Pick Up Vintage All In One

本日は、スタイリング次第で季節を問わずご着用頂ける、オールコットン素材の「ヴィンテージオールインワン」をご紹介いたします。男性のみならず、サイズによっては女性の方もお楽しみいただけるジャンルです。なお、比較的サイズ感の小さめのものに関してはレディースのトルソーを使って撮影しております。是非ご覧くださいませ。




20180228t1.jpg 20180228t2.jpg


I. UNKNOWN
ペンキやオイルがバランス良く飛び散ったヴィンテージオールインワン。フロント、袖口には物資の少ない古い年代に使われていた月桂樹ボタンが使用されております。タグが欠損しておりブランド名は不明ですが、1940年代~50年代初頭にかけての貴重な一着となります。上衿、ポケット口、ベルト、袖口の部分の色が切り替えられている2トーンのデザインはファッション的にも新鮮。またポケット口とカフスの裏生地にはデニム地が使用されています。ピッチの太いヘリンボーンツイルにゴールドやブルーなど様々な色のペンキが付いており、見れば見る程抽象画のような魅力溢れるカラーリングです。


20180228y2.jpg

20180228y3.jpg

20180228y4.jpg




20180228t3.jpg 20180228t4.jpg


II. LEE
三大デニムブランドの1つである「LEE」のUNION ALLSシリーズ。フロントトップボタンは頭文字の「L」の下部が長く伸びた通称「ロングL」。50年代頃のヴィンテージアイテムとなります。素材はオールコットンのしっかりとしたヘリンボーンツイル。デニムブランドならではの強度を保ちつつ、動き易さ・軽さも兼ね備えた人気のオールインワンシリーズ。身幅をたっぷり採った男らしいシルエットも今季らしく、ややオーバーサイズで着ても今っぽい。カラーも春らしいライトベージュとこれからの季節に活躍間違いナシ。


20180228y6.jpg

20180228y5.jpg

20180228y8.jpg

20180228y9.jpg

20180228y7.jpg




20180228t7.jpg 20180228t8.jpg


III. ANTHONY'S BUCKHIDE
1922年創業の「C.R. ANTHONY CO.」社。オクラホマ発のストアブランド「BUCKHIDE」からの一着。オリジナルのフロントジッパーは「WALDES」社製コの字留め付きのカムロック仕様となっており、1940年代~50年代初頭にかけてのものと思われます。衿裏、袖口には月桂樹ボタン搭載。褪せたオリーブグリーンは古い年代ならではの柔らかい色合いとなっており、あえてデザイナーズアイテムと合わせてスタイリングにコントラストを出すのも◎。サイズ表記は38となっており、メンズ、レディース共にオススメの商品です。


20180228y14.jpg

20180228y15.jpg

20180228y17.jpg




20180228t11.jpg 20180228t12.jpg


IV. POWER HOUSE
モンゴメリーワードのプライベートブランドである「POWER HOUSE」。今回ご紹介する中で唯一のデニムオールインワン。ライトオンスで見た目以上に軽快な造りとなっており、春先には最適の生地感です。また60年代の天然インディゴによる色落ちも雰囲気満点。ウエスト位置はやや下目の設定で、股上深め。袖幅も広く、ダボっとしたシルエットが特徴的。両袖をウエストで結ぶ形でデニムパンツとして着用し、ストリートなスタイリングに合わせるのもオススメ。画像にはございませんが、ポケット裏の隠しペン差しやコインポケット、トリプルステッチ等、リアルなワークウエアならではのディティールも見逃せません。


20180228y21.jpg

20180228y22.jpg

20180228y23.jpg

20180228y24.jpg




20180228t5.jpg 20180228t6.jpg


V. CALCO by K.W.B. MFG CO.
ロサンゼルス発「K.W.B. MFG」社のブランド「CALCO」より、60年代のヴィンテージオールインワン。右綾と左綾が狭いピッチで交差しており、かなり立体的な見え方のヘリンボーンツイル。フロント、カフス部のツープロングボタンには「K.W.B MFG」社の名が入っております。特筆すべきは「AVON REFINERY」と書かれたバックステンシル。「REFINERY」は「精錬所・精製所」、「AVON」は地名と思われ、ミリタリー系の作業着も生産していたこのブランドのバックボーンを感じさせるディティールとなっております。サイズも小さめとなっており、女性から男性の標準体型の方まで問題なくご着用頂けます。


20180228y11.jpg

20180228y13.jpg

20180228y12.jpg




20180228t9.jpg 20180228t10.jpg


VI. BIG MAC
言わずと知れたワークウエアブランド「BIG MAC」。60年代頃のものとなります。日本のワークウエアでは中々見かけることのないロートーンのグリーンカラーがお洒落。ウエストの一部にゴムが通してあり、オールインワンの中ではスタイリッシュなシルエット。衿の形状も小振りで第一ボタンまで留めても主張し過ぎることなく好バランス。画像では女性のトルソーに着せておりますが、もちろん男性の方が着ても問題ありません。


20180228y20.jpg

20180228y18.jpg

20180228y19.jpg




20180228t14.jpg 20180228t13.jpg


上画像のように、ウエストで袖を縛って着ることもできます。こうすることで春先にはパンツとして、様々なトップスと合わせてお楽しみいただけます。デザイナーズシャツであったり、女性ならばレディライクなジャケットを合わせるのもモードです。スタイリング次第で可能性は様々な「ヴィンテージオールインワン」。春のお洒落に取り入れてみてはいかがでしょうか。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


1940年代 WHITE STAG cotton pullover jacket

20170818f1.jpg

20170818f2.jpg


本日は「WHITE STAGのコットンプルオーバージャケット」をご紹介いたします。


ホワイトスタッグの親会社は、オレゴン州ポートランドを本拠地とする「ハーシュ・ワイス」という名のアウトドアブランド。ホワイトスタッグはもともと、ハーシュ・ワイス社の支流ブランドとして、1930年代に始まったスキーウェアブランドです。スキーウェアとしては斬新なデザインも多く、コレクターもいるほど非常に人気あるブランド。


20170818f3.jpg

20170818f4.jpg


特筆すべきはスキーウェアとは思えない程の淡いグリーン×ブラックといった配色と現代ではなかなかお目見えしない裾に搭載された非常に長いウールリブ。ホワイトスタッグはこういった個性があり、アクの強いアイテムが多いため、「今」見ても非常に新鮮で、そのハイセンスに驚かされます。


20170818f5.jpg


古くは30年代から60年代頃までを中心に活躍していたブランドですが、どれも非常に玄人好み。淡いグリーン×ブラックボディに赤タグが非常にバランス良い。


20170818f6.jpg


「WALDES」ジッパーのコの字エンド。その先端にブロンドアイコンを示す「シカ」の飾り。


20170818f7.jpg


左袖にはひし形「TALON」。


20170818f8.jpg


バックスタイルも抜かりなし。70年以上前の物とは思えない、デザインのみならず、非常に洗練された逸品。


古着好きな方はもちろん、ヴィンテージに興味がある方にもおススメさせていただきます。
気になられた方は是非ともお試し下さいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


LEVI'S 501"66"MODEL

20170809f1.jpg

20170809f2.jpg


本日は「LEVI'Sの501"66"前期」をご紹介いたします。


皆さんご存知の通り、リーバイスといえばアメリカ合衆国を拠点とするアパレルメーカーであり、ジーンズブランド。
1853年、カリフォルニア州サンフランシスコ創業。そんな歴史あるリーバイスから501"66"前期が入荷しましたので、ご紹介させて頂きます。


20170809f3.jpg

20170809f4.jpg

20170809f5.jpg


ボタンフライを示す501という品番。今回ご紹介させて頂くこちらはビンテージならではの綺麗にたて落ちした雰囲気と夏のシーズンにマッチした薄いブルーデニムが堪らない。本来、ここまで全体的に色薄く、しかも状態が良いことを考えると、当時の所有者によっていかに大事に履かれていたかが分かるそんな一本。


もちろんビンテージといえば希少価値の高い年代物ですので、色の濃淡で取り引きされる金額は全く違ってきますが、こういった所謂“雰囲気重視”もビンテージならではの醍醐味。


20170809f6.jpg


リーバイ・ストラウスの刻印が入るトップボタン。


20170612y8.jpg


トップボタン裏は6。


20170809f7.jpg

20170809f8.jpg


紙パッチはかろうじて残っていますが、それもまたビンテージならではの雰囲気。画像では分かりにくいですが、W31 L32表記と記載されています。


20170809f10.jpg


赤タブはスモール"e"


20170809f9.jpg


バックポケット裏はシングルステッチといったディティール。


今のシーズンにマッチした非常に綺麗な雰囲気ある一本。色の濃いものよりも、薄い雰囲気重視な方にはオススメの一本。
ビンテージデニムは年代や色の濃さ、サイズ&コンディションで値段は決まりますが、値段的にもこの"66"前期はオススメしやすい一本ですので、探されてた方やビンテージデニムに挑戦したい方など一度お試し下さいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


LEVI'S 501 BIG"E" 66 MODEL

20170612t1.jpg

20170612t2.jpg


本日は「LEVI'Sの501 BIG "E" 66 MODEL」をご紹介いたします。


皆さんご存知の通り、リーバイスといえばアメリカ合衆国を拠点とするアパレルメーカーであり、ジーンズブランド。1853年カリフォルニア州サンフランシスコ創業。そんな歴史あるリーバイスから501 BIG "E" 66 モデルが入荷しましたので、ご紹介させて頂きます。


20170612y1.jpg

20170612y2.jpg

20170612y3.jpg


品番はもちろん重要な部分ではありますが、ご紹介させて頂くこちらはビンテージならではのクラッシュされたこの雰囲気が堪らない。意図的に行うのではなく、当時の労働者が自然に履き潰すことによって醸し出されたこの雰囲気は現代では出すことの出来ない魅力があります。


もちろんビンテージといえば希少価値の高い年代物ですので、コンディションの良し悪しで取り引きされる金額は全く違ってきますが、こういった所謂“ボロの美学”もビンテージならではの醍醐味。


20170612y7.jpg


リーバイ・ストラウスの刻印が入るトップボタン。


20170612y8.jpg


トップボタン裏は6。


20170612y4.jpg


バックスタイルにも当時のリペア痕があり良い雰囲気。


20170612y6.jpg


もちろん赤タブはBIG"E"。BIG"E"か否か判別するのに一番分かりやすいディティール。


20170612y5.jpg


バックポケット裏はシングルステッチといったディティール。


BIG"E"から66前期へ移る移行期の物。状態よりも雰囲気重視な方にはオススメの一本。そのまま履くも良し、中にレギンスを履いてレイヤードするも良し、お好みに合わせてお試し下さい。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Vintage Champion T-shirt

本日は「VintageのチャンピオンTシャツ」を2選ご紹介いたします。


誕生して今年で98年。いまでも進化を続けているアメリカンスポーツカジュアルブランド「チャンピオン」。そのチャンピオンが70年代、80年代に生産した数々の名作の中から当店オススメのTシャツをご紹介。年代問わず、甲乙つけ難い至極の2着ですのでご覧ください。


20170605f1.jpg

20170605f2.jpg


~80's CHAMPION blue bar tag football t-shirt


「チャンピオン・ニットウェア・カンパニー」から「チャンピオン・プロダクツ社」に社名変更したのが67年。大きく分けて70年代突入と同時にこの通称「バータグ」が登場し、82年頃まで製造。


20170605f5.jpg

20170605f6.jpg


元々は真っ赤ボディですが、全体的に色焼けし、それがまたビンテージ特有の雰囲気となっているのが非常に魅力的。この雰囲気はなかなか意図的には出せません。状態より雰囲気重視な方にはオススメ。


20170605f9.jpg

20170605f8.jpg

20170605f10.jpg

20170605f7.jpg


ブルーバータグの中でも後期型、フロントに入った「81」というナンバーからおそらく81年製の物と推測。ボディの雰囲気だけではなく、赤×黄という配色、3段プリント、首後ろと裾に縫い付けられたタグが残っているのも高ポイント。




続いて2点目


20170605f3.jpg

20170605f4.jpg


80's CHAMPION tricolor tag college t-shirt


先ほどご紹介させていただいたブルーバータグの次にあたるのが、こちらの80年代通称「トリコタグ」。トリコタグの中でもブルーバータグ同様、数種類のタグが存在しますが、こちらは82年から84年、85年ぐらいまで製造された物。


20170605f11.jpg

20170605f12.jpg


フットボールTシャツとは違い、セットインスリーブに裾はラウンドタイプ。年代に大きな差はありませんが、縫製の仕方であったり、デザインであったり、同ブランドでも全く違うのが面白さもあり魅力的。


20170605f14.jpg

20170605f13.jpg

20170605f15.jpg


こちらは先ほどとは打って変わって、シンプルに入った「HARVARD」染み込みプリント。油性プリントにはない雰囲気が◎。またロゴとスリーブの色を合わせているのが非常に良し。




どちらもビンテージの雰囲気抜群の自信をもってオススメ出来るアイテム。気になられた方は是非ともお試し下さい。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター