Allen Edmonds "Hancock"

20170626s1.jpg

20170626s2.jpg

20170626s3.jpg


本日は、前回のメンズシューズブログ同様にアメリカの歴史あるシューズメーカー「Allen Edmondsの “Hancock”」をご紹介いたします。


前回にも書きましたが、アレンエドモンズは古き良きアメリカンシューズを作り続ける伝統ある名門ブランド。アレンエドモンズの作りだす本格革靴は「世界でも一番豪華でかつ世界でも一番履き心地の良い靴」 が理念なのも納得できる逸品ばかり。

今回ご紹介する“ハンコック”と呼ばれるモデルも非常にアメリカ靴らしさを持ちつつ、履き心地はアメリカ靴とは思えないくらいソフトな一足です。それでは名門ブランドの名品番を詳しくご覧ください。




20170626s6.jpg

20170626s7.jpg


素晴らしい光沢感と深みのある色味が素晴らしい一足。深みあるブラウンカラーがモカ縫いとハンドステッチと相まって上品さを漂わせています。シューレースも最高品位のものを使い、一切の妥協無し。



20170626s8.jpg

20170626s9.jpg

20170626s10.jpg


クラシックなレザーアウトソールは歴史を感じる存在感を持った仕上がり。通気性能が非常に高くアレンエドモンズ特有のクッションの効いた快適な履き心地を約束してくれます。
全周(360°)グッドイヤーウエルト製法のハンドステッチングもキメ細かく揃っていて素晴らしいクオリティー。トップリフトも自社製オリジナルパーツを使用。200工程以上の作業をもって作られるこのブランドらしい本格派革靴です。


20170626s4_20170626213741a04.jpg

20170626s5_201706262137439c5.jpg


木型はDワイズの標準木型。スッキリとした中に男らしい無骨さも感じるのはアメリカ靴ならでは。歩行にも適した木型です。


20170626s11.jpg

20170626s12.jpg

20170626s13.jpg


職人の腕前によって仕上がりにかなりの差が出てしまう「合わせモカ縫い」もこの名門にかかればこの通りの滑らかさ。ハンドステッチの揃い方も完璧で、ウェルト部分の縫い位置も最奥を通っており、一流職人の技が見える仕上がりです。通常より分厚くクッション性を上げたインソールやシャンクを抜いた工法により、固い履き心地になることの多いグットイヤーウェルティッド製法とは思えないソフトな履き心地を実現。
アレンエドモンズの靴のインソールには必ず型名が刻印されているあたりも伝統ある名門ブランドらしくて◎。



高級本格派革靴が新品状態で見つかりましたので、サイズが合う方にはかなりのオススメです。ぜひ一度ご試着くださいませ。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Recommend For WOMENS

本日はレディースアイテムより、新入荷の中から厳選したオススメ商品をご紹介いたします。




Ⅰ.OPENING CELEMONEY

2_20170623160522658.jpg 1_20170623160520916.jpg
11_20170623160608fa1.jpg


フロントでクロスしているデザインが斬新なジレ。体にフィットしたシルエットとライトブルーのカラーリングが爽やかですっきりとしたイメージ。OPENING CEREMONYのミニマムでありながら秀逸なデザインは、シンプルなコーディネートでもコダワリが光る1ランク上のスタイルに。ノースリーブはもちろん、レイヤードも楽しめる1着。




Ⅱ.robert rodriguez

9_20170623160548ff3.jpg 10_20170623160548304.jpg
14_20170623160613b56.jpg


世界中から賞賛を集める、ニューヨークのデザイナー、ロバートロドリゲス。卓越したセンスで時代にフィットしたコレクションを展開。
大胆なシースルーの切り替えと、大きくデフォルメされた袖。コットンのシャツとして仕上げることでセクシーさとカジュアルさの程よいバランスが見事に組み合わさった1枚。




Ⅲ.UNKNOWN

6_20170623160542ed4.jpg 5_2017062316052608a.jpg
12_20170623160610311.jpg


グッドレギュラーのこちらのワンピースは、ポップなグラフィックと大きな襟がポイント。柔らかく着心地の良いレーヨン生地なので夏も涼しく、フロントのボタンを開ければガウンとしても着ることができるのが嬉しい。パンツと合わせたり、ベルトをしたり、アレンジも楽しい1着。




Ⅳ.MARNI

8_20170623160546580.jpg 7_20170623160544fbc.jpg
13_201706231606110d2.jpg


MARNIらしい絵画的プリント。スクエアネックがデコルテを美しく見せてくれる。ウエストに通されたベルトが、フロントだけ見えるよう設計されており、前後で印象の違った珍しいデザイン。Tシャツ感覚で着れるコットン素材も扱い易く快適で、グレイッシュなカラーは何にでも合わせ易いので色々なスタイルを楽しめる1枚。




Ⅴ.PRADA

4_201706231605258e1.jpg 3_201706231605225cb.jpg
17_20170623161013953.jpg


PRADAからはコットン100%のギャザースカート。フロントに手作業で丁寧に寄せられたギャザーは素朴で繊細な雰囲気に。強撚糸で織られたコットンなので、生地に光沢感とコシがあり上品さが漂う仕上がり。高級感がありながら、軽く、涼しく、着ていて気分のいい服造りはPRADAならでは。




その他にも色々なアイテムが新入荷いたしております。
ぜひ店頭にてご確認ください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Recommend Monotone Sandals

20170622st.jpg


本日は、沢山ある当店のサンダル類の中から、デザイン性がかなり高く、それでいてモノトーンで色々なコーディネートに活用できるこの夏活躍必至のデザイナーズサンダルを厳選してご紹介いたします。


どのモデルもそれぞれのメゾンらしさの出ている珠玉の一足です。それではご覧ください。




20170622s1.jpg

20170622s1b.jpg 20170622s1c.jpg

20170622s1d.jpg 20170622s1f.jpg


I.HELMUT LANG
随所に型押しのアニマルレザーを用いた計算された美しさを持つヒールサンダル。この細やかなコダワリを随所に感じるデザインはおそらくヘルムートラング本人作と推測される一足。細いヒールだが、ヒールの高さを5cmに抑えることで抜群の安定感を誇り、歩行もし易いのも嬉しい。アッパーとヒールにはリザードを模した型押しが入っていますが、それぞれの表皮のウロコの大きさを変えている点がマニアックで面白い。シンプルながらもホワイト×ブラックのエッジの利いたデザイン存在感は流石。コバにステッチを入れて革靴風に仕上げるアタリが男性的デザインのヘルムートラングらしいコダワリ。樹脂コーティングした型押しレザーは耐水性も高いので降雨量の多い日本の夏にも安心。




20170622s2.jpg

20170622s2b.jpg 20170622s2c.jpg

20170622s2d.jpg 20170622s2e.jpg


II.DIANE VON FURSTENBERG
大流行した海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の中で主人公が愛用したブランドとして一躍脚光を浴びたダイアンフォンファーステンバーグらしいセクシーな一足。リゾート地を思わせるサイドのジュート素材の使い方がさり気なくお洒落。ブラックカラーのサンダルですが、重々しくならない絶妙のカラーバランスは流石セレブ御用達ブランド。高めのヒール設定でもウェッジソールでソール全体に体重拡散できるので、足の疲れは軽減。良く乾かした高級ウッドを使用したソールで軽量化も実現しており、履き心地もお墨付き。クールさとキュートさを併せ持つ、カジュアルにもモードにも履けるニューヨーカーの愛する一足です。




20170622s3.jpg

20170622s3b.jpg 20170622s3c.jpg

20170622s3d.jpg 20170622s3e.jpg


III.BALENCIAGA
独自のデザインを追求しつづけるバレンシアガらしい素材使いと造形にこだわった一足。アッパーレザーにはこのタイプのサンダルとしては非常に珍しいディアスキン(鹿革)を使用しており、非常にソフトで快適な履き心地を実現。複雑に入り組んだベルトストラップデザインで、リゾート感の強くなるこの手のレザーフラットソールをクールでモードな雰囲気に昇華しています。ナチュラルなワンピースに合わせてもどこか違ったワンランク上のコーディネートに仕上げてくれるのが素晴らしい。もちろんモードスタイルにも合うので、汎用性が非常に高くワードローブに加えると便利。フランスらしいシンプルさも飽きがこず長く愛せて◎。




ご紹介した以外にも夏の主役サンダルがたくさん揃っています。
靴以外にもウェア&アクセサリーの新商品がたくさん入荷しておりますので、ぜひ一度店頭にてご覧ください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Recommend For MENS

本日は先日新入荷した商品の中から、おススメのアイテムをご紹介いたします。どうぞご覧ください。




Ⅰ. Christian Lacroix

20170620t2.jpg 20170620t1.jpg


1980年代後半から1990年代にかけて、独自の装飾美学を打ち出しモード界を牽引した「クリスチャン・ラクロワ」。80年代エルメスのアクセサリーデザインに携わった経験を活かし、ビジューやレース、刺繍や花飾りなどをふんだんに施したデコラティブ・モードともいうべきテイストは観る者を魅了します。こちらはそのラクロワのメンズウエアラインからの一着。様々な植物や花、民族文様までもミックスしたようなグラフィック。独特の祝祭感が漂います。ビビットな多色使いの配色ながら、ベースがブラックなのでしっかりコントラストのあるクールな仕上がり。真夏のコーディネートだけでなく、秋冬のジャケットスタイルに取り入れても良きスパイスになってくれます。


20170620y2.jpg

20170620y1.jpg




Ⅱ. 1980's NIKE

20170620t6.jpg 20170620t5.jpg


通称「紺タグ」と呼ばれる1980年代の「ナイキ」。滑らかで肌触り良い、コットン×ポリエステルのボディ。カジュアルながら落ち感のある、この年代ならではの素材。こちらは「肩掛けジョーダン」と呼ばれるもので、全面、背面共に名作「AIR JORDAN」をぶら下げたようなプリントが施されています。前と後ろで異なる配色のジョーダンが粋な雰囲気。一枚で着てもストリート映えするスポーティーヴィンテージ。コンディションも良好でサイズもMサイズと、男女共にオススメ出来るアイテムです。


20170620y7.jpg

20170620y6.jpg

20170620y5.jpg




Ⅲ. JIL SANDER

20170620t4.jpg 20170620t3.jpg


「ジル・サンダー」より、ドローコード付きトラウザーズ。細かいストライプが上品でコットンの生地感も夏らしいホワイトパンツ。どうしてもイタリアンな雰囲気に偏りがちな「ホワイトパンツ」というジャンルですが、裾口にドローコードを搭載するなどして気取らず着られるシルエットに仕上げてくるところは流石。ワイド過ぎず、タイト過ぎずのシックカジュアルなシルエットは様々なトップスに対応できる優れものです。


20170620y3.jpg

20170620y4.jpg




Ⅳ. LANVIN

20170620t8.jpg 20170620t7.jpg


ワイルドなペイント風の斑模様が目を惹く一着。素材はモダール×コットンとなっており高級感があり、ややロング丈のシルエットは着用してもだらしなくならないよう計算されています。ショートパンツとの相性も抜群で、モードなスタイリングに取り入れるのもオススメ。また特筆すべきはプリントの配色で、良く観るとグレー×ブラックをベースにイエローのハイライトがチラリ。これにより柄行に立体感が生まれ、独特の雰囲気を演出してくれます。


20170620y9.jpg

20170620y8.jpg




Ⅴ. Vivienne Westwood MAN

20170620t9.jpg 20170620t10.jpg


「ヴィヴィアン・ウエストウッド」より、多色使いショートスリーブダブルチェックシャツ。ヴィヴィアンらしいチェック柄と台衿の高さが特徴的。二重に配置されたホワイトラインの輪郭は様々な色彩に彩られ、ポップな印象を演出。しかしながら全体のシルエットはしっかりシェイプの効いたものとなっており、グラフィックとの対比が感じられるこのブランドならではの唯一無二のバランスです。


20170620y12.jpg

20170620y10.jpg




その他にも色々なアイテムが新入荷いたしております。
ぜひ店頭にてご確認ください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


Allen Edmonds ”Park Avenue”

20170616s1.jpg

20170616s2.jpg

20170616s3.jpg


本日は、「Allen Edmondsのパークアベニュー」をご紹介いたします。


アレンエドモンズは1922年創業のアメリカを代表する革靴メーカーであり、歴代大統領も愛用してきた深い歴史を持った本格派革靴を世に送り出してきたブランドです。各メーカーが生産拠点を他国に移転する中、made in USAを貫いてきた誇り高きメーカーでもあります。
本日ご紹介する「パークアベニュー」は歴史あるこのブランドの中で、あと少しで40周年を迎える定番タイプです。それではご覧ください。




20170616s6.jpg

20170616s7.jpg


このモデルの中でも一番の定番である黒のカーフモデル。アレンエドモンズのカーフは他のアメリカメーカーと比較して非常に柔らかいのが特徴。磨けば磨くほど光沢の出る非常に扱い易い革です。冠婚葬祭から、デニムやチノパンスタイルまで幅広く履けるのもアメリカ製キャップトゥ(ストレートチップ)の良いところ。


20170616s8.jpg

20170616s9.jpg 20170616s10.jpg


360°グットイヤーウェルティッド製法により堅牢な造り。200工程以上の作業をもって作られる非常に信頼性の高い本格派革靴です。約40年間世界中の革靴ファンに愛されてきたのが良い靴であるという何よりの証拠。アウトソールの交換も簡単にできる製法なので、長年愛用できるのも嬉しい。ヴァンプ部と羽根の接合部は3本縫いになっていたりと軍靴を思わせる男っぽいディテールと堅牢性も格好よい一足。


20170616s4.jpg

20170616s5.jpg


「5番」と呼ばれるこのブランドの中では細めの木型を使用。幅は細くとも甲は高く設定されており、非常に楽に指を動かせる歩行にも適した木型です。綺麗めな中にもヨーロッパのドレス用キャップトゥにはないやや無骨かつ良い意味での野暮ったさを持った独特なフォルムは、男性の心を掴んできた歴史に残る名品です。


20170616s11.jpg

20170616s12.jpg 20170616s13.jpg


6アイレットという独自のデザインが面白い。ぽってりとした高さのあるキャップトゥも独特。内羽根式の飾りなしのストレートチップは礼服からカジュアルな服装まで幅広く合わせることができるので、黒の革靴はコレを抑えておけばOKといえる便利な一足です。アレンエドモンズはインソールにモデル名が刻印されており、これも伝統を感じる部分です。
シャンク(ふまず芯)を廃した構造によって、非常に楽に屈伸運動ができるのもこのブランドの特徴。固い履き心地で馴染みにくいグットイヤーウェルティッド製法とは思えないかなりソフトな履き心地ですぐに足に馴染むのも嬉しい。イタリア靴やフランス靴に近い快適な履き心地です。




老舗靴メーカーの人気の定番モデルが、非常に綺麗なコンディションと新品定価の約五分の一というお求め易い価格で見つかりました。
一生モノの本格派革靴を探している方にかなりのオススメとなっております。ぜひ一度お試しください。




【 TAU 】
TEL 06-6225-7460


★ホームページ&インスタグラムもご覧ください。


 ▲ホームページへ

20151012iicon.jpg
 ▲インスタグラムへ


プロフィール

TAU

Author:TAU
〒530-0015
大阪市北区中崎西2-5-18
クリエテ梅田ビル3F

TEL/FAX 06-6225-7460

STORE HOURS
12:00~20:00

USED SELECT SHOP「TAU」のブログです。






『TAU Online Store』
▲ Please CLICK!!





『TAU HOMEPAGE』
▲ Please CLICK!!





★ホームページ、オンラインストアも合わせてご覧ください。


検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター