成されたニットとなっており、真冬もメインアウターとしてご使用いただける逸品です。


20181012y5.jpg

20181012y6.jpg

20181012y4.jpg




20181012t7.jpg 20181012t8.jpg


VIII. VINTAGE
全体にジャカード柄の施されたヴィンテージマント。タイルのような幾何学的な模様を、ブラック×ブラウン×ホワイトというモダンな組合せで表現。温かみがありつつもクールなテイストに仕上がっています。また衿と一体型になっているマフラーのようなフリンジがポイント。ヴィンテージらしい立体的なパターンワークの光る優れた一品です。


20181012y12.jpg

20181012y11.jpg

20181012y10.jpg




20181012t11.jpg 20181012t12.jpg


IX. UNKNOWN
80年代頃と思われる変形トレンチコート。化繊の入ったサラリとした質感が実に今っぽい。ウエストのドローコードによってシルエットを変化させることも出来、ボトムやインナーによって調整できるのは嬉しい。フロント第一ボタンの金具使いや、ドロップショルダーのオーバーシルエットなど、今季らしさ満載のオールドアイテムです。


20181012y17.jpg

20181012y16.jpg




いかがでしたか。只今当店では、ご紹介した他にも多彩なジャンルのアウターを取り揃えております。お探しの方は是非店頭にてお試しくださいませ。



【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ

New Arrival Knit Items

本日は、入荷したてのニットアイテムを6点まとめてご紹介。ヴィンテージからデザイナーズまで幅広くピックアップ致しました。是非ご一読くださいませ。




20180928t8.jpg 20180928t7.jpg


I. Alxander Wang × H&M
「アレキサンダー・ワン」と「H&M」とのコラボレートによるモノトーン3Dニット。鱗のような質感の立体的な編地模様に加え、あえて糸を抜いてシースルーの部分を作った特殊な構造のニットです。ボーダー×鱗模様のグラフィカルな組合せがアーティスティック。インナーに色物やプリントものをレイヤードしても面白い。レーヨンベースにナイロン糸を混ぜ込んだ、デイリーに使える素材が嬉しい。裾口はラウンドカットでスタイリッシュな印象。意外に合わせるボトムスを選ばない、好バランスな一着です。


20180928y6.jpg

20180928y5.jpg

20180928y4.jpg




20180928t3.jpg 20180928t4.jpg


II. BURBERRY
オールドの「バーバリー」より、上質な柔らかいウールを起用したケーブルニットが入荷。カラーネップヤーンを使用した遊び心ある素材使いが楽しい一着。良く見ると様々なケーブル編みの手法を組み合わせた編地となっており、シンプルに見えて迫力のある一着です。シャツ衿との相性も良く、ヴィヴィットカラーのシャツを中に入れたコーディネートもいまっぽくてオススメ。


20180928y12.jpg

20180928y11.jpg

20180928y10.jpg




20180928t9.jpg 20180928t10.jpg


III. SONIA RYKIEL
モード界においてニットの女王の異名を持つ「ソニア・リキエル」より、ポップ&キュートなニットが到着。コットン×シルクで肌心地バツグン。素肌でもロングTシャツ的に着られるハイクオリティーな一着。右肩からぶら下がっているように見えるお猿さんがなんともキュート。フレンチブランドらしい遊び心を感じます。一枚で着ても存在感があり、インナーにも差し色として使い易い優等生。2年前にデザイナーが亡くなっており、本人が手掛けていたであろうこの時期のコレクションは希少価値も高い。


20180928y3.jpg

20180928y2.jpg

20180928y1.jpg




20180928t6.jpg 20180928t5.jpg


IV. 50's VINTAGE
50年代頃のヴィンテージドライバーズニット。人気の高いブラック×レッドは希少。状態の方もかなり良好となっており、デザイナーズアイテムと合わせてコーディネートするのもオススメ。今年らしいハイネックのジップアップは顔周りをスッキリした印象に見せてくれる合わせ易い一着。衿元、袖口のボーダーは、アウター着用時にもデザイン性を発揮。質・デザインともに完成度の高い逸品です。


20180928y7.jpg

20180928y8.jpg

20180928y9.jpg




20180928t11.jpg 20180928t12.jpg


V. Maison Martin Margiela
「メゾン・マルタン・マルジェラ」より、鹿の子編みの手法を応用したコットンニット。独特のポコポコとした編み模様と二色遣いの糸が奥行きを感じさせる、ベーシックながら深みのある一着。鹿の子編みよりも目の詰まった編地となっており、その弾力性によってシルエットが崩れないのも特徴的。10番はメンズ向けのコレクションではありますが、優しいグレイッシュピンクの色使いなので女性の方にもオススメ。


20180928y16.jpg

20180928y18.jpg

20180928y17.jpg




20180928t2.jpg 20180928t1.jpg


VI. MADE IN ENGLAND
イングランド製の良質なウールガンジーニットが入荷。アームホールや裾口に配置された編み模様はガンジーニット特有のものとなっており、ロープのハシゴや波、岩などをモチーフにした伝統的なパターン。元々イギリスとフランスの間にあるガンジー島の漁師達が着ていたニットが発祥となっており、デザイン性の高さもさることながら防寒性も抜群です。


20180928y14.jpg

20180928y15.jpg

20180928y13.jpg




現在店頭には新着ニットアイテムが続々と入荷中。また今回ご紹介した商品の他、多数取り揃えて御座います。お探しの方はお気軽にスタッフまでお声がけくださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Recommend Sweat Items


本日は、現在店頭にございます商品の中から「お勧めのスウェットアイテム」を8点ご紹介。サイズ感次第でメンズ・レディースの垣根を越えてコーディネートに取り入れて頂けるスウェットアイテム。是非ご一読ください。




20180905t1.jpg 20180905t2.jpg


I. PUMA by RIHANNA
漆黒の歌姫リアーナによる、スポーツブランド「プーマ」とのコラボレーションライン「FENTY PUMA by Rihanna」から、ビッグシルエットのスウェットが未使用状態で新入荷。2017年のコレクションモデルとなっております。特筆すべきは袖のディティール。極太のシューレースのようなロープで袖をつなぎ留めています。また長く垂れ下がった12本のロープは動くたびに揺れ、存在感大。ロープを解くとノースリーブ仕様に早変わりするので、コーディネートの仕方次第で様々な楽しみ方のできる逸品です。


20180905y24.jpg

20180905y22.jpg

20180905y23.jpg

20180905y25.jpg




20180905t5.jpg 20180905t6.jpg


II. HELMUT LANG
「ヘルムートラング」より、ロング丈のスウェットワンピース。ムラっぽく施されたウォッシュド加工のラフな雰囲気が◎。生地端やシームの部分に擦れたようなアタリが出るように表現されており、その質感はまるでオールドのブラックデニムのよう。またラングらしい洗練されたカッティングもスタイリッシュで、女性だけではなく男性にもオススメしたい一着です。


20180905y18.jpg

20180905y17.jpg

20180905y16.jpg




20180905t15.jpg 20180905t16.jpg


III. VINTAGE
50年代頃のヴィンテージ。ショールカラータイプのプルオーバーはこの年代ならでは。ロートーンのマスタードイエローで落ち着いた印象。ハリ、コシがあって柔らかい極上の着心地はコットン100%の為せるワザ。長く採られた裾リブは着用するとメリハリのあるシルエットを作ってくれるので、ボトムのシルエットを選びません。秋の主役を張れるデザイン性の高いヴィンテージアイテムです。


20180905y2.jpg

20180905y1.jpg

20180905y3.jpg




20180905t7.jpg 20180905t8.jpg


IV. T by Alexander Wang
「アレキサンダーワン」らしいモードなショートスリーブスウェット。さりげなく計算されたラグランスリーブでアクティブな印象。ヘムデザインに伸縮性を持たせたメッシュ素材を起用し、スポーティモードなテイストに昇華。またカットオフ風のネックデザインはよく見ると型崩れ防止のステッチングが施されており、細かい配慮が伺えます。日常に落とし込むことで良さを発揮する「T by」ラインならではの好バランスな一着です。


20180905y15.jpg

20180905y13.jpg

20180905y14.jpg




20180905t9.jpg 20180905t10.jpg


V. MSGM
転写プリントにおいて高い技術力を発揮する「MSGM」。油絵の具やアクリル絵具、スプレーペイントなど様々な質感のペイント柄を、敢えてプリントで表現。ホワイト×グレーをベースとした2トーンのカラーリングにフロントの差し色。さらにはネック、袖口、裾に配置されたモノトーンのボーダーリブが引き締め役を果たしており、奥行きと立体感を引き立てる非の打ち所のないデザインバランス。スタイリッシュなシルエットで大人っぽく着られる点が嬉しい。男性でも細身の方であれば問題なく着用出来るので、ユニセックスでご提案したい一着です。


20180905y12.jpg

20180905y11.jpg

20180905y10.jpg




20180905t11.jpg 20180905t12.jpg


VI. VINTAGE
60~70年代のヴィンテージアイテム。染み込みプリントと呼ばれるこの年代ならではの古い手法でプリントされた一着。生地の上に乗ったような印象を受ける現代のプリントとは違い、生地に浸透して染み込み、一体化したような独特の風合いが楽しめます。プリントモチーフも秀逸で、バックプリントが「犬の後ろ姿」というのも面白い。


20180905y8.jpg

20180905y9.jpg

20180905y7.jpg




20180905t3.jpg 20180905t4.jpg


VII. ROBERT GELLER
ロバートゲラーはNYのコレクションブランド。デザイナーはドイツ出身。脱構築的なカッティングの根底にクラシックな要素を感じさせるストリートミックススタイルは独自の世界観を築いています。こちらは袖の生地をわざと反転させたジップアップスウェット。パイル状になっているスウェット素材の裏側をあえて表側に出すことでブラック一色のアイテムの中にコントラストが生まれ、モードな仕上がりの一着となっております。またフードのパターンも秀逸で、かぶった時に美しく計算されており、かぶったまま歩くのもオススメです。


20180905y21.jpg

20180905y20.jpg

20180905y19.jpg




20180905t13.jpg 20180905t14.jpg


VIII. ALL SAINTS
「オールセインツ」より、グレーを基調としたデザインスウェットが入荷。袖口にマットな質感のチェーンを起用することで、ハード&ロックに偏りがちな金属系の素材使いを柔らかく表現しています。またよく見るとボディとリブのトーンを微妙に変えており、チェーンの素材感を含めた3トーングラデーションを表現するという芸の細かさ。合わせるものを選ばないベーシックなアイテムの中にエッジの効いた感性を感じる逸品です。


20180905y5.jpg

20180905y4.jpg

20180905y6.jpg




いかがでしたか。秋物の商品も続々と入荷予定です。お探しのものはお気軽にお申し付けくださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター