Mens Coordinate

20170425top1.jpg

20170425top2.jpg


jacket : GIORGIO ARMANI
inner : OAK
pants : RAG & BONE
shoes : PIERRE HARDY




本日は、メンズのコーディネートをご紹介いたします。


20170425z4.jpg

20170425z3.jpg

20170425z1.jpg


ノースリーブのワーク風ジャケットを軸にした、ラフさの中にも遊び心やシルエットへのコダワリを感じさせるスタイリング。ノースリーブのアイテムはこれからのシーズンにカットソーやシャツなどと重ねて使えて、ヘビロテ間違いなしのアイテム。やや肩を落とした程度のワーカーズシルエットが今の気分。全体のバランスが野暮ったくならないようにボトムスは綺麗目のテーパードシルエットをチョイス。ワーク×ミリタリーの土臭い雰囲気を、インナーにモードな雰囲気の変形カットソーを差し込むことでスタイリッシュに仕上げました。足元には春らしい白ベースのレザースニーカーで軽快さをプラス。




20170425t5.jpg 20170425t6.jpg


JACKET
「ジョルジオ・アルマーニ」のノースリーブジャケット。男らしいワークな雰囲気だけでなく、ウエストベルト付きのデザイン性や計算された無駄のないシルエットでミニマルな印象も感じる一着。アルマーニはグレートーンのアイテムを豊富に取り揃えているブランドですが、こちらも何とも形容しがたい赤みがかった落ち着いたグレーカラー。形・ディティールはカジュアルですが、絶妙なグレーカラーに仕上げたおかげで、シャツなどのシックなアイテムとも相性良いアイテムです。またボタンの色をピンクベージュにすることで土臭さを中和。デザイナーのセンスが光る、アルマーニらしい秀逸な一品です。


20170425y6.jpg

20170425y5.jpg




20170425t4.jpg 20170425t3.jpg


INNER
「オーク」は、ブルックリン生まれのニューヨークブランド。ニューヨークらしいストリートモードなテイストとゆったりとしたサイズ感が印象的なブランドです。こちらのカットソーも例に漏れず、タウンユースを念頭に置いた遊び心のある一着。このアシンメトリーな形状は袖を通すとウエスト部で溜まるようにしてドレープを作り、腰下あたりまでの丈感で着易く合わせ易い。一番の特徴はやはり袖の長さが左右で違う点。ノースリーブのアイテムと合わせるとさり気ないモード感を演出できます。素材はコットン100%で着心地も◎。


20170425y2.jpg

20170425y1.jpg




20170425t1.jpg 20170425t2.jpg


PANTS
「ラグ&ボーン」よりテーパードカーゴパンツ。軍物由来の6ポケットパンツの無骨なデザインを綺麗目なシルエットに仕立てた洒落た一本。太腿から膝下まではややゆとりを持たせたうえで、裾口は極限まで絞るという動き易さも兼ね備えた計算ずくのパターンワーク。そしてここまでで終わらないのがラグ&ボーンの流儀。縫製した後にはリアリティ溢れるダメージ加工を何工程も重ね、他にはないバランスのカーゴパンツに仕上げてくれています。ウォッシュ加工は勿論のこと、ボタン跡や縫い目のアタリを浮き出させるスクラッチングや、サイド部にはグラデーションの焼け加工まで施されています。ミリタリー特有の経年変化をつぶさに観察したデザイナーの経験値の為せる業です。


20170425y3.jpg

20170425y4.jpg




20170425y8.jpg

20170425y7.jpg


SHOES
「ピエール・アルディ」はフランスを代表するシューズデザイナー。独自の発想力で様々なビッグメゾンのコレクションラインを担当してきた経歴の持ち主です。こちらのレザースニーカーもデザイン性の高い一足ながら、靴専門デザイナーならではの工夫が凝らされた逸品。配色もホワイト×ボルドーと有りそうで見かけることのないハイセンスなバランス。細部まで堅牢な造りでスポーツスニーカー特有のチープさも無く、歩き易くハードに履けるのも嬉しい。大人の遊び心を感じる高級カジュアルシューズです。




20170425z2.jpg


是非、コーディネートの参考に。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Men's New Arrival T-shirts

本日は、新入荷のTシャツをご紹介いたします。


ここ数日かなり気温も上がって来ており、そろそろ一枚で着られるTシャツも欲しくなって参ります。今回は、主役として活躍できるデザイナーズのTシャツを集めました。それではご覧ください。




20170418t4.jpg

20170418t15.jpg 20170418t14.jpg


Ⅰ. RAG & BONE
「ラグ・アンド・ボーン」の圧縮ハンドプリントT。あえて平置きの状態で全面にプリントを施しており、コンセプチュアルな工程を踏みつつもオーソドックスで着易い形に仕上げてくれているのがこのブランドらしさ。こういったアート感あるデザインの洋服でもしっかりとデイリーユースを念頭に置いて作られているのは嬉しいところ。また、プリント後にスチームで圧縮をかけることで前部のディティールが背面にも浮き出てくるようなギミックが粋で、どの角度から見ても素敵です。


20170418y1.jpg

20170418y2.jpg




20170418t3.jpg

20170418t11.jpg 20170418t10.jpg


Ⅱ. MAISON MARTIN MARGIELA
こちらもデザイナーのユニークなこだわりが光る一着。一見、無地のVネックTeeと間違えそうですが、実は裏から発砲バインダーと呼ばれる糊を使った技法による立体感あるプリントを施しており、表側から見ると独特の凹凸ある抽象的な見え方。ほどけた蝶ネクタイをかたどったモチーフも面白く、遊び心満点の一着。ヴィンテージやユーズドのウエアに精通し、「時間」や「作業工程」までデザインとして落とし込むマルジェラならではの発想を感じる逸品です。


20170418y5.jpg

20170418y6.jpg




20170418t1.jpg

20170418t13.jpg 20170418t12.jpg


Ⅲ. OPENING CEREMONY
存在感ある総花柄が特徴のこちらは「オープニング・セレモニー」。最新のインクジェットプリントにより解像度の高いパキッとした質感。また色合いも絶妙で、甘く、ガーリーな花柄というよりもクールかつ鮮やかな寒色系の色彩。ゆったりと着られるサイズ感ですので男女ともにオススメです。生地感もサラッとして涼しく着て頂けますので、この春夏の主役として活躍すること間違いなしです。


20170418y8.jpg




20170418t2.jpg

20170418t9.jpg 20170418t8.jpg


Ⅳ. OPENING CEREMONY
続くこちらも「オープニング・セレモニー」より。前面の格子状のディティールが存在感大。切りっぱなしのカットソー地を使って交錯させている点にラフさが感じられ、ストリート感あって今っぽい一枚。また丈感もややロング丈の設定なのでワイドパンツとの相性は抜群。両脇にはシームポケット完備でステッチングがデザインポイントに。個性的なギミックで魅せるワンランク上のストリートスタイルにどうぞ。


20170418y7.jpg




20170418t5.jpg

20170418t7.jpg 20170418t6.jpg


Ⅴ. HOUSE OF HOLLAND
「ハウス・オブ・ホランド」より、ビーズ刺繍Tシャツ。ハンドシグナルが目を惹く一枚。滑らかなコットンカットソーで着心地も◎。ロンドンらしいウィットに富んだデザインながら、どこか綺麗目な雰囲気も醸し出すビーズによる表現がお洒落。また、特筆すべきはそのネックラインのカッティング。やや横に伸ばしたようなボートネック寄りのクルーネックで、アンニュイで優しい印象。ボディカラーがブラックでクールにも着こなせる、男女ともにオススメの一着です。


20170418y4.jpg

20170418y3.jpg




これからの季節に活躍間違いなしのアイテムです。ぜひ、店頭にてお試し下さいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Mens Coordinate

20170413top1.jpg

20170413top2.jpg


jacket : 3.1 Phillip Lim
innner : ALL SAINTS
shirt : Acne Studio
pants : Y-3
shoes : BOTTEGA VENETA




本日は、メンズのコーディネートをご紹介いたします。


20170413k1.jpg

20170413k3.jpg

20170413k4.jpg


カラーリングと素材感で魅せる大人のカジュアルスタイル。あえてオーバーサイズをチョイスしたテーラードジャケットにサルエルパンツを合わせてリラックス感を出しつつも、首元の白シャツと足元の革靴が引き締め効果になり、子供っぽさを感じさせないカジュアルコーディネートに。そしてしっかり色物は取り入れながらもポップ過ぎないカラーバランス。グレーやブラウンなどの落ち着いたトーンのアイテムを取り入れるのもポイントです。




20170413k5.jpg 20170413k6.jpg


JACKET
「3.1 フィリップ・リム」のインディゴ染めテーラードジャケット。染加工の風合い引き立つコットンの平織り生地。経年変化が楽しみな素材でもあります。一見デニムジャケットに見えますが、シックなアイテムと合わせて大人っぽく着ることを考慮に入れたカジュアル過ぎないソフトな素材選び。また特筆すべきは肩回りの丸みのあるパターンワークと、柔らかく、優しいイメージに仕上がるよう細心の注意を払って施された縫製技術。気取らず、気楽に着られて、かつクオリティーは最上級というフィリップ・リムらしいカジュアルジャケットです。


20170413k6d.jpg

20170413k6c.jpg




20170413k7.jpg 20170413k8.jpg


INNER
「オール・セインツ」より半袖穴あきニット。エッジの効いたデザインながら、ゆったりした身幅と、合わせ易くモード過ぎないグレーカラーが好印象。今日のコーディネートのように中にホワイトカラーのアイテムを合わせるとより穴あきデザインが際立ちます。品番に「BLINK(ブリンク)」との表示があるのですが、これは「瞬く」、「点滅」するという意味合いがある単語。コーディネート上でどのように瞬かせるかはレイヤードの仕方次第。スタイリングが楽しくなる一着です。また素材はコットン×リネンとなっており、夏場はタンクトップ等の上からTシャツ的に着るのもオススメ。


20170413k8b.jpg




20170413k9.jpg 20170413k10.jpg


SHIRT
サラリとした質感が特徴的な「アクネ」のプレーンホワイトシャツ。普段着としてもフォーマルな場でも活躍できる汎用性の高い一着。無駄のない削ぎ落されたディティールとシルエット。細かくいせ込むことで柔らかく仕立てた縫製や、芯地の使い方に至るまでこだわり抜かれた仕様。「シック過ぎず、ナチュラル過ぎない、なのにどこか優しい」というアクネらしいテイストは、このプレーンシャツからもしっかりと汲み取ることができます。


20170413k10b.jpg

20170413k10c.jpg




20170413k11_201704131440447da.jpg 20170413k12.jpg


PANTS
「Y-3」のバックシンチ付きサルエルパンツ。素材はヘリンボーン風のダブルガーゼ。ディティールや生地の織りでミリタリーを意識しつつ、深いグリーンカラーにすることで落ち着いた仕上がりに。また生地の裏面は鮮やかなボタニカルパターンとなっており、スタイリングによってはロールアップしても面白い。サルエルらしく股上は深めに設定されていますが、履き易く美しいシルエットなのは流石。見えないところまでデザイナーのこだわりが光る一本です。


20170413k12b.jpg

20170413k12c.jpg




20170413k13.jpg

20170413k14.jpg


SHOES
「ボッテガ・ヴェネタ」の内羽根式ウィングチップ。無駄のないシックな木型ですがハンドステッチが施されたアッパーデザインが温かみを演出。メダリオンも主張し過ぎず、上品な大人の遊び靴です。カラーリングもアッシュ寄りのカーキブラウンで落ち着いた印象。スラックスと合わせるとシックスタイルにヌケ感を出すことができ、カジュアルスタイルに取り入れても違和感なく合わせられるので、スタイリングに幅を出してくれること間違いなし。




20170413k2.jpg


是非、コーディネートの参考に。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Designers Light Outers

20170404k1.jpg

20170404k2.jpg

20170404k3.jpg


本日は、新入荷のライトアウターを3点ご紹介いたします。
4月になり本格的に暖かい日も増えてまいりましたが、朝晩は冷え込むことも多く体温調節とお洒落のバランスが難しい時期。
本日ご紹介するのは肌寒い日はインナーとして、暖かい日はアウターとしてスタイリングできる非常に便利なアイテムです。3点ともシャツ衿が付くタイプの合わせ易いライトアウター。是非ご覧ください。




Ⅰ. 3.1 Phillip Lim
20170404k4.jpg

20170404k5.jpg 20170404k6.jpg


コットン×ナイロン素材のホワイトジャケット。パターンはいわゆるデニムジャケット型。ステッチングもあえてカジュアルな針目で縫製されており、これにより生地の表面に立体感が生まれ、よりデニムジャケット的な合わせ方が出来るよう計算されています。綺麗目なシャツ生地に対してアメカジ要素の入った形状やディティール。有りそうで無い「3.1 フィリップ・リム」独自のバランス感覚がお洒落。存在感あるべっ甲風のボタンも程よいヌケ感を演出してくれ、気取り過ぎないモードスタイルに。ナイロンが入っていることで生地に張り感と強度がプラスされており、洗いをかけていく楽しみもあるライトアウターです。


20170404k6b.jpg

20170404k6c.jpg




Ⅱ. JIL SANDER
20170404k7.jpg

20170404k8.jpg 20170404k9.jpg


デザインの効いた衿元が特徴的なシャツジャケット。素材は「ジル・サンダー」らしい強撚のコットンツイルで、サラッとした高級感ある生地感。意図的に大きく開かれたデザインの衿元は脱構築的な構造となっており、シックな印象を保ちながら絶妙なハズシのあるディティールです。前立ての幅とポケット口のフェイクフラップの幅を同じにしてまとまりを出していたり、後ろから見るとテーラードジャケットに見える三面体&二枚袖の仕様になっていたりと、緻密に計算されたパターンワークは流石の一言。総裏地付きで型崩れしにくく、合わせ方次第で見え方の変わる飽きのこないシルエットですので、長くお付き合いできる一着。


20170404k9b.jpg

20170404k9c.jpg




Ⅲ. ALL SAINTS
20170404k10.jpg

20170404k11.jpg 20170404k12.jpg


「オール・セインツ」より、ジップアップシャツジャケット。50年代を彷彿させるネップの入ったコットン生地が雰囲気抜群。ヴィンテージを意識したデザインですが、当時のワークジャケットと比べて細身に作られており、丈感もやや長めでヴィンテージでは中々ない綺麗なシルエット。また衿の形状は小振りで、袖口はシングルカフスと、シャツらしさを失わないトータルバランス。少し肌寒いこの時季は薄手のコートやジャケットのインナーとして合わせてもスタイリッシュに着られます。ヴィンテージウエアとの相性も良く、ミックススタイルのまとめ役として重宝すること間違いなし。


20170404k12b.jpg

20170404k12c.jpg




春のスタイリングをバリエーション豊かにしてくれるライトアウター。
気になるものは是非、店頭にてお試し下さい。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Mens Coordinate

20170329kt.jpg

20170329kt2.jpg


jacket : Maison Martin Margiela
shirt : VINTAGE
pants : J.Lindeberg
skirt : HELMUT LANG
shoes : Cole Haan




本日は、メンズのコーディネートをご紹介いたします。


20170329k2.jpg

20170329k1.jpg

20170329k4.jpg


モードなアイテムとヴィンテージウエアを組み合わせたMIXスタイル。ベストやノースリーブジャケットは、春夏は白のカットソーなどで綺麗目に合わせがちですが、あえてアメリカントラッドな雰囲気のヴィンテージシャツを合わせてこなれた空気感を出しました。ボトムスのレイヤードもモードになり過ぎないようブラック×ブラックではなく、グレーの柄物をチョイスして全体のバランスを中和。グレーを取り入れることでジャケットのダークネイビーと合わせて、柔らかい余裕ある雰囲気を演出できます。シンプルなハイモードのモノトーンレイヤードに飽きられた方やヴィンテージをスタイリッシュに着たい方にオススメのスタイリングです。




20170329k5.jpg 20170329k6.jpg


JACKET
美しい仕立てが光る「メゾン・マルタン・マルジェラ」のノースリーブジャケット。ブラックではなくダークネイビーなのでシックなウエアとの相性はもちろん、今回のようなカジュアルウエアとの相性も抜群。またこのブランドならではの凝ったディティールも随所に見受けられ、男心をくすぐります。合わせるもの次第で表情が変わり、スタイリングが楽しくなる一着。


20170329k6b.jpg

20170329k6c.jpg




20170329k7.jpg 20170329k8.jpg


SHIRT
1960年代前後の「TOWN CRAFT」。ブラック×レッド×ホワイトというアメカジ王道のカラーリングながら、現行のブランドには無い風合い満点のコットン生地。コンディションもかなり良く、最上級のベーシックウエアとしてコーディネートを深みのある物にしてくれます。今っぽくワイドスラックスと合わせるのもオススメ。


20170329k8b.jpg




20170329k11.jpg 20170329k12.jpg


PANTS
「J.リンドバーグ」のスリムテーパードスラックス。近くで見ると細かい織り柄が施されている極上の生地。密に織り込まれているため嫌味の無い鈍い光沢感があり、かなり上品な雰囲気。また織り柄が入っていることでカジュアルウエアと合わせても意外に違和感なく、ドレスアップスタイルに取り入れると程良いヌケ感を演出できます。リネンベースの素材でこれからのシーズンも涼しく着られます。


20170329k7a.jpg




20170329k9.jpg 20170329k10.jpg


SKIRT
「ヘルムート・ラング」よりアシンメトリースカート。何と言っても裾のカッティングデザインが特徴的。モードな雰囲気ながら腰布のようなワイルドさも併せ持つ左右非対称のカーブ。どの角度から見ても格好良い、計算されたバランス。表地はウールレーヨン、裏地はシルクで共にストレッチ素材を使用しており、タイトなシルエットながら動きにくさは一切ありません。ベルトにはレザーを使用。素材使いにもこだわりが光ります。エッジの効いたモードなデザインながらポケット完備なのが嬉しい。


20170329k10b.jpg

20170329k10c.jpg




20170329k13.jpg

20170329k14.jpg


SHOES
「コール・ハン」の外羽根式ストレートチップ。NIKE社とのコラボレーションモデルで、インソールのカカト部分にエアソールを搭載。スタイリッシュかつベーシックなデザインながら、インソールの快適さ、跳ね上げの分量などアクティヴに動くことを考慮した靴です。デニムからスラックスまで合わせるボトムスを選ばない優等生。




20170329k3.jpg


是非、コーディネートの参考に。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター